2013年01月19日

「稲垣吾郎のストスマ」−ワチャワチャした5人(2)

『稲垣五郎のストスマ』

1月10日 (レポ)

(※ 諸事情により、レポを一部省略させていただきます。)

(つづき)

稲垣:
もう一度聴きたい、あのトーク特集。最後はこちらです。

(ハガキ)
私は、毎回ライブで困ることがあるんです。それは、ライブの最中に叫ぶ、吾郎さんの呼び方です。日常では、「吾郎さん」と呼んでいますが。ライブの時に、「吾郎さ〜ん」と、呼ぶと(笑)どうもしっくり来ないですよねぇ。「吾郎〜!」、と呼ぶにはちょっと気が引けるというか。照れて呼べなかったりします。

でも、「慎吾〜!」とか「剛〜!」とか呼べるんですが。

吾郎さんは何て呼ばれ方が、嬉しいですか? 中居さんの真似をして「稲垣さん」、て言うのにもチャレンジしてみようかと思っていますが、どうでしょうか? 

稲垣:
「稲垣さ〜ん!」て面白いですねぇ。

確かに「吾郎〜!」ってあんま言わないよねぇ。何でだろう? でも「吾郎さ〜ん」、って言うのもちょっと、変だよね、確かに。昔は確かに「吾郎ちゃん」とかも多かったですけどねぇ。でも「吾郎ちゃん」、ってまずいでしょう? この年で。まぁいいですけど別に。

まぁ、あの〜、まぁ呼ぶ人、の自由なんでね、こういうことに関してはねぇ。う〜ん。

でも「何て呼ばれたら嬉しいか?」っていう、う〜ん。あんま考えたことなかったですけど。う〜ん…。

普段何か呼んでる感じでいんじゃないかなぁ〜? でも普段「吾郎さん」て呼んでるんだもんねぇ? 「吾郎」でいんじゃないのぉ? 別に。だって。一番呼びやすいですもんね? 

いやぁ〜、いろいろありますね。呼び方かぁ。あんま考えたことなかったですけどねぇ〜。

まぁだからもう「吾郎」とか呼び捨てでも、全然、う〜ん、いいですよ、何でも。「吾郎」でも「ゴロゴロ」でも。(笑)は〜い。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

う〜ん、呼び方。う〜ん。でも「吾郎」って基本的に、何か、語呂がいいっていうか。(笑)何か、何でも付けやすいですよね。音との、相性がいいというか。う〜ん。

う〜ん。まぁでも何か、結構ねぇ、無限にあると思うんですよ。例えば、「ゴロゴロ」とか、「ゴロリン」とか、「ゴロッピ」とか、「ゴロチ」とか、。(笑)、「ゴロリ」とか。う〜ん。

まぁ今のはねぇ、全部、う〜ん、何かしら僕の人生経験の中で呼ばれたことある、呼び名なんですけどね。(笑)う〜ん。まぁそれは何か、ねぇ、「女の子なんじゃないの?」みたいな意見もありますけれども。

まぁでも、う〜ん、意外と僕の親友の、ねぇ、よくたま〜に出て来る、ねぇ、57歳のオジ様は(笑)、僕のこと因みに「ゴロチ」って呼んでますしね。

うん、どう、どうとでもねぇ、こう、変身出来るんですよね。「吾郎」っていう名前は。意外と。う〜ん。

まぁそういった意味では、何かこう、メンバーで言うと、「正広」とか、意外と難しですけどね、う〜ん。「慎吾」とか。4文字だと難しいのかな? う〜ん。正広、ま、マッピーがあるか。(笑)マッピー、マー君とか? う〜ん。

でも「吾郎」はいろいろと、う〜ん、変身出来るんじゃないかなぁ? だから結構皆さんのオリジナルの呼び方を、作ってもらいたいなぁと思いますけどもねぇ。は〜い。

皆に、愛されたいなと思っております。


それではまた来週、バイバーイ。


posted by alfa at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

「稲垣吾郎のストスマ」−ワチャワチャした5人(1)

『稲垣吾郎のストスマ』

1月10日 (レポ)

(※ 諸事情により、レポを一部省略させていただきます。)

稲垣:
もう一度聴きたい、あのトーク特集。続いては、こちらのトークです。

(ハガキ)
先日の味の素スタジアム最終公演に参戦きて来ました。え〜、吾郎さんのキレ、雨が上がってよかったですねぇ。(笑)

MCコーナーで、え〜、濡れたステージを皆で拭き始めた時に、吾郎さんが、「中居、タオルでやれよ。」って言ったとこ、(笑)つよぽんも、「中居、ちゃんとしようよ。」って言って、ロハス兄弟がリーダーに対して小さな抵抗してましたね。

MSAPのこういうワチャワチャしたところが(笑)大好きです。

稲垣:
面白〜い。こうワチャワチャしてますよね、SMAPって。(スタッフ:笑)基本的に、稲垣吾郎はそんなにワチャワチャしてないんですよね。SMAP、になるとワチャワチャますよねぇ。皆そうですよねぇ。5人集まるとワチャワチャしますねぇ。

「ワチャワチャした。」って、面白いです、いいですねぇ。何か伝わりますよねぇ。「ガチャガチャ」とかぁ、「ガヤガヤ」とかぁ、ねぇ、そういうんじゃないよねぇ? 「チョコマカ」とかです。「ワチャワチャ」っていいですねぇ。日本語って面白いねぇ、う〜ん。ちょっとやんちゃな感じがしますよねぇ。「ワチャワチャ」っていうと。

何か、MCコーナーも、今年は、結構ノープランでやってましたねぇ、皆さんねぇ。(笑)もう何か、適当って言っちゃいけないですけどぉ。何か…、凄い…、いいですよねぇ。あのワチャワチャした、結構フリーな感じが。ねぇ?

何か、全く、普通のアーティストの方ってコンサートの時とかって、やっぱりある程度MCとかってこう、シナリオが、あるんでしょうね? 
う〜ん。

いやいや、もう僕らの場合はもうほんっとに、日によって全然違うし。皆かなり、自由な感じで、ワチャワチャトークしちゃってるんでねぇ。不思議ですよねぇ。まぁファンの方もそれをもう許してくれてるというか。う〜ん。まぁ何でもいいってわけはないですけどね、勿論。う〜ん。

まぁまぁまぁ、でもほんとに、う〜ん、まぁテレビと違ってこう、編集されたりね? やっぱりこう、「全国放送だから、あ、これは喋っていいけど、これはちょっと言っちゃいけないなぁ。」みたいなこととか。そういう制限もライブだと無いですからねぇ。う〜ん。

やぁもう、SMAPらしさが逆に、う〜ん、良くも悪くも、出まくっちゃうんじゃないかな〜っていう、(笑)感じはするんですけれどもねぇ。

これねぇ、MCコーナーで、ほんと、ステージを皆で拭いたんですよねぇ。雨が降って来て。何か、普通に、雑巾がけみたいな感じで。(笑)スタッフの方と。

そう、あの拭いた部分だけ、やっぱほんとに乾きましたからねぇ。拭かない所はやっぱり雨が止んでも、雨の後、のねぇ、やっぱり、水たまりが残ってましたからやっぱりステージの端っこの方とか、ちょっと、セカンドステージの方とか、ウィングの、方とかね、行くと結構、滑る、ポイントがいっぱいあったんですけれども。

お陰で、本ステージはもう、滑らなくなって、ねぇ? 何か逆に、自分、僕の踊りが、何か、おかしなことになっちゃったみたいな感じもあったんですけれどもねぇ。「滑った方が、よく踊れるんじゃないか?」って皆に、いろいろ突っ込まれてましたけれども。

いやぁ〜、でもあれほ〜んとに、雨で濡れた時ってぇ、もう、こんなこと言っちゃいけないですけど、プロだから。全〜く歌、歌えないし、踊れないですよねぇ。

ダンサーの子も、転んでましたもんねぇ、皆本気で。ダンサーの子なんて、特に女の子とかは、ヒール履いてたりするんでねぇ。ほんとに、大変だと思うし。もう、アイススケートのリンクぐらいと思ってくれたらいんじゃないかなぁ。(笑)

まぁ逆に僕はその方が何か、ターンのキレが良くなったり、普段2回回るところを、4回ぐらい回れたりする気もするし。(笑)それはそれで、(笑)僕の場合はちょっと、ダンスに磨きがかかる気もするんですけれども。

いやいやいやいや、まぁほんとにいろんなハプニングがありましたけれども。まぁそれも、ほんとにいい思い出ですよねぇ。う〜ん。

ほんとに、楽しかったなぁ、ライブ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

は〜い。ワチャワチャ。ワチャワチャ、日本語って面白いですよねぇ。何か、「ほっこり」とかさぁ。「ワチャワチャ」とかさぁ。何か他に思いつかないけどぉ。(笑)う〜ん。

でも「ガヤガヤ」とかねぇ? 元々、何か不思議な言葉多いですよねぇ? そうやってね。何かイメージ沸きますもんね。う〜ん。

何かあの〜、今回の、ちょうど「恋と音楽」、舞台やってる時に、セリフの中で、何かこう、「犬が可愛い。」って話で、コッカスパニエルっていう犬が可愛いっていう話で。僕の中のセリフで、「可愛いよねぇ、あの犬。何か、モフモフしてて。」っていう。「モフモフ」もなかなか、(笑)ちょっと、変わった言葉ですよねぇ。う〜ん。でも何かイメージで伝わりますよねぇ。

いいですねぇ、何かそういう、うん、そうやって言葉って作られていくのかも知れないしねぇ、元々。語源はともかくとして。う〜ん。

ねぇ〜。何かSMAPのライブの、MCの時の、ワチャワチャした感じをほんとちょっと、思い出して来たんですけれども。う〜ん。

ねぇ、まぁでも何か、SMAPはほんとに、何かその、ちょっとこう、わんぱく、小僧な、ノリがもう未だに、変わらない、ね、その、ほんとにワチャワチャって言葉がピッタリなんですけれども。う〜ん。

まぁ何かこれからももう何か、もういくつになっても、その関係性っていうのは変わらないし、ねぇ。ファンの方との距離っていうのもほんとに変わらないし。う〜ん。

何かそんな、ちょっとこう、ノリがいんじゃないかなぁと、思いますね。

(つづく)

posted by alfa at 17:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

「稲垣吾郎のストスマ」−木村君とお揃いの靴(1)

『稲垣吾郎のストスマ』

11月29日 (レポ)

(※ 諸事情により、レポを一部省略させていただきます。申し訳ございません。)

<木村君とお揃いの靴>

稲垣:
何かこなだ僕あの〜、セブンイレブン、さんに行ってね、まぁコマーシャルもやっているし、ねぇ、お買い物してて。

で何かあの〜、セブンイレブン、何で行ったかっていうと、コピーを取り行ったんですよ。あんまり普段コピーを取ったことが、人生無いんですね。事務仕事とかあんま無いんでぇ。でも何か免許証のコピーをどうしても取らなきゃいけなくて。

でちょっとこう、免許証のコピーを取り行った時に、生まれて初めてのコピーで、凄〜く、やり方が難しくてぇ。でも(笑)、何とか取れてぇ。(笑)色の濃さとかぁ、「免許証だったら、A4サイズかなぁ? A5サイズかなぁ?」とか。「え? ハガキだろう!」とかいろいろ考えてぇ。まぁ何とかこう、取れたは取れたんですよね。

で、それなん、何か楽しくなっちゃってぇ。5枚ぐらい取っちゃって。1枚しかいらないのにぃ。50円も使っちゃって。

で、一応カゴに入れといたんですよ。取ったコピーをね。他に買い物したかったから。まずカゴに入れて、コピーを。それからいろいろカゴにぃ、いろんな食べ物とか、いろんなこう雑誌とかを詰めてぇ、でレジに行ってぇ。ね。でその商品を買ったんですよ。

して、そのまま、商品、を持ってぇ、僕帰っちゃってぇ。

したら店員さんがぁ、慌てて、お店から出て来てぇ、「あ、これ忘れてます!」つって。僕の免許証のコピーを持って。そう。僕の免許証のコピーを持って走って来たんですよ。「あ〜、すいません、ありがとうございます。」

もう、すっごい恥ずかしいことをしちゃったなぁ〜と思って。しかも「何で稲垣吾郎、免許のコピー、5枚も取ってんだろう?」って(笑)、(スタッフ:笑)きっと思ったんだろうなぁ〜と思って。(笑)

何かねぇ、カゴの一番下にこう、置いといたから、忘れちゃったんですよぉ。分かりますよねぇ? その気持ちねぇ? う〜ん。だ、そん時はその商品、ちゃんと持って帰って来たんですけどぉ。(笑)

もう、絶対言われてるんだろうなぁ〜、いろんな人に。しかも、まぁ店員さんいい人だったと思うから大丈夫だけどぉ。免許証にはいろんな情報が(笑)書いてありますからねぇ。気をつけなきゃいけないなぁ〜と思ったんですけれども。意外と、おっちょこちょいな、わたくし稲垣吾郎でございます。
posted by alfa at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

「稲垣吾郎のストスマ」−ロハス君(3)

『稲垣吾郎のストスマ』

11月22日 (レポ)

(つづき)

稲垣:
京都府にお住まいの、しほなさんです。

(ハガキ)
雑誌で、「思い出の駄菓子は?」と、質問されたのを覚えていますか? 稲垣さんの答えは「すもも。すももの駄菓子。」「そんなのあるのぉ?」と一瞬疑ってしまいましたが。何と、木村さんも草なぎさんも、「すもも!」との答えが。SMAP5人中、3人が「好き」と答えた、駄菓子。すもも。これっていったいどんなものだったんでしょうか?

稲垣:
というお便りなんですけれども。そうですねぇ、しほなさん、23歳ですから、世代が違うんですね。

駄菓子といえばすももじゃないですかぁ? 確かに、駄菓子っていう、印象はもっとパサパサしてますもんね。菓子、か、お菓子だから。ふ菓子であったり、チョコバットであったり。う〜ん。いろいろありますけれどねぇ。えびせんであったり、ふ菓子であったり。ほんと、すももの数は数え切れないと思うんですけれどもぉ。

これねぇ、すももってあの〜、2つ入りで、パックに入ってて。ねぇ、こう合成着色料、たっぷりそうな、ジュースと一緒に入ってるんですよねぇ。それを何か、細〜いストローが付いて売ってて。そのジュースをちょっと飲みながら、最後すももを食べるっていう。

これでもね〜、随分昔、10代の頃、木村君と一緒に、食べた記憶があるなぁ〜。どこで買ったんだろう? 2人で駄菓子屋に行く筈はないんですけどねぇ。

でも僕はもっと昔なんですよね。印象は。こう小学生の頃。小学生の頃のすももっていうのは、2つ入りじゃなくてぇ、本当にぃ、プラスチックのこうでっかいケースにぃ、すももがぁ、何十個、百個ぐらい入ってんのかな? それで1個こう、取り出して、1個10円で売ってくれてたんですよ。

駄菓子屋さん、うちの近所に来てたのでね、キャリーカーで。う〜ん。そう。だから僕の中では1個10円のすももっていうのは印象的だったんですよねぇ〜。懐かしいなぁ〜。

でも駄菓子ってだいたい、西日暮里、日暮里の方から来るんですよねぇ。問屋さんがそこにあって。都内、ほとんどそこなんですよね。だから当時おじさん、キャリーカーで来てたんでね。「日暮里から、歩いて来てたのかな〜?」と思って、キャリーを引き摺りながら。う〜ん。

懐かしいなぁ〜。子供の頃はねぇ、そんな駄菓子屋さんも多かったんですけど、今は少なくなってますよねぇ。う〜ん。たまに食べたくなりますけれども。は〜い。


え〜、静岡県にお住まいの、まほさんです。

(ハガキ)
最近、少しずつ寒くなって来ましたね。私は寒いのが好きなので、嬉しい季節です。近づいて来る冬を楽しんでいます。吾郎ちゃんは、冬は好きですか? 冬に必ずすることはありますか? 私は友達と、鍋パーティーをします。1人暮らしなので、みんなで食べるご飯が美味しいです。

稲垣:
いいですねぇ〜。これからの季節、鍋。そろそろねぇ、結構鍋、多くなって来ましたよぉ。う〜ん。

以前はねぇ、結構、「豆乳鍋がいいよぉ。」とか、「鶏鍋がいい。」とか、いろいろと、この番組でもねぇ、鍋の、お話しはして来たんですけどぉ。

最近嵌ってる鍋はぁ、みぞれ鍋ですねぇ。何か、泥付きのほんとに、美味しい大根を、田舎の知り合いの、農家から送ってくださってぇ。う〜ん。凄い量の大根だったんで。

大根、いっぱいありますよ。こうしん大根とかねぇ。あと〜、まぁ普通の大根もそうですしぃ。あと、大根おろしに適した辛〜い大根とか、ちょっと名前まで全部分かんないんですけど、4種類ぐらい5種類ぐらいの大根が送られて来てぇ。

最初はねぇ、バーニャカウダとかに、作ったりとか、ねぇ、ちょっと生のまま、スティックで食べたりとかしてたんですけど。

「ど〜しよう? この量の大根。」とか思った時にぃ、とにかくいっぱい大根おろし、すると、大根使えるじゃないですぁ。「じゃぁみぞれ鍋にしよう、みぞれ鍋。」大根おろしを張ったね。う〜ん。「そうすればいっぱい大根使えるんじゃないかな?」っていう。「大根をこう、捌くことが出来るんじゃないかなぁ?」と思ってやったら、ほ〜んとに美味しかったんですよね。う〜ん。

何か凄く素朴な感じが、するじゃないですかぁ、大根おろし入れるって。でも何か逆に、それが何かお店っぽく感じてねぇ。う〜ん。す〜ごく、で、栄養もありますしね。う〜ん。

大根おりすするの凄く大変ですけれどもねぇ、もうお陰で凄く最近、慣れて来ましたね。大体鍋、1つの鍋に対して大根1本分ぐらい、入れますからねぇ。どろどろした感じで。

更にその中にまた、根菜類とかを、鍋の、野菜の具として入れると美味しいですよ。蕪とか、人参とか、ブロッコリーとか。意外とこう、洋野菜とかも合いますよねぇ〜。

出汁は、基本的にはやっぱり、醤油ベースですよね。まぁ、和出汁を取って、まぁちょっと醤油で味付けをしてお酒を入れてっていう。う〜ん。ただ濃い目に取った方がいいですね。大根おろしで薄まりますから。は〜い。

それに、ちょっとこういう意外と、ゴツゴツした野菜を入れて煮込むと美味しいですよ。ちょっとポトフみたいになってね。う〜ん。

鍋だからと言ってねぇ、必ずこう、、白菜とか、ネギとか、じゃなきゃいけないなんてことはないですからねぇ。ルッコラとかも全然合いますからねぇ。う〜ん。洋野菜に鍋っていいですよぉ〜。

そうあと、お肉類、に関してはぁ、勿論豚のバラ肉とかぁ、鶏肉とか、いろいろ、団子を作ったりね、つみれで、いろいろありますけれどもぉ。

このみぞれ鍋にはぁ、実は、ベーコンが合います。は〜い。もう正にポトフみたいになるんですけどね。(笑)このベーコンをねぇ、出来ればブロックで買って来てスライスして入れるとぉ、豚のバラ肉みたいなイメージですよね。これは何とも大根との相性もよくて。ねぇ。

心も身体も温まる、この冬お薦めの鍋ですねぇ。は〜い。みなさん、試してみてくださ〜い。


さぁ、ということで、ちょっと最後は、ねぇ、鍋について、熱く、語ってしまいましたけれども。(笑)ねぇ。

あの〜、ちにみにこのみぞれ鍋に関しては「最後の締めの雑炊とか、麺とか、どうするの?」って、質問が来そうですけれども。(笑)多分ねぇ、あの、どっちでもいけると思うんですけど。

逆にね、みぞれ鍋やってるとねぇ、鍋だけで結構お腹いっぱいになるんで、ダイエットにもいいと思いますよ。う〜ん。何か大根があるからかなぁ? 意外と何か腹に溜まりやすいというかねぇ。う〜ん。

そんな感じで、ねぇ、ちょっとこう寒い冬を、ねぇ、乗り切ってもらって、ねぇ、元気、つけてもらいたいなと、思っておりま〜す。

(宛先、等)

それではまた来週、バイバーイ。
posted by alfa at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「稲垣吾郎のストスマ」−ロハス君(2)

『稲垣吾郎のストスマ』

11月22日 (レポ)

(つづき)

稲垣:
千葉県にお住まいの、かおりさんです。

(ハガキ)
テレビライフの吾郎さんの、色紙の、文字が、「ロハス君」でしたが。何故ロハス君にしたのですか? 中居君は、おとがくって書いて「音楽」。木村君は、「何があっても、俺達と一緒に、前に」。剛君は(笑)、「これからも一緒に前進」。慎吾君が、「前に」。で、5人のメッセージを並べてみても、吾郎さんのチョイスがとても謎です。是非、チョイスの理由を教えてください。

稲垣:
あ〜、これ、やっちゃった系ですねぇ。でもいんじゃないですか? 別にバラバラでも。みんなが、「前に」って、言うのもわざとらしくないですかぁ? 

や、何かねぇ、これあのほら、色紙をさぁ、書く時ってぇ、メンバーバラバラに書くじゃないですかぁ。だ、他のメンバーが何を書くか分かんないんですよ。

例えばテレビ番組のぉ、取材とかでぇ、「じゃぁ、はい、みなさん、この色紙に何かを書いてください。」って書くところもぉ、メンバー一緒に、ね? 同時に書く、とかよくあるじゃないですかぁ。テレビとかのインタビューで。そういう時は「何かみんなこういうの書いてんな。」ってチラッと見ながらさぁ、やっぱオオギリみたいなもんですからぁ。ねぇ、ちょっとこう、足並み揃えたり、協調性ってもの考えますけれどぉ。

これだって楽屋で1人で書いてるんだもん。「ここは何か、悪ふざけしていいとこなのかなぁ〜?」と思って。

しかもこれロハス君ってこう、この番組で生まれた言葉じゃないですか。おハガキであったじゃないですか。「草なぎ君と稲垣君は、ねぇ、何かこう、ちょっとこう、穏やかな雰囲気だから、2人でロハス兄弟」ってどうですか?」っていうハガキがあったんで、それを思い出してぇ、何か、書いてみたんですよ。「当たり前のメッセージ買いてもつまんないかなぁ?」と思って。

でも「何でここまで僕がふざけちゃったか?」っていうとぉ、僕この時聞いたんですよ。「ちなみにメンバーって、どういうこと書いてんですかぁ? テレビライフさ〜ん。」「あ、中居さんは、何か、おとがくって書いて、音楽って、漢字でしたよぉ。」「あ、みんな、ふざけてんだぁ!?」って思ってぇ。(笑)「あ、じゃぁ俺もちょっと面白いこと書こう。ダンスが苦手って、どう書こうかな?」とかいろいろ考えた。

でも何か、う〜ん、「ちょっと(笑)何、何だろう?」っていう、引っ掛かりも、いいかなぁ〜と思って。ちょっとね、この番組の、PRも含めて、「ロハス君」て書いたんですよ。しかもこれ僕、自分のあの、似顔絵も描いたんじゃないですかねぇ? 香取慎吾君のあの、いつもの。

そしたら、他の3人は、「何があっても、俺達と一緒に、前に」。「これからも一緒に前進」。「前に」。とかみんな、凄くいい(笑)コメントを書いてるじゃないですかぁ。(笑)ヤバイですよねぇ、これ。

ちなみにぃ、色紙のテーマはぁ、これ別に無いんですよ、テレビライフさんも。いや何かぁ、創刊何十周年とかで、「一言、これからファンのみなさんとか、テレビライフに対して、一筆もらえませんか?」みたいなことだったと思うんですよね。う〜ん。それで「前に」。「一緒に前進」。「ポジティブに行こうよ」。

なん〜でこれ…、「音楽」と「ロハス君」が分かんないよね。中居君もこれ、よく考えたら、テレビライフ、テレビ誌だからね。音楽のことあんまり関係ないよねぇ?(笑)まぁもっと関係ないのは僕ですけどねぇ。う〜ん。

まぁ、謎に思った人、多いでしょうねぇ。編集の人間もこれ、何も言えなかったんでしょうね。SMAPさんに対してね。(笑)テレビライフさんも。

面白い。う〜ん。

(つづく)

posted by alfa at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

「稲垣吾郎のストスマ」−ロハス君(1)

『稲垣吾郎のストスマ』

11月22日 (レポ)

(※ 諸事情により、レポを一部省略させていただくことがあります。ご了承ください。)

稲垣:
中野区にお住まいの、あやこさんです。

(ハガキ)
吾郎さん、こんばんは。今年、誕生日を迎えると39歳になられる吾郎さんはまさに、サンキューゴロウですねぇ。(笑)サンキューゴロウ記念として、写真集とか何か企画していただいてたら、嬉しいです。

稲垣:
そんなのさぁ、誰も求めてないから。確かにこう、凄く僕のことを、マニアックに応援してくださる、大切な、ファンの方ですよ。そりゃ勿論僕も、みなさんのこと大切にしていますし。期待に応えたいと思うけれども。サンキューゴロウ、写真集とかって出しても、ねぇ、まぁ何か、考えますよ、でも。ねぇ。「さん、まさにさん、サンキューゴロウだな。」っとか言ってコメントしようかな、テレビで。ね。シーンとしそうですけど。は〜い。


え〜、東京都にお住まいの、はなはなさんです。

(ハガキ)
来年4月6日公開の、吾郎さん主演の映画、「桜、ふたたびの加奈子」、今から楽しみです。

原作の、に、新津きよみさんの「ふたたびの加奈子」を、え〜、熟読しております。

その小説の中で、「ごろう」という、柴犬が登場してるんですが。映画でも原作通りワンちゃんは、「ごろう」という名前ですか? 吾郎さんと同じ名前であり(笑)、小説で、吾郎さんの演じられてる、え〜、桐原家での、愛犬とのことで、このワンちゃんの存在がどうも、気になってます。

稲垣:
まぁこれは楽しみにしててください。サプライズは、あるかも知んないですねぇ、映画の中で。ナンバーが、「5、6」だったりとかさぁ。う〜ん。そういうのでも結構、あるんですよ、映画とかって。隠れて。う〜ん。そうそうそう。

あのねぇ、来年の公開なんで、まだまだ先なんですけれどもぉ。ほんと原作も素晴らしいんでねぇ。新津きよみさんの。是非、これ原作読んでから、映画ご覧になっていただきたいなと、思いますね。楽しみにしててください。


埼玉県にお住まいの、ひさみさんです。

(ハガキ)
12月から、パルコ劇場で、ミュージカルをやるんですね。初のミュージカルとのことですが。昔、SMAP6人で、「聖闘士星矢」というミュージカル、やってませんでしたか? 私は観たことがなかったので、吾郎さんが演じる初のミュージカルということで、とても楽しみにしています。

ミュージカルだとやっぱりボイストレーニングなど行なうんですか? 通常の舞台と違う準備などあったら教えてください。

稲垣:
そうですねぇ、まぁ初ミュージカルって、あの〜、言った方がさぁ、キャッチーじゃないですかぁ。ただその辺あんまり突っ込まないでください。(笑)(スタッフ:笑)

まぁでも、6人で昔やってたのは、まぁ、ミュージカルっちゃミュージカルっていう括りだったんですけどぉ…。ちょっとまた、まだまだそういう域に達してない感じもあったんでねぇ。う〜ん。は〜い。

まぁやっぱり、本格的ミュージカルって意味では初めてなのかなぁ〜? う〜ん。

でも今回はぁ、ミュージカルと言ってもぉ、何か、やっぱお芝居、ですねぇ。ストレート・プレイの、鈴木さん書く、お芝居の中で、ミュージカル的な要素も、あるっていう風な、表現のが近いのかなぁ〜? 

何か僕、ミュージカルっていうとやっぱり、ほんとに宝塚歌劇団とか、劇団四季さんとか何か、ああいう、イメージが、あるんですよねぇ。う〜ん。

まぁまぁ、その〜、ジャンル分けっていうのはあまり、気にしてない、またパルコ劇場で、鈴木聡さん原作で、川原さんが演出してくださって、ねぇ、舞台に立つっていう、う〜ん、そういう、感じですね、自分の中での。う〜ん。

でもまぁやっぱり、ミュージカルということなんで、歌も歌いますしぃ、踊りもねぇ? 踊ったりするので。確かに普段の稽古とは違いますよね。

ピアノを、やっぱり、その先生がいるんですけど、音楽家のね。あの〜、勿論佐山さんが、曲を作っているんですけれども。それとは別にやっぱりこう、音楽の指導の先生の方もいらっしゃるんで。その方がピアノを弾いてくれて歌を歌ったりとかっていう。

普段僕らやっぱり、オケの中で歌を歌うこと、ね、多いんで。う〜ん。やっぱり生の楽器で、歌を歌う、しかもピアノ1個で歌を歌うっていうのはす〜ごく、楽しいですね。気持ちいいし、う〜ん。

やっぱりオケって、ねぇ、歌に合わせてくれるっていうことは無いじゃないですかぁ。もう、テンポも決まってますから。コンピューターでねぇ? 流してるわけですから。

ピアノだとやっぱりこう、自分の歌のテンポに合わせてくれて、弾いてくれたりとか。う〜ん。何かそういう、生な感じが、やっぱ凄く楽しいですねぇ。

今まで歌っててそういう経験っていうのは、全くなくはないんですけれどもぉ。ねぇ、でもやっぱり、珍しいことなんで。そんなピアノ1本でっていうのは。凄く気持ちよく、やらせてもらってますねぇ。

トレーニングっていう感じは無いですけどねぇ。う〜ん。

まぁでも、う〜ん、トレーニングになってるとは思いますけれどもねぇ。そういう練習していることによって。は〜い。

とっても楽しい愉快な、ミュージカルなんで、みなさん、楽しみにしててください。

(つづく)

posted by alfa at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

「稲垣吾郎のストスマ」−吾郎の腰痛(5)

『稲垣吾郎のストスマ』

10月25日 (レポ)

(つづき)

稲垣:
え〜、香川県にお住まいの、あっこさんからです。

(ハガキ)
え〜、吾郎さんのラジオを聴いて感じたこと。吾郎さんて意外とネガティブなところあるんだな、です。何となくですけど、吾郎さんイコール、ポジティブな人のイメージでした。やっぱり人間て奥が深いんですね。そんな、(笑)人間くさい吾郎さんもいとおしいです。

稲垣:
というお便りですけれども。そうかなぁ〜? 別にポジティブ、じゃないですよ、元々。ポジティブ、や、ポジティブかなぁ〜? 基本的にはポジティブですけどぉ。ネガティブなことを言えるっていうことがポジティブなんじゃないかなぁ? よく分かんない、屁理屈ですけど。

何か思ったことをこうやって、ヤダったらヤダって、何かね、辛いなぁ〜っと思ったら辛い、ダメだなぁ〜っと思ったらダメって、言え、言えるんですよ、僕は。思ったこと。特にこの番組では。だからそれをネガティブに感じてんのかも知れないけどぉ。

まぁ、いろんな面が、あるのが人間なんじゃないかな。ま確かにこの人の仰るとおり。人間くさいのかなぁとも思いますし。そういう部分も、まぁ出してって、いいと、してくださるんでしたら、ねぇ、あんまり、考えずに、思ったことを喋って、いかせてもらいたいなぁってこれからも、思っております。はい。


岩手県にお住まいの、おりきさんですね。

(ハガキ)
さぁ、イベントなどで、え〜、稲垣さんのそばに寄れた、ラッキーな方が、「稲垣さんは、汗をかいても身体から凄く、いい香りを、発散している。」とか。アロマは、好きなのは知っていますが。どんな風に使うとそんなに、香るのですか? 

稲垣:
う〜ん。そうですねぇ。自分自身を香らせることを、特別意識してやってるわけでは全然無いですけどねぇ。人に、嗅いでもらおうと思ってやるというよりも、どっちかっていうと、自分自身の精神とかですよねぇ。う〜ん。

まぁアロマはほんとに、好きだし。まぁ日頃から付けたりはするんですけれどもねぇ。まぁ意外と香水よりは人の印象に残るのかも知んないですね。香水ってあんま付けないんでね、僕は。どっちかっていうと。

何か、付けた時はいんですけどねぇ。香水ってやっぱり、その人の香りと混ざって、ねぇ、アフターノートっていうんですか? 段々香りが変わって来るじゃないですかぁ。それが何か、あんまりよく、変化する香水に、巡り合えたことが今まで無いんでぇ。香り自体は好きなんですけどねぇ。香水にしかない、香りもありますからねぇ。

でもどうしてもやっぱり、自然なものになってしまいますねぇ。アロマ系ですねぇ、僕の場合は。は〜い。

まぁあと〜、2〜3滴、手首とか、首に垂らすぐらいで、香るんじゃないでしょうかねぇ? どんな風に使うとそんなに香るっていうのは、あんまり意識してなかったんですけれども。

あとまぁ、メンバーだったらそうだなぁ、みんな基本的に香りは無臭ですねぇ。木村君だけ香水付けますねぇ、唯一。木村君、意外と好きですよねぇ。意外と男っぽい、男らしい、ちょっとたまにムスク系もあったりとか。ちょっとこう、ワイルド、セクシーな感じの、香水を付けますねぇ。

コンサートなんかやってると楽屋、1つだから、分かりますよね。う〜ん。何か自分を高揚さしたりとか。気持ちを高ぶらしたりとか、もしくはねぇ、沈静化させたりとかしてるんでしょうかねぇ? う〜ん。

あ〜と他のメンバーあんまり、香りやってるとこ、見たことないですねぇ。草なぎ君…、たま〜にちょっと、軽〜いコロンみたいの振ってたりしますけどねぇ。

基本的に、意外と、無臭、じゃないかなぁ? うちのメンバーはねぇ。う〜ん。

(宛先、等)

それではまた来週、バイバーイ。
posted by alfa at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

「稲垣吾郎のストスマ」−吾郎の腰痛(4)

『稲垣吾郎のストスマ』

10月25日 (レポ)

(つづき)

稲垣:
さぁ、続いては<イケTELSMAP>です。早速電話してみたいと思います。

電話
まい : もしもしぃ。
稲垣 : あ、まいさんですかぁ? 
まい : はい。
稲垣 : あ、こちらあの、「STOP THE SMAP」という番組の、稲垣吾郎と申しますけれども。
まい : え? 
稲垣 : ハガキが、選ばれました。
まい : え? 吾郎さんですか?(笑)
稲垣 : はい。「殿リーマンの、格好で、コンサートに…。」
まい : そうなんですぅ。
稲垣 : ひどいですねぇ、これ。
まい : えへっ?(笑)ひどいですかぁ? 
稲垣 : ひどいねぇ、この顔。
まい : 何か吾郎さんがぁ、
稲垣 : はい。
まい : 名古屋ドームのぉ、
稲垣 : はい。
まい : あの、15日、にぃ、参加した時にぃ、
稲垣 : はい。
まい : トロッコがぁ、
稲垣 : はい。
まい : 最後、ステージに、終着する時にぃ、
稲垣 : はい。
まい : 笑って、えぇ…。
稲垣 : あ、トロッコが終着する時に居た殿リーマンか? 
まい : そうです! 
稲垣 : あ、思い出した。
まい : は〜い。
稲垣 : 何か殿リーマンの格好をしてる方、何人か今までいたんですよ。
まい : あ、そうなんですかぁ? 
稲垣 : まぁ考えることだいたい同じようなことって感じで。
まい : (笑)白塗りしてるんですか?
稲垣 : そう。3人ぐらい見たんだ、今まで。でも最後、トロッコが終着する要するに、
まい : はい。
稲垣 : 上手側ですよねぇ? 
まい : そうですね。
稲垣 : 上手側…の、前列の方にいた、殿リーマンは、お、わ、分かりましたよ。
まい : (笑)
稲垣 : あなたですね? 
まい : はい! そうです! あの〜、ダーク様も隣にいたんですけどぉ。
稲垣 : いた。
まい : (笑)もうほんとに…、恥ずかしかった、ですよ。
稲垣 : だってさぁ、これ、会場までどうやって行くの? この顔で。会場でメイクすんの? 
まい : 東京からぁ、
稲垣 : はい。
まい : 名古屋まで行ったんですけどぉ。
稲垣 : はい。
まい : ホテルでメイクしてぇ、でホテルからちょっとドームまで、距離が(笑)あったんでぇ。
稲垣 : (笑)
まい : 電車に、それで(笑)乗ってぇ。
稲垣 : うそでしょう? 要するに外歩いたってことでしょう? これで。
まい : そうです。(笑)
稲垣 : ねぇ、何でそんなこと出来んの? 
まい : (笑)いや何か、もうほんっとにでもぉ、死ぬほど恥ずかしかったです。あの〜…
稲垣 : 死ぬほど恥ずかしいって俺、これ全国放送でやってんだから、いつも。
まい : (笑)剛君がぁ、
稲垣 : う〜ん。
まい : あの〜、表参道ヒルズでぇ、
稲垣 : う〜ん。やってた。
まい : あの〜、やってたじゃないですかぁ。
稲垣 : 昔のやってた、う〜ん。
まい : あれはぁ、何かこう、
稲垣 : (笑)
まい : 「芸能人だから。」とかぁ、
稲垣 : 分かる分かる。
まい : 「撮影があるから。」とかぁ。
稲垣 : う〜ん。
まい : こうまだ、あるじゃないですかぁ。
稲垣 : まぁ、そうだよね。僕もそうだよね。「これちょっと、しょうがないかなぁ。仕事だからやってんだよ。」みたいな雰囲気出せるもんね。
まい : は〜い。(笑)なんですけどぉ。もう、別に、遊びっていうかぁ、
稲垣 : う〜ん。
まい : 普通にやってることだったんでぇ。
稲垣 : う〜ん。
まい : すっごい恥ずかしくてもぉ、(笑)みんなに見られてぇ。
稲垣 : そりゃそうだよ。
まい : 乗り換えの時とかが凄いもう…
稲垣 : 会場はもう大丈夫だよね? コンサートの。
まい : は〜い。いや、あ、でもぉ、会場は多分ん、3〜4万人ぐらいに見られたんじゃないかっていうぐらいもう、みんなが…。
稲垣 : そうなんだぁ? 
まい : は〜い。
稲垣 : でも、ノリノリだったんでしょう? ほんとは。
まい : (笑)いや、会場ん中ではぁ、ノリノリでしたしぃ。
稲垣 : う〜ん。さすがに、電車では…? 
まい : 電車はもう、ほんとに、死ぬかと思いましたねぇ。でも友達、ダーク様はぁ、
稲垣 : う〜ん。
まい : もう、潔くもう、何か、「私は大丈夫だ。」みたいな感じでぇ、何も隠さず立ってましたけどぉ。
稲垣 : だってさぁ、
まい : は〜い。
稲垣 : だって、誰が考えたの? 
まい : え〜、何か友達がぁ、ダーク様を観て、あの、木村君が好きなんですけどぉ。
稲垣 : う〜ん。そのダーク様が考えたの? 
まい : そうです。(笑)「やろうよ。」って言ってぇ。
稲垣 : 「ダーク様、やろうよ。」つってぇ、「あなた、吾郎ちゃん、ファンなんだから。」
まい : (笑)
稲垣 : 「あなた、殿リーマンよ。」って言われたの? 
まい : や何かぁ、
稲垣 : う〜ん。
まい : 「ダーク様は2人でやったら面白くない。」って言われてぇ。
稲垣 : う〜ん。
まい : でぇ、ダーク様…、最初ダーク様やる、つもりだったんですけどぉ。
稲垣 : う〜ん。
まい : よく考えたらぁ、「あ、殿リーマンがあんじゃん。」と思ってぇ。おんなじ、あの赤とぉ? 白と黒? 
稲垣 : う〜ん。
まい : のメイクの、種類だったんでぇ。「あ、じゃぁこれじゃぁ出来るじゃん。」みたいなこと、言ってぇ。
稲垣 : あ〜、そうなん…
まい : で、殿リーマンになたんですけどぉ。
稲垣 : まぁねぇ、
まい : (笑)
稲垣 : ダーク様、2人いるよりインパクトあるしぃ。
まい : カマーが2人いた方がインパクトありますかね? 
稲垣 : う〜ん…。でもねぇ〜、相当インパクトあったけどぉ。
まい : (笑)
稲垣 : ちょっとねぇ、
まい : は〜い。
稲垣 : もう1人、凄いヤツいたんだよねぇ。
まい : え〜!? 何ですかぁ? 
稲垣 : 殿リーマンの顔でぇ、
まい : はい。
稲垣 : ハットリ君の格好をしてんの。
まい : あ〜、何か聞きました、それ凄い、「先越された。」と思ってぇ。
稲垣 : しかもコンサートのMCで話題んなったんだよねぇ。で僕が最後、バラード真面目に歌うところで、ずっと目の前にいてぇ。
まい : (笑)
稲垣 : でも本人もちょっと何か申し訳なさそうな顔してて、あのハットリ君。
まい : (笑)
稲垣 : あれねぇ、やっぱねぇ、真面目な曲ん時恥ずかしいよねぇ。
まい : は〜い、そうですねぇ。(笑)
稲垣 : う〜ん。
まい : でも殿リーマンはでも、ほんとでも、恥を捨てないとぉ、なかなか出来ないことなんでぇ。
稲垣 : そう(笑)だよねぇ。
まい : え? 
稲垣 : 何か、ちょっと、複雑だけどねぇ。そのコメントを聞くと。(笑)
まい : (笑)
稲垣 : や〜るなぁ〜…。
まい : (笑)
稲垣 : じゃぁちょっと、曲のリクエストをうかがってもいいですか? 
まい : 「しようよ」、で。(笑)
稲垣 : じゃ、「しようよ」で。
まい : はい。お願いしま〜す。
稲垣 : は〜い。じゃまたおハガキ、出してくださ〜い。
まい : は〜い。失礼しま〜す。

るんるん曲:しようよ

(つづく)

posted by alfa at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

「稲垣吾郎のストスマ」−吾郎の腰痛(3)

『稲垣吾郎のストスマ』

10月25日 (レポ)

(つづき)

稲垣:
続いて、ペンネーム、さなえさんで〜す。

(ハガキ)
え〜、吾郎ちゃん、こんばんは。東京ドームのコンサートで、「吾郎ちゃんが腰を痛めた。」と聞いて、とっても心配です。え〜、観に行った人は、みんな「腰が痛いなんて気づかなかった。」って言われていて、ファンにそれを感じさせない、吾郎ちゃんのプロ意識の高さに、凄い、ビックリです。

稲垣:
というお便りですけれども。は〜い、何かこのハガキがいっぱい来てるみたいなんですけれどもねぇ。

これあの、MC中に、中居君が、ちょっと喋ったんですよねぇ。何であそこで僕の腰の話しをしたのか、よく分かんないんですけどぉ。(笑)う〜ん。

まぁでもあの〜、実際、ちょっとこう、コンサートの、前…日ぐらいからかなぁ? 何か、あの〜、まぁ「ぎっくり腰」って中居君は言ってましたけど。ぎっくり腰っていうのはちょっと大袈裟なんですけどね。

ちょっとまぁ、腰を、何となくこう、いろんなこう、仕事…をしていく上で、ちょっと疲労が溜まっていたのか、何かある一瞬ギクッ!ってこう、痛めたってわけではないんですけどね。まぁちょっと疲れも溜まっていたのかなぁ〜っていうのも、あるんですけれどもねぇ。う〜ん。まぁそんなに弱い方でもないんですけれども。

まぁ、たまにありますよね、そういうこともね。う〜ん。

そう、それでまぁちょっと、コンサートの初日…ぐらいに、「あれぇ〜? 痛いなぁ〜。」なんて思いながら。

まぁそれでも、まぁいろいろと、ねぇ、コンサート、のスタッフの中には、いろんなトレーナーさんとか、ねぇ、そういう人もいるので。まぁいろいろと診てもらって、う〜ん。まぁ、なるべく、ねぇ、お客さんにそういうのを気づかれないように、何だろうな、最大のパフォーマンスが発揮出来るように、う〜ん、ライブやったんですけれども。

でもねぇ、これはまぁあの〜、ほんとに、思ったんですけど。やっぱ本番に入るとぉ、やっぱファンの方、あ〜やって目の前に、大勢居て、あんだけ喜んで、声援を、感じると、痛み、飛んじゃいますね、ほんとに。う〜ん。

あの、ほんとに思いましたねぇ。不思議ですねぇ、こう本番の力っていうのは。やっぱりあの〜、お客さんいなかったら、ほんとに成立、しないもんだし、コンサートっていうのは。これみんなメンバーほんと言ってることだし。う〜ん。

ほんとに「ファンの方に助けられた。」っていう気持ちでいっぱいですね。は〜い。

まぁまぁまぁ、でも、気にされてるファンの方もね、いると思うんで。まぁいろいろ、まぁお話ししたんですけれども。

まぁそういうことも考えて、コンサートのMCはした方がいいですよね。は〜い。


今週の1曲目は、「ストスマ」でおかけするのは、久々ですね。聴いてください、SMAPで、「SHAKE」。

るんるん曲:SHAKE


兵庫県にお住まいの、ヒーコさんです。

(ハガキ)
先日、木村君のラジオに、「会場から一番先に帰るのは、誰?」と質問があり、木村君は、「吾郎ですねぇ。」と答えてて、「その時、吾郎ちゃんはハンパない。衣装を着たまま、『大丈夫です、大丈夫です。』とか言いながら、シャワーに直行して、(笑)衣装全部脱いで、シャワーを浴びて、(笑)髪拭いて、あっという間に私服に…。」と話していました。

終わると、すぐに帰っちゃう吾郎さん。ライブの余韻に浸ってますかぁ?切り替えが早いので、気になります。(スタッフ:爆笑)

稲垣:
や、それ、余韻は浸ってますよぉ、(笑)そりゃぁ。帰りの車でだってさぁ、ホテルに帰ってだって余韻に浸ることは出来るじゃないですかぁ。

切り替えがは、早いんですよ、僕はもう。スパスパッ!ってもう。何だろう? せっかちなのかねぇ? でも確かに早いですねぇ。ってか、「みんな遅いなぁ〜。」って思うんですよねぇ。

誰が遅いかなぁ?もう、香取君とかなんかもう、3時間ぐらい(笑)帰ってないんじゃないかなぁっていうぐらい。(笑)まぁ、慎吾君の場合は、何かね、コンサートの、まぁ、演出、をやってるからね。スタッフの方とのこう、ダメ出しがあったりするんで。う〜ん。そうそうそう、何か、いろいろ残ることもあるんだなぁ、と思うんですけれども。

でも木村君も比較的早いですけどねぇ。僕の次に早いかなぁ。普段、テレビ番組の収録なんかでは、木村君、が一番早いですよ。ハンパないですよ、逆に。(スタッフ:笑)しかも木村君は(笑)ほら、楽屋を使ってないで、スタジオの前室、を控え室にしてたりするのでぇ。もう物理的にも早いんですよね。超〜早いですよ。

同じぐらいじゃないかなぁ〜? どっこいどっこいじゃないかなぁ〜? 吾郎さんと木村さん。

でもコンサートん時は、木村君はでも確かに終わって、アイシングをしたりとか。身体のケアとかするんで、ちょっと時間かかってる感じはありますけどねぇ。

慎吾君とか中居君は何かもう、終わって、洋服脱いで裸で、椅子に、もたれかかって、ダラァーッとして何か(笑)。何か真夏の、暑い時のお父さんみたいな感じで(笑)、スタッフと、いろいろ話してますけどねぇ。

僕はもう、座らないで、シャワー直行ですからねぇ。気持ちいいんですよねぇ、その感じが。早いですよぉ〜、もう。

やぁねぇ、おかしいですよねぇ、メンバーそれぞれ、そういうスタイルがあるっていうのはねぇ〜。

草なぎ君は何もしてないけど、何かボーッとしてますよ(笑)、終わって。スタッフと話してるわけでもないし。面白いですよねぇ〜。は〜い。

まぁそんな感じですけれども。は〜い。

(つづく)

posted by alfa at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

「稲垣吾郎のストスマ」−吾郎の腰痛(2)

『稲垣吾郎のストスマ』

10月25日 (レポ)

(つづき)

稲垣:
ロンドンからのお便りですねぇ。かずよさんです。

(ハガキ)
友人が、水森亜土さんの、ジャズライブを、観に行ったのらしいですが。SMAPとの共演話しが、出たと聞いたので、ご報告します。

亜土さんが今年の2月の「スマスマ歌謡曲」に、ご出演してくださった時に、え〜、吾郎さんは木村君と一緒に亜土さんとドクタースランプのアラレちゃんのテーマソングを歌いましたね。

え〜、亜土さんが言われるには、リハの時はコーラス隊も含め、テンションが低くて不安になられたそうです。ところが本番になると物凄く全力でパフォーマンスしてくれて、(笑)本当に楽しかったと、お客さんにお話しをされたそうです。

「プロなんだねぇ。」という話しを聞いて嬉しかったので、吾郎さんにどうしても伝えたくて。

え〜、「スマスマ」では、歌のゲストの方が来られるたんびに、歌詞も振り付けも毎回覚えなきゃいけないのは大変だと思いますが、リハの時間もあまり無いと思いますが。本番までのテンションはいつもどうやって上げているんですか?

稲垣:
というお便りです。は〜い。

そうですねぇ、水森亜土さんに来ていただいて、アニメ、歌謡祭みたいな。「スマスマ」のね、時だったと思うんですけれども。う〜ん。

まぁ本番までは、テンション低いでしょうね、SMAPのメンバー場合は。

まぁでも、やっぱこう、モチベーションの、持って行き方ってあるんでしょうね。でも、ゲストの方は結構ビックリする人もいるかも知んないですね。う〜ん。こういうやっぱりベテランの方とかって、何だろう、リハーサルから、全力で、やるみたいな。凄い、真面目な方多いし。

今、どっちかっていうと甘やかされちゃってる、世代なのかなぁ、(笑)僕らはねぇ、どうなんでしょうか。う〜ん。

まぁでも最大に本番で一番いいパフォーマンスを発揮したいという、思いもあって、本番までは、ちょっとこう、抑えたりとかね。

ただゲストの方に迷惑をかけちゃいけないのでね、その辺の配慮も勿論必要だと思うんですけれども。

ちょっと亜土さんには失礼なことをしてしまったのかな〜っていう、ねぇ、このおハガキから、すると、そういうことをちょっと察しますけれどもねぇ。失礼いたしました。う〜ん。

まぁでも、そうですねぇ〜、普段はどうなのかなぁ〜? う〜ん…。まぁでもやっぱり、本番、と、リハーサルは、違うから。まぁ勿論ゲストの方もね、違うとは思うんですけれどもねぇ〜、う〜ん。

まぁでもやっぱり、本番までに、リハーサル、を、4回とか5回ぐらいはやったりするんですけれどもぉ。一番最後のリハーサル、ランスルーって言ったりするんですけどね。そん時はもう結構全力で、やってたりしますよねぇ。う〜ん。

そう、まぁ、メンバーによってやっぱその持って行き方っていうのはね〜、それぞれ違うとは思うんですけれども。う〜ん。

まぁでもなるべくゲストの方にはね、気持ちよく、パフォーマンスをしてもらって、気持ちよく、帰って、もらいたいな〜と思いますのでねぇ。

あと結構みんな、メンバー、意外と、シャイだったり、するんでねぇ。うちのメンバーって。本番までそんなに会話しなかったりするんですよねぇ、ゲストの方と。

比較的…、僕とか木村君は…、そういうとこ少し、ちょっとリハーサル中に、世間話をゲストの方としたりとか、今や、ねぇ、これからやるパフォーマンスについて、こう、いろんなお話しを、ディスカッションしたりとかっていうのは、やったりしますけどねぇ。う〜ん。

多分、お喋りなのかも知れないですね。う〜ん。いい意味でちょっとこう、ミーハーなとこもありますしね。ゲストの方とお話ししたいな〜って気持ちんなったりするんで、お話ししたりしますけど。

まぁメンバーそれぞれいろんな、ねぇ、収録の臨み方があるんですけれども。は〜い。

いかがでしょうか? 

(つづく)

posted by alfa at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

「稲垣吾郎のストスマ」−吾郎の腰痛(1)

『稲垣吾郎のストスマ』

10月25日 (レポ)

(※ 諸事情により、ポレを一部省略させていただくことがあります。)

<吾郎の腰痛>

稲垣:
え〜、ラジオネーム、海の香りが好き、さんです。

(ハガキ)
え〜、私は、タバコの匂いに敏感です。嫌いな方です。それが最近使い始めた蚊取り線香の燃えカスが似ててビックリ。親には「気にし過ぎ。」と言われますが、どうも気になるので、お香でかき消しました。

嫌いな匂いには特に敏感になると思いますが、稲垣さんは苦手な匂いってありますか?

稲垣:
僕もタバコ、かな。う〜ん。タバコ…の匂いは、好きじゃないなぁ〜。う〜ん。でも蚊取り線香って、意外といいに匂いだと思いますけどねぇ。タバコに似てるかなぁ? 

こないだあの〜、ポップアップトースターでパンを焼いてたら、どうも焦げ臭いなぁと思って。前に、パンを焼いた時に落ちちゃってるカスとかが燃えると、焦げ臭くなりますよね、パンくずが入ってるとねぇ。それ逆さにしてコンコンコンコーンて、取り出したりしてたんですけどねぇ。(笑)は〜い。

好きなんですよねぇ。まぁあのオーブンで、パン焼くよりも、ポップアップトースターでポーン!って上がって来る感じが、は〜い。

まぁでも嫌いな匂い、まぁう〜ん、嫌いな匂いの近くには、行かないっていうことが、しかないんじゃないでしょうかねぇ? う〜ん。

(つづく)

posted by alfa at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

「稲垣吾郎のストスマ」−10年ぶりのギター(4)

『稲垣吾郎のストスマ』

10月18日 (レポ)

(つづき)

稲垣:
広島県にお住まいの、えみこさんです。

(ハガキ)
え〜、吾郎君、「おじゃマップ」の名古屋でのコンサートのプロポーズを観ました。え〜、吾郎君、映ってましたけど、背中、シャツ出てましたねぇ。(笑)更に、2年前の剛君の、「草生活」の時の、見返してたら、それも出てました。ベストがあるからと、油断しないでください。後ろ入れんの苦手ですか? 

稲垣:
っていう。(笑)「本日、21歳誕生日」っていう、方。21歳の、方に注意されてしまいましたけれども。確かに。

でもねぇ、シャツ、これ、踊ってると、出やすいんですよねぇ。特に今回あの〜、分かりますよ、このベストを着てシャツ着てるところですよねぇ? 確か。ジャケット着てネクタイして。あそこのシャツがやったら出やすいんですよねぇ。

あと意外とコンサートだとぉ、イヤモニターつって、イヤモニ、所謂、こう、耳から、音楽が流れるもの、ズボンの下にしてるんでぇ。結構シャツが出やすいんですよね。中に1枚、かましてある状態なんで。う〜ん。

あのねぇ、他のメンバーも出てるから、別に。うふっ。(笑)あでもまぁ比較的…、僕は気をつけてる方だとは思ったんですけれどもねぇ。

でもねぇ、僕も結構嫌なんですよ、シャツ出んの。何か普通にブルゾンで中にTシャツ着ててもぉ、後ろからちょっとこのシャツが出てるだけでも、ちょっと嫌だったりするんですよねぇ。だから背中だけシャツ短くしたりとかもするんですけどねぇ。う〜ん。

「そんだけやってて、何でこんな出てんだ?」って話しですよねぇ。大きなお世話ですよ。まぁ(笑)でもねぇ。

あと最…、一番いいのはぁ、まぁ、これはあの、カッコ悪いネタ話しなんですけどぉ。シャツの先に、ゴムを付けんですね。あのシャツの先端にぃ、まぁあの〜、ループさせて、輪に、輪にして、ゴムを付けるんですね。それを履きながら、シャツを着るんですよ。そう。そうするとぉ、シャツ、絶対に出て来ないっていう。

これはぁ、郷ひろみさんとか、やってるとか言いますよねぇ。結構こう、う〜ん、ショービジネス界では多いんじゃないですか? 昔から。(笑)ミュージカルとか。踊ったりする人は結構やるんですよね。ただ「何かカッコ悪いよ。」みたいな感じで、やらない人が多いけど。

(スタッフ:逆サスペンダーみたいな?)そうそう、逆サスペンダーみたいなもんかな? 確かに、う〜ん。

まぁ、僕もねぇ、ちょいちょいたまにやってますよ。でも「どこでやってる。」とか言うとぉ、「今やってんだろうな?」って想像されんのも嫌だし。SMAPさんのカッコいい、大切なステージにね、何か傷をつけてはいけないですから。は〜い。

まぁ普段はなかなかやらないですけど。ライブん時はたまにやったりしますよね。あと舞台ん時とかねぇ。は〜い。

まぁでも、ご指摘、ね、ありがとうございました。
posted by alfa at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

「稲垣吾郎のストスマ」−10年ぶりのギター(3)

『稲垣吾郎のストスマ』

10月18日 (レポ)

(つづき)

稲垣:
え〜、兵庫県にお住まいの、ラジオネーム、ヒーコさんからのお便りです。

(ハガキ)
吾郎さん、今回のツアーで「Drink SMAP」以来? 10年ぶりにギターを、弾くことになったと聞きました。ブランクもあって、練習は大変んだったと思います。吾郎さんにずっとギターを弾いて欲しいと思っていたので、す〜ごく嬉しい思いがいっぱいです。

そこで質問です。今回10年ぶりにギターを弾こうと思ったきっかけは何ですか? 

稲垣:
は〜い。や、きっかけはねぇ、ほんとにこの番組じゃないかなぁ? だって、この番組で結構「ギター弾いてください。」って、お便りが、来てたじゃないですかぁ。でもこの方も送ってくれたのかもねぇ? その当時もね? う〜ん。

あの〜、やっぱりそういうファンの方、の声で、あ〜何か、ねぇ? やっぱり望んでくれてるんだったら、ちょっと頑張って練習して、披露したいなぁなんて思っていたんで。やらせてもらったんですけれども。う〜ん。

確かにねぇ、10年前ぐらいには、結構よく、ちょいちょい、弾いてたんですよねぇ〜。う〜ん。最近ず〜っと、ちょっとご無沙汰だったんですけれども。う〜ん。

まぁでもそれこそあの〜、何か、ね、ちょっとあの〜、まぁ、ねぇ今回やっぱツアーでやっぱな、なるべくこう、新しいことをねぇ、やって行きたいな〜っていう思いもほんとに、あるのでぇ。う〜ん。まぁ草なぎ君なんかも前、ピアノ弾いてたりとかね。う〜ん。まぁみんないろいろとこう、チャレンジしたりとかしてるんで。う〜ん。と思ってねぇ、やらせてもらって。は〜い。

まぁでもやっぱり、最初はねぇ、凄い難しかったですね。あの〜、やっぱ久々にギター弾いたんで。ギターって弾いてないと、ほんとに、指先が、痛くなるんですねぇ、弾く時に。う〜ん。あの〜、硬くなってくんですよね。今まだ硬い状態だと思うんですけどぉ。そう。マメまでは行かないんですけどねぇ。この〜、指先が、ギター、抑える方ですね。結構最初は痛かったんですけれども。う〜ん。

まぁでもやっぱり、何か昔、若い時に覚えたことって意外と、覚えてるっていうか。凄い何か楽しく、ライブで、やらせて、もらってますねぇ。

まぁ今後も、ねぇ、あの〜、ちょっと、ねぇ、メンバーだと木村君も、ギターを弾いたり、香取君も、ウクレレを弾いたりね、するんで。何か、ちょっとこう、まぁいろんなことやって来てるSMAPではあるんですけれども。

ねぇちょっと、楽器、ミュージシャンな、SMAPっていうのも、面白いでしょうし。ねぇ、何か曲とか作ったりとかっていうことも、やっぱり、ねぇ、興味あったりするんでねぇ。ギターとか出来てるとやっぱいんじゃないかな〜と思うし。は〜い。

そんな感じですけれども。ねぇ。

(つづく)

posted by alfa at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「稲垣吾郎のストスマ」−10年ぶりのギター(2)

『稲垣吾郎のストスマ』

10月18日 (レポ)

(つづき)

稲垣:
芦屋市にお住まいの、ひろみさんからのお便りです。

(ハガキ)
え〜、コンサートのMCで、木村君に、ゴリーぱみゅぱみゅの写メを送ったことをバラされていましたが。木村君が保存してくれてるぐらいだから、凄く可愛かったんでしょうね。

で、ぱみゅぱみゅ以外に、これまでいったいどんな写メを木村君に送って来たのか、教えてください。

稲垣:
う〜ん。は〜い。そう、コンサートのMC。ちょうどこの方、コンサートに来られたんでしょうねぇ? 

何かメンバーとの、ちょう、ちょうど何か、iPhone、みんな、ねぇ、コマーシャル、ソフトバンクやらせてもらってて。「iPhon5にメンバーがみんな変えたんだよ〜。」みたいな話にした時に、たまたま、こう、インターネットや、ねぇ、写真を撮って送る、そういう会話が、繰り広げられてたと思うんですけれども。

そう。これねぇ、なん、何だっけなぁ…? あのねぇ、元々ぉ、何か、レディー・ガガが来た時にぃ、何か、普段絶対そういうこと無いんですけどぉ。もうめちゃめちゃミーハーになっちゃって、やっぱり。さすがにレディー・ガガ、来たっていう感じで。

マイケル・ジャクソンさんが昔、来ていただいた時、以来ですね。

まぁほんとにあの〜、レディー・ガガさん、まぁファンではあったんですけれどもぉ。何か帰り際あの〜、2ショットで写真撮ってもらったんですね。あの〜、草なぎ君の、iPhoneか何かで。(笑)

たまたま僕はそん時、サインを書いてもらおうと思って、楽屋に行っただけだったんですけど。カメラ持ってたの、草なぎ君で。まぁみんなでこう、写真を撮って。う〜ん。

それはあの〜、木村君に、何か、次の日、こうメールで、「昨日、レディー・ガガ、楽しかったねぇ。」みたいな、メールのやりとりをした時に、(笑)写真を、添付さしたんですよ。したらそれがうまくくっついてなくてぇ。う〜ん。「どうだったぁ? レディー・ガガと俺。ひそかに写真撮ってたんだぁ、2ショットでぇ!」みたいに木村君に言ったらぁ、「やぁお前、何か、レディー・ガガ、最高だったね、っていう、メールの文章しか来てないよぉ。」みたいに木村君に言われて。「あ、そうなんだぁ!?」つって。「え? 僕の携帯から、添付されないのかなぁ?」みたいな感じで、「試しにちょっと、いろんな写真送ってみるねぇ。」っていう時にぃ、ちょっと洒落でぇ、ごりーぱみゅぱみゅの写真を送ったっていう、だけなんですけどね。う〜ん。

まぁまぁまぁでもあの〜、だから送った時に目の前に木村君、いたんですよ、そん時。何か「ミュージックステーション」の、楽屋か何かだったんですけど。

でその〜、目の前でこう、送られるかどうか送った時に、う〜ん、結構、木村君、笑ってましたからねぇ。うん、なかなか、ウケをとれたんじゃないかなぁと思ってますけれども。

ただあの、木村君これ、保存はしてないですね、絶対に。「保存してくれてるくらいだから。」(笑)ってありますけれども。ねぇ、保存まではしてくれてなかった。その場でちょっとこう、ちょっと洒落で、送っただけなんですけれども。

まぁあとはねぇ結構、そうだなぁ〜、まぁ、メール、たまにまぁ、確かに、ねぇ、やりとり、メンバー同士、したりもするけれども。う〜ん。

まぁ一度、一番木村君に、嫌がられたのは何か、家の、花の写真を送った時に、(笑)「お前何でお前、男から(笑)、花の写真送って、(スタッフ:笑)もらわなきゃいけねぇんだよ。」みたいな感じに、言われた記憶がありますけど。

あ〜、あとこないだぁ、そうだ、思い出した。何か、表参道の交差点を車で走ってたらぁ、何か、新しい木村君のドラマのね、「PRICELESS」、のポスターが貼ってあったんですよ。看板が。でそれを何かちょっと、車、こう、降りて、写真撮ったんです、僕。iPhone5の性能が凄く、カメラの性能がいいっていうことで。

でそれをぉ、その場で送りました、木村君に。「いいねぇ、この、看板。(ポスターかな?)」みたいな感じで。「お前、何でそんなとこ居んだよ。」みたいな感じに(笑)、言われましたけどねぇ。

まぁ因みに、横に「MONSTERS」の香取君の看板もあったんですけどねぇ。それは写真撮らなかったんですけどねぇ。(笑)(スタッフ:笑)は〜い。

まぁでもあの〜、表参道で、SMAPが、看板でドラマで賑わってる感じが、ねぇ、凄い、嬉しい感じもしましたけれども。

ねぇ、まぁその、まぁ香取君の、ね、山下君との主演ドラマ、TBS日曜劇場、「MONSTERS」が、21日ですね。日曜日夜9時からスタートします。初回は2時間スペシャルだそうです。で主題歌は2人が共同制作した、楽曲、コンサートでも歌われてますね。「MONSTERS」。11月にはCDリリースも、されます。

ということで、まぁ、こんだけ、宣伝しとけば、香取君も、許してくれるでしょう。(スタッフ:笑)

(つづく)

posted by alfa at 16:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

「稲垣吾郎のストスマ」−10年ぶりのギター(1)

『稲垣吾郎のストスマ』

10月18日 (レポ)

(※ 諸事情により、レポを一部省略させていただきます。)

<10年ぶりのギター>

稲垣:
まずは、え〜、ゆみこさんですね。

(ハガキ)
「『月刊スマスマ新聞』の5冊目が発売されましたね。毎月楽しみにしていたので、これで、終わっちゃうと、思うとちょっと寂しいですが。どの本も面白く、ファンにとっては大きな大きな宝物になりました。

その、イエロー本の中で、「今までやってき来た中で面白かったコントは?」の問いに、「金だらい職人や、スリッパ職人。」とありましたが、え〜私は、とても面白かったし、今でも、大好きです。

稲垣:
というお便りです。

そうですねぇ、結構マニアックな、コント、なんですよね。何かとても、シュールで、僕は好きだったんですけどねぇ。

まぁあの〜、中居君、に対して突っ込む、っていうのが、まぁ今、普段といつもと逆みたいな感じで。まぁそれも何かちょっと新鮮に、思えたし。まぁ中居正広の頭をスリッパで思いっきり引っ叩くのが面白かったっていうだけなんですけどね。(笑) 

金だらい職人も、(笑)まぁあの、深い意味はあんま無いですね、そういった意味では。う〜ん。

までも観てる人も、意外と、新鮮に映ったんじゃないかなと、う〜ん、思いますけれどもねぇ。う〜ん。

まぁでも、ほんとに、たまにね、こう、の、突っ込みとボケを変えてみたりとかねぇ。何かそういうの、とても新鮮ですよね。ファンの方も意外とそういうの、好きですもんねぇ。は〜い。


埼玉県にお住まいの、しほさんです。

(ハガキ)
え〜、先月の「ストスマ」で、「『踊る大捜査線』、自分も出たことあるけれども、え〜、ファイナルに出た(笑)、香取君の方が、みんなの心に残るんだろうな。」と言っていましたが、(笑) 私は、「踊る」ファンでもあるので、断言しますが、え〜、吾郎さんが鏡恭一の役で、出演した、え〜、「歳末特別警戒スペシャル」は、ファンの間では、テレビシリーズに、次いで人気がありますよ。

張り巡らされた、伏線がパタパタとドミノの様に、回収されていく脚本も面白いのですが。え〜、「歳末」が評価されるのは、鏡君のキャラもあります。鏡君の手錠をかけられた、後の表情は、秀逸です。

え〜、吾郎さんの鏡君は、吾郎さんファンの間でも人気ありますよ(笑)。 ファイナルの香取君も勿論良いですが、「踊る」ファンの間では、「歳末」も、凄く人気です。そのことを知って欲しくてメールしました。

稲垣:
す〜ごい(笑)、凄い情熱が伝わって来ますねぇ。もう1回言えば分りますよ。(スタッフ:笑)「歳末」も良かったんでしょう?(笑)(スタッフ:笑)ありがとうございます。

まぁまぁまぁまぁまぁでも、仲間由紀恵さんなんかも出てたり、原、沙知絵さんとかねぇ。結構、こう今ビッグんなられた、う〜ん、俳優さんも出てたりして。結構、確かにファンの間では、う〜ん、秀逸な作品と言われてるのかも知れませんけれども、ねぇ。 

この、しほさんもかなり「踊る大捜査線」ファンなんでしょうかねぇ? これ、僕の、ただファンな、だけだったら、ダメですよ! こんなこと言っちゃ。それだって、贔屓するのが、当たり前じゃないですか。だって、僕のファンだったら。 (スタッフ:笑)ほんとに「踊る」ファンでぇ(笑)、平等に作品を観た中で、言ってくれてるんだったら嬉しいですけどねぇ。う〜ん。なるほどね。

因みに、この鏡君ていうのは、これ僕の何か、イメージから、鏡をよく見るとか、そういったところからねぇ、脚本の、君塚さんが、書かれたみたいですけれどもねぇ。で何か、こん時、髪型に、凄くこだわる、役っていう。まぁ何か、結構自分のパブリックイメージとリンクさせてる、ものもあったのかも知れないんですけど。

で、髪型を、何か朝、1時間ぐらいセットしてる役っていう設定だったんだけど。意外と普通の髪型してんですよ、僕、そん時。 それを何か織田裕二さんに、「その髪型、(笑)全然こだわってるように見えないよねぇ。(笑)」って言われたのが凄く印象的で。(スタッフ:笑)は〜い。

ということで、え〜、2枚、2つのお便り、ご紹介いたしました。


今週の1曲目は、スマップで、「This is Love」。

るんるん曲:This is Love

(つづく)

posted by alfa at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

「稲垣吾郎のストスマ」−メンバーとキス(2)

『稲垣吾郎のストスマ』

10月11日 (レポ)

(つづき)

稲垣:
千葉県のかおいさんからです。

(ハガキ)
え〜、この前の「スマスマ」で、剛君と一緒に、慎吾君のほっぺにキスしていましたね。今思うと、吾郎さんは慎吾君とキスしたりキスされたりすることが多い気がします。

メンバーとキスしたりされたりする時の心境ってどんな感じですか? 

また「唇の感触がいいなぁ。」と思うメンバーはいますか? いるとしたら誰ですか? 

稲垣:
知らないよぉっ! これもぉ!(スタッフ:笑)何か、この番組、他のメンバーに聞けないことを僕に聞こうとしてない? ファンの方が。まぁでも他のメンバーが他のラジオで言わないようなことを、ここ僕が1人で喋って、ねぇ、この、ラジオの、こう得点を稼いでいくっていう。そういう戦法でいきたな〜って思っているんでね、実際ね。う〜ん。

でも、唇の感触はさすがに(笑)分からないなぁ。唇は、無いんじゃな〜い? あんですかぁ? 香取君と。ほっぺとか何かふざけて、ありますけどねぇ。

木村君や中居君は無いですよねぇ。本気で嫌がりそうですもんね。中居君なんか(笑)ほんっとに嫌がりそうですから。冗談でも出来ないですよね。う〜ん。人をするように、仕向けることはしますけどねぇ。う〜ん。

実際は中居君とした人とかされた人って、あんまりいないんじゃないかなぁ、メンバー同士で。ねぇ〜。

あと実際、ビストロだと、オーナーですからねぇ。キス、されたりもしないしねぇ。あんまり中居君のキスシーンて見れないですね、そういった意味ではね。う〜ん。

やぁやぁやぁやぁやぁ。までも何かたまに、男の人とこう、お芝居でキスしたりとか。ねぇ、ちょっとこう、バラエティーのハプニングで、あったりしますけど。

唇のこう、感触、粘膜の、しっとりとした感じとかって、男、も女もあんま変わんないんですよね、実は。男とぉ、キスした経験の多い僕からすると(笑)、そう思うんですけど。ねぇ。

まぁまぁまぁ、そんな感想です。
posted by alfa at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

「稲垣吾郎のストスマ」−メンバーとキス(1)

『稲垣吾郎のストスマ』

10月11日 (レポ)

(諸事情により、レポを一部省略させていただきます。)

<メンバーとキス>

稲垣:
ラジオネーム、しめみさんです。

先日、木村君が、「ジャニーズの同期って誰ですか?」との質問に、「自分の同期は、吾郎だけ。他のグループにもいない。」と言っていました。オーディションの日に、コーヒー牛乳飲んでたら、吾郎ちゃんのお姉さんにサインを、お願いされた話しもしていました。(笑)

慎吾君とも、オーディションの日に会っている話しを吾郎ちゃんと慎吾君、両方から、え〜、聞いていたので、少々混乱しています。

オーディションの日は3人一緒で、事務所に入った日が、一緒なのが木村君と吾郎ちゃんなんですか? 

かなり昔のことですが、覚えていることがあったら教えてください。

稲垣:
ってさぁ、そんなこと、知りたい!? (スタッフ:笑)面白いなぁ〜。知りたいのぉ? 

あのほ〜(笑)、多分僕の記憶が確かならばぁ、1987年のぉ、11月の上旬なんですよね。要するに木村君の誕生日前後なんですよ。僕は13日かな〜と思ったんですけどぉ。これ木村君の誕生日で、ドンピシャんなってしまいますんでぇ。ドンピシャではないと思うんですね。15日だったのかなぁ? う〜ん。

ちょうどその日は光GENJI、先輩の、光GENJIのみなさんの「ガラスの10代」の振り付けがあったんですよね。テレビ朝日の第1リハーサルで。そう。(スタッフ:笑)それも同じ日だったんですよね。

でぇ、まぁちょっと話し混乱さしてしまいますけれどもぉ。僕と香取君がぁ、同じ日だったんですね。日比谷線のぉ、六本木駅に降りた時にぃ、彼は逆の方から来てんで。向こう側のプラットホームに香取慎吾君が歩いてたんですよねぇ。向こう側のホームにも、何かジャニーズのオーディションに行くような、ちょっと可愛らしい、少年がいるな〜なんて思いながら。六本木のテレビ朝日の第1リハーサル室に行って。

そしたら案の定、その、香取君、がお母さんと居てね。で僕と香取君が同じ日だったんですね。でまぁ何かお話しをしたりとかして。

で僕はお姉ちゃんと一緒だったんですけどね。う〜ん。まぁ厳密に言うと、うちのお姉ちゃんと、お姉ちゃんの友達もいたんですけどね。(笑)まぁそんなことはどうでもいんですけど。3人、いて向こうは、まぁ香取君と母親がいて。う〜ん。

でその日にぃ、木村君も一緒だったんですね。

だからぁ、オーディションに入った日もぉ、事務所に入った日も、同じ日なんですよ。

したら何か、木村君はぁ、そん時、僕の記憶…しかないみたいなんですね。で慎吾もぉ、そん時、木村君の記憶がないみたいなんですよ。確か。う〜ん。

だからこういう、話しがグチャグチャになっているっていう。(笑)

あのさぁ、「どうでもいいよ。」って最初に言った割りには凄く親切に答えてる僕って意外と優しいですよねぇ。う〜ん。そうなんですよ。

まぁだから3人、同じ日のね、オーディションだったわけですよねぇ。

ただジャニーズって結構こう、何かその辺が曖昧でぇ。オーディション、どっから事務所に入ったかっていうのが、意外と曖昧なんですよね。「はい、あなた、今日からジャニーズですよ。ジュニアですよ。」とかっていう、会社と違いますから。何となく、「じゃぁ次も、またレッスン来なよ。」とかって言ってるうちに、「あ、俺レッスン通ってるってことは、ジャニーズ、ジュニアの、仲間入りしたのかなぁ〜?」みたいな。

何かそんな感じで、曖昧な感じなんですね。ふわ〜っとしてんですね。う〜ん。

だから何か、事務所に入った日が、っていうのは、そういった意味ではその〜、オーディションの日なのかなぁ〜? やっぱり。う〜ん。

っていう意味では3人一緒ですよ。これって、運命的ですよねぇ〜。その1987年の、11月に知り合った人間と、もう、25年ですよ! 凄いですよねぇ。

ま最後に、言っときますとぉ、これ僕の記憶も定かではありません。ん、何となくです、多分。(笑)多分ね。90パーセントぐらい合ってると思うんですけどね。は〜い。

あの香取君がいたのはぁ、勿論、正確なんですけれどもぉ。う〜ん。あ〜でも、木村君、俺見てるからなぁ〜。じゃぁ、確かなんですね。

あの〜、その日結構ねぇ、人が多かったんですよね。その日だけでもオーディションに、来た、ジャニーズジュニア志望の、子達はやっぱり、10人以上は居て。既に、第1リハーサル室でそれを、毎週レッスンをジュニアがしてるんですけれども。そのジュニアがその第1リハーサル室に、100人ぐらい、居たんですね。

そこに10人がちょっと混ざって、一緒に踊りながら、全く分かんないのに。う〜ん。そこに、社長が入って来て、「あ、その10人は、この、100人のうち、ど、どこにいるのかな?」みたいな感じで。見ながら何か、オーディションするっていう感じなんですけどね。

所謂、何かこう、1人1人面接をしてオーディションみたいな形ではないんですよねぇ〜。何か、全てがふわ〜っとしてるというか。最後、終わった後に、ねぇ、「来週もレッスン、来なよぉ。」ってジャニーさんに、僕と香取君が言われたんでね。それで、行くようになったんですけど。

その、言われた時にも近くに木村君はいなかったりしたんでぇ。やっぱ100人もいるような部屋だったんでね。だから何かみんな記憶が、パラパラしてるんだと思うんですけれどもねぇ〜。う〜ん。懐かしいなぁ〜。

まぁでもねぇ、その次の週か何かでね、またうちのお姉ちゃんが、律儀に僕の、レッスンに付いて来てくれた時に、木村君にサインをもらったのは今でも忘れないんですけどねぇ〜。

「木村拓哉」って、普通に漢字でサインしたんですよね、木村君がねぇ〜。う〜ん。

やぁやぁやぁ、懐かしいというかねぇ〜、ほんと運命的な、出会いですよねぇ、そう考えていくと。は〜い。

楽しんでいただけたでしょうか? 

(つづく)

posted by alfa at 17:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

「稲垣吾郎のストスマ」−新ユニット結成(4)

『稲垣吾郎のストスマ』

10月4日 (レポ)

(つづき)

稲垣:
福井県にお住まいの、ひろえさんです。

(ハガキ)
え〜秋と言えば読書の秋。吾郎君もいろいろな、方の本をよく読んでますよね。私も、吾郎君、の、お薦めの本を必ず読むようにしています。え〜、その時、いつも単行本にするか文庫本にするかで悩んでいます。結局、え〜、単行本を買っています。ちなみに吾郎君は単行本…派ですか? それとも、文庫本派ですか? 

稲垣:
単行本か文庫本かっていうと…、そうだなぁ、う〜ん、まぁでもやっぱりぃ…、単行本、買ってしまいますよねぇ。折角だとねぇ。折角だとっていうか。う〜ん。

あ、ま、ちなみにね、単行本とは、文芸誌で発表された作品を、ハードカバーにして出版した本。ね。文庫本とは、単行本が出版されてから、1年から3年、まぁ一般的には3年後に、単行本よりも一回り小さいサイズで安く売られている本。

で、え〜、書き下ろし作品とは、え、文芸誌で発表されたものではなくて、オリジナル作品が、単行本や文庫本に収録された本という。

付け加えて、ご説明さしていただきますと。

まぁでも、ほんとに、気に入った本とか、は、やっぱこう、単行本で、欲しいですよね。で文庫本で知り合って単行本を(笑)買い直すとかもありますしぃ。もう全然マチマチですよね。あんまり正直、こだわりは僕は無いかも知れないです。う〜ん。

そうですねぇ、まぁでも読むのはやっぱり文庫本の方が読みやすいし、(笑)移動の時とかはねぇ。う〜ん。

で、文庫本だと何か、ちょっとこう、人に頂いたり、気に入ったブックカバーを、僕は持っているので。革で出来た。それに付け替えて、読んだりするんで。案外文庫本も何か、好きですけどね。う〜ん。

ただ最近はやっぱり単行本が多いですよねぇ。番組では新しい、新刊を紹介することが、多いのでね。う〜ん。なるほどねぇ。

こないだあの〜、赤川次郎先生が、「ゴロウデラックス」にゲストに来てくださって。最後にあの〜、プレゼントで、革でこう、パッケージされた本をプレゼントしてくださって。う〜ん。凄い立派でしたねぇ。

あと古〜い作品とかだと、単行本とかでカバーも付いてんのとかね。カパッてね。う〜ん。何かああいう雰囲気いいですよねぇ〜。う〜ん。

なるほどねぇ。まぁいろいろありますけれども。どちらでも何か、その用途に合わせてっていう感じが、いいとは思いますしね。まぁ気に入ったもんは勿論単行本でとっとくっていうのはほんとに、いんじゃないかなぁ〜と、思いますけれどもねぇ。デザインとかも変わって来ますもんね。絵のね。う〜ん。

は〜い。ということで、読書の秋なんでね、みなさんも読書に触れてみてはいかがでしょうか? 
posted by alfa at 23:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

「稲垣吾郎のストスマ」−新ユニット結成(3)

『稲垣吾郎のストスマ』

10月4日 (レポ)

(つづき)

稲垣:
さてさて、そんな香取君がですねぇ、新ユニットを結成しました。香取慎吾、山下智久。2人が共同制作した楽曲、「MONSTERS」が、TBS日曜劇場「MONSTERS」の、主題歌に決定した。11月にはCDもリリースされます。そのCDにはですねぇ、あのピンクレディーのぉ、名曲、「モンスター」の、カバーも収録されてると。モンスターに引っ掛けたって感じですよねぇ。う〜ん。

え〜、ピンクレディーの「モンスター」。じゃ、モンスターモンスター、なんですね。へぇ〜。あ、でも香取君のは一応「MONSTERS」、「S」が付きますよね。ピンクレディーの場合、カタカナで「モンスター」。う〜ん。まぁ、浦沢直樹さんの「MONSTER」、好きですけどね。あんま関係ない(笑)ですけど。う〜ん。

へぇ〜、凄いですよねぇ、新ユニット…、ねぇ。まぁドラマの方もね、楽しみですよねぇ。何か2人が、ねぇ、刑事役で、コンビを組むということなんですよね。う〜ん。それであの〜、まぁ、山下君が、香取君と、力を合わせてこの曲を、作ったんです、作詞・作曲。

これ最初、ドラマの主題歌になるって、決まってないで普通に作ったんですよね。だけど、まぁ、結果ドラマの主題歌に(笑)なれたという。凄いですよねぇ。う〜ん。

へぇ〜。まぁでも何かちょっとこう、楽しみですよねぇ、ドラマの方もねぇ。曲の方も凄いカッコいい、ダンサブルな曲で。ねぇ、2人の共演なんていうのを、ちょっと、あまりイメージ沸かないし。ねぇ。ユニットですから、こう2人で実際に歌って、歌番組とかにも出て行くわけですからねぇ。楽しみですよねぇ。う〜ん。

ということでじゃぁ僕は、ユニットを僕も組もうかな。あの〜、山田親太朗君と。(笑)「ゴロウデラックス」繋がりで。ねぇ? 

ねぇ、まぁちょっとドラマの方もね、この、みなさんとねぇ、一緒にこう盛り上げて行ければなぁと思ってます。

10月スタート、日曜夜、9時だそうです。日曜劇場でのスタートです。みなさん、よろしくお願いしま〜す。


(つづく)

posted by alfa at 17:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「稲垣吾郎のストスマ」−新ユニット結成(2)

『稲垣吾郎のストスマ』

10月4日 (レポ)

(つづき)

稲垣:
さぁ今、コンサート真っ只中なんですけれどもぉ。先日、名古屋、のコンサートで、「おじゃマップ」のロケが入りまして。ねぇ。もうこれオンエアーされたんで、観てくれているとは思うんですけれども。SMAPのコンサート会場で、カップルが、ねぇ、プロポーズして、っていうねぇ、凄い企画だったんですけれども。

ねぇ、香取君と、ザキヤマさんが、コンサートに、お邪魔して。まぁ香取君は、お邪魔してっていう感じではないか。(笑)ねぇ、ザキヤマさんが来てくれて、特別ゲストとして。でねぇ、ステージの上でのプロポーズ。

いやぁ〜、凄い、感動しましたよねぇ〜。う〜ん。

ちょうどあれは何かあの〜、ステージ上で、香取君がちょっとしたパフォーマンスをしていた、時に、「おじゃマップ」のコーナーとして、ちょっとコンサート、のライブを一時中断して、そのプロポーズ、タイムになってたんですけれども。

そんなわけで僕らはちょうどこう、普段、コンサートの、着替えとかする、その着替え場? 舞台の下にあるっていう、裏にあるというか。その着替え場でその模様を見てたんですけどねぇ。

もう、プロポーズで、ねぇ、彼が「結婚してください。」って、「分かりました。ありがとうございます。」って彼女が、答えた時に、もう目茶苦茶、僕ら盛り上がってましたねぇ。

ステージ裏であんなに盛り上がるってことあんまり無い、みんな、黙々と着替えたりとか。淡々と僕なんかドライヤーかけたりしてるんですけど。

ステージ裏であんなに盛り上がる、光景っていうのはなかなか(笑)無いんでねぇ。う〜ん。凄い、ある種ちょっと不思議な、雰囲気でしたけれども。凄かったなぁ〜。は〜い。

しかしねぇ、あのカップル、若いよねぇ〜。まだ22とか3ぐらいですよねぇ〜。う〜ん。何か末永く、お幸せに、過ごしてもらいたいですよねぇ〜。

若過ぎな〜い? 結婚するのに。大丈夫ですかねぇ? まぁでもSMAPコンサートで結婚して、万が一なんてことあったら、ねぇ? ちょっと、そんなことは無いようにしてもらいたいなぁとは思いますし。そんなこと話しても(笑)ダメですね、こんな時にね。

まぁでも若くして結婚だからねぇ、何か、ちゃんと、長く長く幸せになってもらいたいなぁ〜って思うんですけれどもねぇ。う〜ん。

いやいやいや、凄かった凄かった。

で終わった後もね、ちょうどあの〜、舞台はけて来た時に、ザキヤマさんと香取君と、その2人のカップルがいて。ねぇ、う〜ん。

僕が最初、その場に着いちゃったんですけどね。コンサート終わって、「バイバーイ。」って、ジャーンって終わった後、僕、やたらはけて行くの早いのでぇ。まぁちょっと、「早くシャワー浴びた〜い!」みたいな、感じで。(笑)

勿論余韻には、心ん中では浸ってるんですけれども、身体は余韻に浸ってないみたいな感じで。急いでね、舞台から、(笑)帰って来る途中に、最初に僕が、香取君とその2人にねぇ、会ったんですけれども。その後木村君や草なぎ君も来てねぇ。何か祝福してまぁ、そんな模様もあったんですけれども。は〜い。

いやいや、まぁまぁでも、ねぇ、面白くて盛り上がったんじゃないでしょうかねぇ〜? やるなぁ、「おじゃマップ」。は〜い。

(つづく)

posted by alfa at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 稲垣吾郎のストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする