2017年08月13日

「ON & ON AIR」−テレビが壊れた(1)

『ON & ON AIR』

8月12日 (レポ)

<テレビが壊れた>

中居:
中居正広、ON & ON AIR。44歳、最後の放送ですぅ〜、スペシャルー。

どうも、こんばんは。やっべぇなぁ〜。や〜ばい、45まで来ちゃったかぁ〜…。かんっぺき折り返したねぇ。(笑)俺、90まで生きる自信なんか全く無いもんなぁ…。

「さぁ、そんな中、ちょっと前の話んなりますが。この番組で、お話した、早稲田実業、3年生、清宮幸太郎君。夏のこう、高校野球、西東京大会の決勝で、え〜、東海大菅生高校に破れ、甲子園に出場することが出来ませんでした。高校通算のホームラン数は107本。先日お話した、JR、え〜、西日本、職員の、山本大貴さんが、高校時代に記録した、107本と、タイ記録。9月に開催される、U−18ベースボールワールドカップの、メンバーに選ばれて、そこでホームランを打てば、一応公式ということで、新記録の、可能性はまだ残っていると…。清宮君は卒業後、プロへ進むのか、大学進学するのか? これが、オンエアーの頃には、どうなってるんでしょうか?」

まだ決まってないでしょう? 多分、U−18の、アンダー18の、が終わってからじゃないですかねぇ〜…? 

観てましたよぉ〜。僕、その日、お休みだったんですよ。日曜日。でぇ、観に行こうか…? 神宮に。でもぉ、もぉ、12時半ぐらいなっちゃってぇ。「やべ、1時からだ。」って。なんかやっぱねぇ、1時からだったので。あの、プレーボールが。それまでにやっぱなんか、整えたいんですよね。だからぁ、「あ、ちょっともう洗濯物しとこうかな?」とかぁ。ね、「何々しとこうかな?」っていううちにぃ、「あ〜もう1時、12時半なっちゃったからぁ。今からぁ、もう間に合わない。」と思ってぇ。結局ぅ〜、テレビで観てたのかな? NHKとぉ、お〜、G+をこう、ザッピングしながら。

それが日曜日、僕のお休みの、過ごし方です。その日はぁ、ジャイアンツが、え〜、最終回に(笑)サヨナラを…。(スタッフ:笑)(笑)相川選手が、サヨナラヒットを打って。え〜、非常にいい夜を過ごすことが、出来ました。

やぁ〜、でもねぇ〜、甲子園、観たかったですねぇ〜。いや、でもねぇ、あの、東海大菅生。この高校がやっぱ強かったですよ。ピッチャーの松本君だったっけなぁ…? 松本…。ピッチャーも良かったんですけどぉ。やっぱ凄くぅ、いいチームだったなぁ〜と思いますねぇ〜。いや、あの〜、球場も完全になんか早稲田、早稲田でぇ、え〜、東海大菅生高校のなんか、凄いアウェイんなってるのかなぁ?と思ってたんですけども。意外や意外、なんか、ほんと両方、両校の応援が熱くて。う〜ん。

いやぁ〜、観に行きたい、行けばよかったなぁ〜と思ったけどもねぇ。物凄く皆もう、ず〜っとうちわ(笑)、あおいでるから。これ、相当暑いんだろうなぁと思って。5回終わった段階とか、6回終わった段階でぇ、一旦試合が中断するんですよ。高校野球で。その決勝もそうだったんですけどぉ。一旦中断してぇ、「あれ? 誰か怪我してんのかなぁ〜?」と思ったらぁ、「水分補給の時間です。」つって。それも高校野球連盟、高野連が多分ん、あれ、ルールとして入れてるんだろうね? あの、倒れちゃったりする、体調こわく、あの、倒しちゃいけないっていうこ…。だから審判もその、時間に、水を飲むのよ。

多分ねぇ、せん…、あの〜、先攻後攻の交代ん時にぃ、は出来るんじゃないかなぁ〜と思うんだけどもぉ。まぁ〜、多分、熱戦だっただろうしぃ。皆やっぱりぃ、審判もぉ、選手も、高校生達も、試合に集中してるからぁ。なんかそれはやっぱり周りの環境が、大人の人達がそういう風な、時間を取らないと…。う〜ん。水を摂ることさえも忘れてしまうんじゃないか?っていうぐらいの熱戦になってしまうっていうのも、なんか偉いなぁ〜って。

昔、なんか水は絶対飲んじゃいけないとかぁ。ねぇ? あの水道、の蛇口、はなんか開けちゃいけないとか、言われながら野球やってましたけどぉ。今は自分達が、ねぇ? 大人の方から、ね? 「水分摂ってください。」歌っ!(スタッフ:「栄冠は君に輝く」。)(笑)何?ハッとすんの? 

🎶曲:栄冠は君に輝く(by 全国高等学校野球選手権大会の歌)

(CM)

(つづく)
続きを読む
ラベル:レポ
posted by alfa at 15:37| 神奈川 ☀| Comment(0) | ON & ON AIR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

「ON & ON AIR」−神様ポイント−2(3)

『ON & ON AIR』

8月5日 (レポ)

(つづき)

中居:
おっ、出た、この子。東京都の、○○さん。保有ポイント1だって。(ガサゴソ)(笑)

(ハガキ)
美容院のシャンプーで、頭を持ち上げられる時、全体重をかけるのが申し訳なくて(笑)、ちょっと軽めを装って、首に力を、入れました。

中居:
ポイントゲットーーぅ! チャリンチャリンチャリン。この人凄い。保有ポイント2になる。

腹筋を使うんですよ。でもぉ、この人はねぇ、もう多分、これはほんとにこの人いい子だよ。あの〜、頭も…、シャンプー…、そうね。あの「体重をかけるのが申し訳なくて…。」ほんっとにぃ、でも、「私はぁ、あなたが軽〜くなるようにぃ、力入れてますよぉ〜。」っていうのが、多分、出てないと思うんですよね。バレてない。でこれはぁ、「あっ、よいしょっ!」みたいなぁ、雰囲気出てるとぉ、ね?「頭、アレすると、あの、重いでしょうから。わたくしが、力を入れて、軽くしましたよ。もう私って、優しいでしょ? 僕って優しいでしょ?」っていう、オーラが微塵も感じないので、1ポイントあげます。う〜ん。

因みに僕はですねぇ、美容院のシャンプーが嫌いなんですよ。なんだこれ…、仰向けでぇ、プラスぅ、こう、首を「ウッ」て、ちょっと後ろの方に倒すでしょ? …気持ち悪くなっちゃう。(スタッフ:笑)気持ち悪くなっちゃうの。だからぁ、「いつもより、もうちょっと、こっち側、あの、奥に座ってもらえますか? もうちょっと奥に。」って。だから多分ん、あの洗面台…、首の、首んところになんか、窪みがあって、そこに嵌っ…、嵌めたりするでしょ?首を。で、「グインッ。」って。後ろにグインって行っちゃうのがぁ、気持ち悪くなっちゃうから。凄く浅めんなってぇ。

あの〜、僕の、座っている椅子、とぉ、その、洗面台のぉ、間にぃ、水が、あの、こぼれてぇ。僕が行くとだいたい床がビチョビチョになる。(スタッフ爆笑)(カカカ笑)ほんっとに。気持ち悪くなっちゃうの、こうやって、仰向けにだからこうやって、ず〜っとやっててぇ。ちょっと揺らされてる感じとかぁ。だからシャンプーが、気持ちよくないのよ、基本。

だからぁ、なんかシャンプーやってぇ、トリートメントやってぇ、またシャンプーみたいな。なんか2回3回ぐらいやるでしょ? その後なんかこうなんか、そのマッサージみたいの始まったりするでしょ?(スタッフ:笑)アイアンクローみたいにして、ギュッとやんだよ。「イテテテテ!」って。で僕が(笑)美容院行く時はぁ、本来、もう知ってる人なのでぇ。「もう流すだけでいいから。」つって。う〜ん。で流すだけでいい(笑)…、俺もう、ダメなんだよ。「流すだけでいい。」つってぇ。でぇ、ある程度拭いたらぁ、「タオル1枚ちょうだい。」つってぇ、自分で頭拭くのよ。(スタッフ:爆笑)(笑)「タオルちょうだい。タオルだけ。」で、自分で拭いてぇ、自分でこう、乾かすみたいな。触られたくないから。

俺、ダメだなぁ〜。(スッ)職権乱用ですか? 関係ない? ただ俺の根性が悪いだけ?(スタッフ:笑)やかましい。じゃあこれ、○○、これ1ポイント。2ポイントんなったよ。あと何? 
9998ポイントでぇ、俺のオリジナル、手作り、ウォッチじゃん。


続いて、(ガサゴソ)会津、の人。○○さん。

(ハガキ)
スーパーで、陳列棚に並んでいた卵が割れていたので、店員さんに持って行った。「あなたがやったのでは?」という疑いの目で見られて、悔しかった。でも神様は知ってるからいいや。

中居:
う〜ん…、なんだろう? ちょっとまだ、う〜ん。じゅ…、なんだろう?これ。もうちょっと屈伸してからちょっとハガキを送って欲しい、いただきたい。どういうことでしょ?これ。「でも、神様は知ってるからいいや。」っていう。(スー)う〜ん。神様をちょっとなんかねぇ…、そういう目で見てはいけませんね。「神様さえ分かってりゃあいいんだよ。」っていう。「いいや。」ってこの言い方とかも、あんま好きじゃないです。う〜ん。(笑)

「割れた卵を店員さんに持ってった。」持って行っ…たかなぁ? ほんとに。これを、店員さんを呼んで「これ、割れてますよぉ〜。」が、ギリ…、だね。わざわざ持ってって「割れてるんですけども。」って。う〜ん、言う? 凄い疑ってる。だって、結構、液が漏れてるでしょ? 白身が。それ、持ってくかなぁ…? でも、「でも神様は知ってるからいいや。」っていう段階でぇ、僕はこの人は、持ってってないような気がする。


続いて。福岡県の(笑)、○○さん。

(ハガキ)
100均の食器コーナーで、マグカップの、持ち手を全部、右に揃えて来ました。

中居:
余計なお世話だよ、これ。(スタッフ:爆笑)(カカカ爆笑)勝手にやってんじゃねぇ〜よ! おい! これ、無駄な努力じゃないの?これ。だってさぁ、店側はさぁ、なんかある筈じゃんか、こだわりが。でこれ、家で勝手にさぁ、あの自分の右カップ…側にするのはいいんだけどもさぁ。店、がぁ、やりたいことがあるわけだよ。本来ならば。じゃあ、もう、あのねぇ、マグカップのぉ、持ち手、だったらねぇ、100均の全部の食器、やんなきゃダメだよね。(スタッフ:笑)ほんとに優しさ溢れてやるんならば。「あ、そう言えばこっちにぃ、湯飲みの方もやんないと。」とかぁ。「もう、働けよ!」ってことだよね、そこで。(スタッフ:爆笑)


続いて。さいたま市の、○○さん。

(ハガキ)
ラーメン屋さんの旗が(笑)倒れていたので、起こしておきました。

中居:
獲得ぅ〜〜! (スタッフ:おっ…。)偉いですねぇ〜、これは。文が短くてよろしい。2行ですよ、この人。2行で、ねじ込みましたよ。「ラーメン屋さんの旗が倒れていたので、起こしました。」って。(カカカ笑)素晴らしいですね。

そう、誰かがやんなきゃいけないからね。う〜ん。まぁ店員さんに言ってぇ、起こす…。「倒れてますよぉ〜。」って言うまでもなくぅ、自分で起こせる範囲の中で「あ、そんなに、労力を使うわけじゃないから起こしてあげよう。」って。これポイント、○○さん。でも住所も書いてないので。もし1万ポイント、来ても、送りようがございません。


さぁ、続いて。ラジオネーム、え〜、○○さん。新潟の方。

(ハガキ)
iPhoneが、明るくて、眠れないと、旦那が文句を言ったので、旦那の顔にバスタオルをかけて、あげた。

中居:
う〜ん…、どうでしょう…? う〜ん…。「iPhoneが、明るくて、眠れないと旦那が文句を言ったので、旦那の顔にバスタオルをかけてあげた。」これ、おかしくないですか?もう。文が。ね? これ「バスタオルをそっとかけてあげました。旦那さんのために。」って。もうその時点で旦那、寝てるよね?(笑)(スタッフ:笑)「明るくて眠れないと旦那が文句を言っていたのでぇ…。」じゃあ、寝れてないんだね? 寝れてない旦那に、そっとバスタオルをかけ…、寝れてない旦那にそっと…。だって、もし寝れてなかったら、旦那っち、バスタオル、自分でかけるよね? 寝る前にね。なんか「そっと、かけてあげたんだ、私。」みたいな。う〜ん。

なんだろう?(トン)これ。分かってないねぇ〜。全然。う〜ん…。皆、ちょろいな、なんか。優しさが。


え〜(笑)、ラジオネーム、○○。(笑)○○って、なんなんだろう?この人。

(ハガキ)
昨日、海老名のサービスエリアに行きました。とても広いトイレがあり、だいたい空いていたのですが。一番奥のトイレに入りました。急いでいる人や、お腹が痛い人が、手前のトイレに、かこ、え〜、駆け込めるように、私はなるべく、奥のトイレに入るように、心掛けています。

中居:
あ〜(笑)、残念ですね。多分この人、奥が好きなんでしょうね。う〜ん。そうじゃないですか? 奥が好き(笑)なんだよねぇ? う〜ん…。

あの僕、このコーナーをやり始めてからぁ、なんか日頃の行動をぉ、すげぇ、ちゃんとしようとしちゃってぇ。(スタッフ:笑)なんか(笑)すげぇ疲れるんですけど、日頃。(スタッフ:爆笑)(カカカ笑)(スタッフ:ほんと?)こういうのってほら、意識してやるもんじゃ…。まぁ、意識してやるもんなんですけどぉ。誰も見ない所で、とかじゃないですか? 

で自分が(笑)1人でぇ、街、とかなんかさぁ、スーパーとか行って、買い物する時とか車の運転する時とかぁ、なんか神様…、俺、僕は、神様…的位置から、すげぇ文句を言ってるからぁ。「そんな、おめぇは、なんなんだ?」って思われるのがヤダからぁ。なんか…、もう車の運転とかぁ、「もう全部徐行じゃないか?」っていうぐらい遅いのよ。(スタッフ:笑)(カカカ笑)やべぇって。「俺、神様、意識し過ぎちゃってる。」って。(スタッフ:笑)もう、あれ? もう、譲んなくてもいい、道路を、譲ったりしちゃってるから。もう怖くなっ…。もうヤダ、なん、やんなっちゃってぇ。今、生活がきついです。(スタッフ:笑)(カカカ笑)

(CM)

さて、この番組では、皆様からの、おハガキ、お待ちしておりまぁ〜す。宛先は、郵便番号100の8439、ニッポン放送、中居正広、ON & ON AIRの係りです。

もうやんなってる、もう、ほんとにもう…。疲れちゃうんだよなぁ。でももうさぁ、ラジオで、これ始まっちゃったもんだから、なんか自分でさぁ、神様ポイントをさぁ、貰いたいがためになんかちょっとさぁ、軽いトラブルでも起こそうかなぁ?みたいな。そのトラブルを超えることが(笑)神様ポイントんなるんじゃな…。でもあんまり大っきいトラブルだとアレだからぁ。なんか小さい、あんま負担のかからない、いいことしようかなぁ?みたいなことを計算し始めてるから、これヤバイですよ。これバレ始めて来てるから。

また来週。

今週のおまけハガキー。

ラジオネーム、○○さん。

(ハガキ)
一日中、あくるい、明るい部屋と、一日中、うる、うるさい部屋だと、どちらが、寝れそうですか?

中居:
(チッ)しょうもない質問だなぁ〜、ほんっとにこれ。(チッ)「一日中、明るい部屋と、一日中、うるさい部屋だと、どちらが寝れそうですか?」だって、「寝れそう」ってどういうことなんだよ…。う〜ん…。一日中うるさい、部屋だと思います。一日中明るい部屋だとなんか、ず〜っと眠りが、浅そうなので。

また来週。
ラベル:レポ
posted by alfa at 12:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | ON & ON AIR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

「ON & ON AIR」−神様ポイント−2(2)

『ON & ON AIR』

8月5日 (レポ)

(つづき)

中居:
神様ターイム! ジャジャジャジャ、チャッチャッチャ、ジャジャジャジャッチャッチャーン。え〜、神様タイム! 

皆さんちょっと、お気を付けください。え〜、ハガキの、え〜、8割、9割がたがもう、神様のハガキしかないので。(スタッフ:笑)僕、個人への、なんか聞きたいこととかぁ、「最近なんか、買い物をしましたぁ?」とか、(スタッフ:笑)そういうハガキがいっさい、来てないという…。これは、もうリスナーの皆さんの、1個食いついてしまったら、もう離れられないという、え〜、固さが、え〜(笑)、見られる、傾向だと思います。(トン)

さぁ、そんな中、神ターイム! うん? 「最近の神様ポイントは?」ってどういうこと? 俺の神様ポイント…? なぁ〜んだろなぁ〜…? 神ポイント、な〜ん…、そうだなぁ〜…。

いや、あのねぇ、いやでもなぁ〜。これねぇ、よく行くスーパー、の人の話をしたいんだけどもぉ。これを、もうほんとにねぇ、その人、の話をしたいんだけどもぉ。そしたらぁ…、なんか、行きにくくなっちゃうから、やめます。(スタッフ:笑)すげぇいい人がいんですよ。俺って分かってて。でも分かってない雰囲気でぇ、接して、来てくれるぅ、いい人がいんだけどぉ。

それ言うとほら、こう、例えばこれを聴いてぇ、なんかそういう噂があってぇ。「俺のことかなぁ?」と思ってぇ、「あ、こないだはラジオで…。」とか言われてぇ。もしぃ、俺、言われたらぁ、もうそのスーパー行かないからぁ。行かなくなんのよ。

ご飯屋さんでもぉ、なんかもう、知らない振りしてくれりゃあいいのにぃ。なんか、店員に声かけられたりするとぉ、俺、その店、二度と行かないからね。(スタッフ:笑)だからスーパーのレパートリーなんかもうほんっと無いからぁ。もうお願いします。もうほんとにほっといてください。分かってるのはぁ、分かってます。僕のことを(笑)分かってるのは分かってるんですけどもぉ。ほっといてください。

さ、行きますよぉ〜。これは、予め、言いますけどもぉ。このポイントを、え、何万ポイントでしたっけ…?(スタッフ:1万ポイント。)1万ポイントで、漏れなく、何貰えるって言いました…?(スタッフ:手作り…。)僕の手作り…セー…、なんですか? 手作りのセーター?(スタッフ:手作りグッズ。)手作りグッズ。手作りグッズってなんですか…? 僕なんか手作りで、グッズとかあるんですか…? 手作りグッズを、差し上げ、差し上げます。

さぁ、1万ポイントを、目指して頑張って、ください。さぁ、参りましょう。あ〜、これは、予め言っておきますけどもぉ。僕がポイントじゃなくてぇ、僕の上にいる神様が、ポイントを、くれる、だけであってぇ。僕は、別に皆さんに対して、評価をしようとは思いません。神様の、お告げを(笑)言ってるだけでぇ。参りましょう。

熊本県の、○○。○○。

(ハガキ)
中居君、こんばんは。先日、うに、犬の、散歩を、している、際、よその、犬の糞があったので、それも一緒に、拾いました。これは、神様ポイント、付きますね?

中居:
ブッブー。残念でした。もうこれは当たり前のことでしょ? 当たり前のことじゃないですか? そんなこともない? だってもう、カッサカサなんでしょ? あの、犬の糞って。(スタッフ:笑)ベットベトはいってないでしょ? さっきぃ、前を歩…、散歩をしている人、のぉ、糞をぉ、その飼い主さんがぁ、拾わなかったらぁ、「すいません。これ拾った方がいいんじゃないですかぁ?」って。ちょっと変な空気んなると思いますけど。でも、多分ん、暫くこう、経って、カッサカサのをいってるわけですからぁ。多分、自分のぉ、ワンちゃんのぉ、糞を拾う、のを、あの〜、タイプっていうか、それ拾える人なわけでしょ? だったら他のカッサカサだったら、拾うんじゃないですか…? 残念でしたねぇ。熊本県から(笑)、すいません。僕は思わないですよ。神様が言ってるんです。


え〜、神奈川県のラジオネーム、○○。

(ハガキ)
電車の、座席で、隣で爆睡している女子高生が、もたれ、うん? 座席で…。隣でバクサイ、爆睡している女子高生が、もたれかかって来たけれど。避けずに、そのまま、肩を貸してあげました。

中居:
あ〜…、はぁ〜…、う〜ん、これ無理。あげれないですねぇ〜。残念です。ざんねぇ〜ん! 

じゃ、「クソおやじだったらどうする?」って話だよね。これ女子高生だったからぁ…。この人はね。この○○さんがぁ、「私はぁ、日頃ぉ、どんな人でもぉ、ね? その、悪意なくぅ、寄り掛かって来た人を全部、受け入れます。」って言うんだったらぁ、この人は、神様ポイントじゃなくて、この人、この人が神様だよね。

でもこの、「女子高生がもたれかかって来た…。」これが例えばじゃあ、小林君だとするよ。ね? 小林君がぁ、ね? もう180ぐらいある、体重が100キロ近くある、あっせ臭いぃ、もうすっげぇ汚ったない、ぶっさいくな男がぁ、こう、寄っかかって来たと…。貸さないでしょ?って。女子高生だから、○○、は、ギリギリ、貸してあげたんでしょ? 

残念。神様、そういうとこ見てます。


続いて。(カカカ笑)ラジオネーム、○○…、綺麗な字。

(ハガキ)
車を運転中に、猫が飛び出して来ました。何も考える間もなく、私はハンドルを左に切り、猫を避けました。猫は無事、逃げて、行きましたが。私の車は、ガードレールに激突。自爆です。でもいいんです。猫が、無事だったから…。

中居:
ざんねぇ〜ん! これ残念なんですねぇ〜。神様、そこじゃ…、猫を助けたこと、ねぇ? ハンドルを切ってぇ、避けたことは大事ですけどもぉ。ね…。ガードレールは傷ついてるんですよ。ガードレール…、ガードレール、の身になってください。(スタッフ:笑)ガードレールの身になって、ガードレール痛かっ…。ガードレールはさぁ、ガードレール、からすればぁ、いきなりだってさぁ、来るわけのない車がドーン!と来た時の痛さ…。ね。神様はまぁ、そういうことなんです。

優先順位を決めてしまいましたよねぇ!? ○○さん。猫、ガードレール、そして車は三の次、四の次みたいな…。

車だって痛かったと思うわぁ〜…。ガードレールの気持ち、車の気持ちになってあげた、あげてください。ガードレール、痛かったでしょうねぇ〜。あなたの車がいきなり来て。でいきなりぶつかって来て。車はいいですよ。あなたは保険に入ってるから。保険に入ってるからぁ、ちゃんと入院してぇ、しっかり完治して戻って来るでしょう。ガードレールは完治せずに、暫く…。え〜?(スタッフ:交換ってことになる…。)交換? 新しく?(スタッフ:笑)よく分かんないですけど。(笑)

まだ神様のアレを皆さん分かってないね、なんとなくねぇ〜。神様の癖を…。ね。ガードレールだったら別に、ぶつけてもいいですよ。違うよ、違うんだよ。女子高生だったからでしょ…? ちょっと違う、違うんですよねぇ〜。(スタッフ:癖って…。)え〜?(スタッフ:癖って何?(笑))神様はだってさぁ、ね、(スタッフ:はい。(笑))順位を付けないんですよ。


続いて、ラジオネーム、○○さん。

(ハガキ)
飛行機から降りる時に、ブランケットを、そこそこ綺麗に畳んでから、降りました。

中居:
は、残念っ(笑)。(スタッフ:え?)は、俺、やってるから。(カカカ笑)(スタッフ:笑)俺やってるから、ざんねぇ〜ん。

そうね、でもね、これねぇ、俺やってるのはぁ、僕がやってる…、僕もブランケットとかぁ、例えばぁ、スリッパとか、ビジネスクラスとかんなるとぉ、なんかねぇ、枕とかも付けてくれたりするのかな? ビジネスクラスじゃなくてもあるか…? 貸出でまぁ、飛行機会社によっては、あんだけどぉ。

俺、結構もぉ、物凄く綺麗にして、アレすんのね。全部ビニール袋、そう、全部畳んでぇ。だ、ブランケットもなんかさぁ、二つ貰ったりすると、ちゃんとなんか、畳んだりすんだけどもぉ。だ、まぁ結局ぅ、それも、まぁ、洗うんだろうし、洗濯出すだろうから別に、どうでもいいなぁと思うんだけど。

でもどこかでぇ、もし、僕の場合は、どこかでこれ、神様からの、マイナスポイントなんですけどぉ。これ、僕が、僕、どこかで、「中居…君が乗って、ちゃんとしてるな。」って、思われたいんじゃないかな?って。俺が。俺もよく分かんないんだけどぉ。「あれ? もしかして中居君て…、あ〜、きちんとしてるね。」って、思われたいがために、俺やってんのかなぁ? 最初からやってる時…、最初はぁ、ほんでこれ、きちっとしてやってた方がぁ、いいなぁ〜って思ってたんだけどもぉ。いつの頃からかぁ、「あっ、これなんか、これ評価のためにぃ、『中居くん、きっちりしてるねぇ。』って、思われたがっちゃってねぇかなぁ〜?俺…。」自分でも分かんないんだよ。「思われたがっちゃってんねん、のかなぁ〜…?」っと思い始めて来てぇ。僕は神様ポイントじゃないんですよ、だから。う〜ん。

まだハッキリ自分の、は、キッチリした方がいいって。あの〜、これまた、片付ける時にぃ、片付けやすいようにっていう思いやり100、じゃないんですよね。だから僕はねぇ、そこがぁ、神様ポイントとしてぇ、やってるわけじゃないので。え〜、だから○○さんも、あげません。

これ、1万ポイント、難しいですねぇ〜…。

(つづく)
ラベル:レポ
posted by alfa at 18:18| 神奈川 ☀| Comment(0) | ON & ON AIR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ON & ON AIR」−神様ポイント−2(1)

『ON & ON AIR』

8月5日 (レポ)

<神様ポイント−2>

中居:
中居正広、ON & ON AIR。山スペシャル(笑)。何だよ?山スペシャルって…。

どうも、こんばんは、中居です。

「海に山にと、レジャーのシーズンですが。」

「レジャーのシーズン」つってさぁ、海とか山とか行く、友達がいないわぁ〜。(スタッフ:笑)ほんとに。(スタッフ:え〜?(笑))いる? 海、山、行く友達。俺、いないわぁ〜。(スタッフ:笑)じゃ、ねぇ? 「明日、山行かねぇ?」とか言う友達ぃ? 何しに行くのぉ? バーベキュー? いやいや、あの、子供がいるぅ、あ〜の友達、がぁ、なんか可愛い子、だとかぁ、分かるような気がするけども。ガキいたら、なんか、嫌なんだよなぁ。(笑)うるさくて。あの〜、何? ガキってなんかこう、あんま協調性が無いイメージがあるから(笑)なんか。なんか、無邪気を装って走り回ったりギャーギャーされたりすんのがヤダ…。まぁいいや。

「え〜、富士山に挑戦する方もいらっしゃるのではないでしょうか。富士山ていうと、五合目まで、バスで行って、そこから登るという感じ。今年、富士市が、新たなルートを提案。それも、ルート3776。え〜、富士市の、海、標高0メートルから富士山のテッペン、3776メートルまで、歩いて行こうというルート。全長42キロ、3泊4日。え〜、かつて罰ゲームで、富士山を、え〜、富士登山をしましたが、辛いものですか? このルート3776、挑戦してみませんか?」

もう全く、興味が無い。もうほんと、「歌っ!」って言いたくなっちゃうね。(笑)「歌」ってもう…。(スタッフ:笑)

俺、なんだろなぁ〜? 富士山てさぁ、いいんだけ…、いいんだけど…。でさぁ、なんかもう、ねぇ? あの、酸素が薄いからぁ。「しんどいなぁ〜。」って。「疲れるねぇ〜。」「いつも、こんなに歩いてもそんなに疲れないのに、疲れるなぁ〜。」ってなって。「でも…。」って前の、人達がさぁ、もう、ほんと、口を揃えて言うのが、「山頂の景色はもう、ね、格別だから。」「山頂まで行った時の、景色は…。」ってさぁ、もうさぁ、あと300メートルって時にもうさぁ、もう景色もう、見えてるのよ。(スタッフ:笑)もうさぁ、山頂ともう、変わんないのよ、景色。ね? でもう、登ってる最中にぃ、もう山頂っぽい景色を見てててさぁ…。「じゃああと、30メートル!」つって。

それでも言うのよ、周りの(笑)人さぁ。「とぉ〜にかく景色を見て!」景色が(笑)、全然違うんだったらいいけど。(スタッフ:笑)もう、この時点…、「あと10メートル、30メートルでしょ?」って。いやいや、もう、後ろ向いたらぁ、山頂と同じような景色をぉ、もう常々見て来てるからぁ。その山頂来た時のぉ、景色を見てもぉ、「うわぁ〜!」ってならないけどもぉ、あれを言われるとぉ、「うわっ!」って、言わなきゃいけないよね?(スタッフ:笑)「うわぁ〜!! すげぇ〜!!」って言うけどぉ。もぉ、その手前(笑)ぐらいからぁ、それ感じてるからっていう…。

一気にポンッて来たらぁ、多分…、いやそれ、東京タワーだったりぃ、スカイツリーだったりとかさぁ。エレベーターでポンッと来た時ぃ、ファッともう、ねぇ? 窓で「うぉ〜〜!! 高っけぇ〜〜!!」っていうのは分かるけども。徐々に来てるからさぁ。で、徐々にもう、見てるからね。

で、富士山に、山頂に登った時のぉ、滞在時間てもう、すっげぇ短…、短いしね。(スー)あん時もう、20分ぐらいしかいなかったのかなぁ〜…? 2〜30分じゃない? う〜ん。

全く興味が無い。ごめんね、興味無くて。ほんっとに。

(CM)

(つづく)
続きを読む
ラベル:レポ
posted by alfa at 16:15| 神奈川 ☀| Comment(0) | ON & ON AIR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

「ON & ON AIR」−フリートーク(3)

『ON & ON AIR』

7月29日 (レポ)

(つづき)

中居:
不吉な予感。この1週間でぇ、家の皿をぉ、2つ割ったのね。ま…、そうねぇ。小っちゃいねぇ、あの〜、お刺身用の、醤油、ワサビ醤油皿をぉ…。それはねぇ、随分前に僕、あの〜、お皿って全部2枚買うんですけどもぉ。2枚か4枚か6枚って僕、偶数、にしてるんですよ。

で、随〜分前、なん〜年も前に、それ1回割っちゃってぇ。そいつ、1人っきりだったんですよ。1人ぼっちのぉ、皿が1個あったの。そいつも割っちゃったからぁ。(スー)「あ、これで2人で天国行ったなぁ〜。」って。

でもなんで、割った時ってぇ、やっぱなんか不吉な予感…、「あっ、これなんかあったのかなぁ?」つって。なんか、い、いつも思うのね。

でもぉ、残念ながらこう…、「不吉な予感! あ、誰かになんかあったんじゃないか?」って、その、もう誰かが、出て来なくなっちゃったねぇ。「あいつの身に…。」とか、っていう人がいないんだよねぇ…。どうしよう? それ今すげぇ、迷ってる。

今までだったらぁ、例えば、その、女の子だとか、その、親父とか…、ねぇ? 若い、若い時よ。「こんな時に割れるなんて、不吉な予感。」つって。で意外と別に、なんともなかったりしたんだけど。

今、パリーンと割れても、なんにも不吉な予感はしないんだよね。ほら、「くしゃみすると誰か、噂してるんじゃないかなぁ?」って、よく言うじゃん。(スー)「だぁ〜れが噂してんのかな?」って。「まぁ噂はされてるのかぁ?」と思いながら…。

皿をねぇ、2、2枚割っちゃったんだよな。もう一つの方はぁ、あのちょっと大っき目の皿なんだけどもぉ。なんか、肘が当たってパリーンみたいな。あの〜、テーブルに置いといたら。う〜ん。(スー)

ヤダよねぇ…。2枚、2枚、は、気持ち悪いよね。1週間に2枚ってね。もう、掃除機もなんか、あれだと…、1年に1回ぐらい…、1年に1回も無いんだけどなぁ〜、ほんと。滅多に皿なんか割らないんだけどもね。う〜ん。

でもなんか、皿を割った時の掃除機の音って、結構嫌いじゃないんだよなぁ…。で「ウィーーン、スゥー、ウィーーン。」ってなんだけどもなんか、割れたさぁ、細かぁ〜い破片みたいのがさぁ、「カチャカチャカチャカチャ!」っていうじゃん。(スタッフ:笑)あれが、なんか好きなんだけども。うん、なんか滅多に聞けない、自分の意志では聞けないというか、意識して聞けない音だからぁ。(スー)う〜ん。なんかちょっとなんか凄い、レアーな感じがしちゃうんだよね。

え〜っと、パンツをですねぇ、え〜、4枚1軍に、あの1軍っていうか、まぁちょっとデビュー、しましたね。はい。おニューのパンツを。あのねぇ、ストックが10枚ぐらいあるんですよ。箱に入ってたり、ビニールに入ってたりするヤツがあるんですけども。(スー)

これ、不思議なんだけどぉ。俺、覚え無いんだけどぉ。パンツが減ってるんだよね、なんかねぇ〜。(スー)ほんでぇ、カゴん中っていうかぁ、お風呂の脱衣んところにパンツがぁ、いっつもぉ、だいたい、7枚あるのね。7枚から10枚あんの、そこに。もう畳んでない、なんかもう…。無造作に置いてあんだけどもぉ。

それがね、「穿きましたぁ〜、穿きましたぁ〜、穿きましたぁ〜。」って。だいたい4〜5日に1回やって、2枚、3枚、とかなっちゃうと、ちょっと足りなくなってぇ、「底が見えて来たなぁ〜。」と思ってぇ、洗ってぇ。でまた1週間、みたいな。

そのあれがもう、4〜5日でなんか、無くなっちゃってぇ。「あれなんで? なぁ〜んで無くな…? 俺、減って…、減ってっかなぁ〜?」とか。

あの、たまぁ〜にだけど、「泊まりに行きましたぁ。」とか。泊まりに行くとぉ、そのまま、あの〜、汚いパンツをぉ、もう最後、もう死にかけのパンツを穿いてぇ、そこのぉ、あの、ホテルなりぃ、宿舎なりでぇ、捨てて帰るみたいな。ってのはあるんですよ。(スー)

でも、そん〜な感じでもないのにぃ、「なんでこんなに選手、無いんだろう?」と思ってぇ。まぁ1軍、上げましたけどぉ。新人を。4枚。4枚上げたん…だけどぉ。(スー)「なんであれ、少なくなってんのかなぁ〜?」って。タムラぁ〜? いや、タームラさんは…。(スー)タームラさんの匂いは、なん、ちょこちょこあるんですけどもねぇ〜。「なぁ〜んでこれが無くなっちゃってんのかなぁ〜?」と思いながら。う〜ん。パンツを4枚デビューさした。

こないだぁ…、まぁ滅多に無いけど、買い物行ったんですよ。ほんで、買い物してぇ、お店でぇ、ちょっと、ジャージを買おうと思って。

まぁ〜、滅多に無いんですけどねぇ〜…。う〜ん。出て行こうかなぁと思ったら多分、店の前で、待ってたのかなぁ…? 「(絞り出すように)すいません、握手してくださぁ〜い。」つって。「昔から大ファンでぇ。」みたいな。

で、久っしぶりにほんとに、「ファンなんですぅ。好きなんですぅ。」とかぁ。でも、「うわぁ〜!!」とか言ってんのよ。で、俺が、で、握手した後、去って。でぇ、自分の車乗って、移動したり、帰ったりしたんだけどぉ。で、パッと見たら、なんかすげぇ、「うわぁ〜!!」みたいな。

なんかよくあるじゃん。なんか、こう興奮…、だ、ほら、テレビとかでもさぁ、「本人登場。」「わぁ〜〜!!」とかあんじゃん。なんか44〜5んなってさぁ、「わぁ〜!」とか言われる人じゃない、って思ってるわけじゃん。思ってんだ…、思ってたりすんだけど。その「うわぁ〜〜!! わぁ! 握手しちゃったぁ!!」みたいな雰囲気出してっからぁ。(スタッフ:笑)

「いやいやそん〜な、そんな子、いるんだぁ〜!?」と思って。(スタッフ:ビックリ?)え?「(スタッフ:ビックリするよね?)ビックリするよねぇ? いやいや、何気なくぅ、「すいません、中居くんですか? 握手してもらえますかぁ?」ぐらいだったら別にいいけどもぉ。なんか、「うわぁ〜〜!!」みたいな。

若い子なのよ。ほんで俺ぐらいの世代の、人だったらぁ、もう、「わぁ〜わぁ〜」無いのよ。っていうのもぉ、俺ぐらい、俺のことがぁ、「好きなんです。」とか「ファンです。」って「多分、俺と同じぐらいの世代の子かな?」って思うじゃん。

その俺の…、40…、僕世代の人達っていうのはぁ、もういろいろな、ねぇ? いろんなことがあって、多分もう、落ち着き、落ち着いてる、人達も、いたりするでしょ? だから「うぇ〜〜!!」みたいの無いでしょ? で「うぇ〜〜!!」ってなっちゃうのは、20代の子だったりするわけじゃん。10代、20代。でもそういう人達が(笑)、いると思ってないから。20代とかでぇ、「うぇ〜〜!!中居君!!」なんて思ってる人ってちょっとこう…。や、思ってるんだったら「ちょっと変わってる人だな。」って思っちゃうね、俺は。

いや、それはまぁ、何? キスマイとか、Sexy Zoneに、「うぇ〜〜!」ってなんのはいいんだけどもぉ。俺、別にさぁ、そんな、「うわぁ〜〜!!」っていうような、タイプじゃないわけじゃん。タイプ的にも。ねぇ? そんな「うわぁ〜〜!!」っていうことがぁ、あまりにも無いから。

や、多分ん、ほんとは、同じ世代の(笑)、人達でぇ、「中居くん、昔から…。」っていう人は、いると思うよ。でも20代の、子なんか、いるとも思ってないのよ。「うわぁ〜〜!!」っていう人はだからもう、いない(笑)だろうと、思ってたら、「う〜〜わぁ〜〜!!」って。歌っ。(スタッフ:梅沢富美男さんで、「夢芝居」。)なんでぇ…?(スタッフ:「音楽の日」にちなんで…。)

🎶曲:夢芝居(by 梅沢富美男)

(CM)

さて、この番組では、皆様からの、おハガキ、お待ちしておりまぁ〜す。宛先は、郵便番号100の8439、ニッポン放送、中居正広、ON & ON AIRの係りです。

それではまた来週。

今週のおまけハガキー。

東京都の○○さん。

(ハガキ)
夏のつまみと言えば…、

中居:
はぁ! 昨日、カツ丼のぉ、丼無しの、カツだけ作ったけども。すっげぇ、クソまずかった。

(ハガキの続き)
え〜、冷奴ですが。中居くんは、薬味は何が好きですか? 因みに私は断トツで、茗荷です。

中居:
俺ねぇ、茗荷と生姜と大葉が好き。

また来週。
ラベル:レポ
posted by alfa at 18:37| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ON & ON AIR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする