2008年02月11日

野球選手のモノマネ

『金スマ』

山口美江さんの中華街のお店には、行ったことがあります。美江さんには会えませんでしたが。

ご無沙汰でしたが、ご苦労されたいたんですね。お父様の介護とかで。

芸能界にいた時も、プライバシーの無い、スキャンダルのターゲットにされるような生活は、耐えがたい苦痛だったでしょうね。中居君も、自分と重なるところがあると、思っていたのかな?

気になったのが、短髪を隠すための、あの帽子姿。どうなんだろう?微妙だったけど、見慣れてくると、ありかな?と…。

『ブラバラ』

中居君、どんだけ野球好きなんだろう?どんだけ選手の仕草とかを、見てるんだろう?あれだけの選手の、それぞれの特徴を捉えていて、瞬時にマネできる、しかも凄い似ているみたいだし。浩二さんのモノマネにダメ出ししてしまうし。もう、どんだけ野球バカなんだか…。

いやいや、凄い面白かった。お腹抱えて笑ったもん。こんなおバカな中居君が、私には必要だ。
posted by alfa at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

雪花氷(シェホアピン)

『金スマ』

やっぱ、ただの感動物語だけじゃ終らせない、中居流のオチが…。
100万円の赤字ということで、来年にも繋げるんんだ。
心の綺麗なヘルムートさん、お疲れ様でした。
新潟での、地震で被災された方々への激励と、雪花氷の提供、感動しました。

私も今日、雪花氷を食べて来ました。ヘルムート号にはついに会えず、しかたないので、横浜中華街まで行って、食べてきました。小さい店で、分かりにくかったですが…。
マンゴー味を食べました。それしかないみたいで…。ミルクアイスをかき氷にしたような、フワッとした食感で、美味しかったです。
posted by alfa at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

失敗作なんかじゃない

『金スマ』

中村中さん。
「友だちの詩」を去年、初めて聴いた時は、衝撃的でした。
15歳の辛い経験を、感受性を、歌に託して。
詞が深くて、あまりにも切なくて、自然に涙が溢れてきます。
性同一性障害って、障害ではないんですよね、多分。
「失敗作だから、もう1度生まれ直さなきゃ。」
…失敗作なんかじゃないですよ。
中さんの1番のファンである、お母さんからの手紙、心に染みました。

これからも、応援してます。
posted by alfa at 22:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

ガスコン

『金スマ』

久しぶりに、リアルタイムで観た。「金スマ」。
って言うか、他のほとんどの番組を、録画しっ放しで、週末にまとめて観るという生活が続いており、皆さんより、遅れをとってます。

新企画、女のハローワーク。
この切り口は面白い。興味あり。
日本女性の、世界に誇る職業を当てるという企画。
飯島愛ちゃんへの職業紹介も兼ねて、みたいな。

食品サンプルは、何となく分かりました。
中居君、インテリアとして、生姜焼きと唐揚げを、お家に飾ってあるんだ。
私も一度、合羽橋に行ってみようと思ってるんだけど…面白そうじゃない?
高層ビルのガラスクリーニングは、ムム、高所大好き症なんでしょうか?…私には考えられないお仕事。女性ながら、尊敬します。
葉っぱビジネスのおばあちゃん。これ、何かのテレビでやってたの、観たことあります。お年寄りが健康的に、ビジネスが出来て、車に葉っぱ御殿に…。微笑ましくて、素敵じゃないですか。

金妻。
小柳ゆき風の元気なセレブ奥様、3Dダンスがウケたのか、中居君。
で、ダーツ板が、「ガスコン」と来た。
その後、お腹のガスは、どうなったんでしょう?中居君。「ガスコン」の効き目はあったんでしょうかねぇ。
posted by alfa at 23:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

愛ちゃんのいない「金スマ」

『金スマ』

やっぱりどことなく寂しい。
愛ちゃんが抜けて。
裾金の頃の中居君。当然、愛ちゃんもその場に居たはずで。
編集でカットしたんだろうけれど。
何故か、しのぶさんも居ない。
「女の秘密」、それなりに笑えたけれど。
やっぱり何かが、物足りない。

老人介護は、深刻な問題だ。
高齢化社会になってきて、老人が老人を介護するという現実。身につまされる。
中居君自身も、人事とは思えないだろう。
彼の親も、そんな年齢にさしかかっている。
posted by alfa at 00:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

飯島愛ちゃん、ありがとう

『金スマ』

愛ちゃん、長い間、お疲れ様。
そして、沢山の愛を、ありがとう。

「金スマ」を観ていて、涙が止まりませんでした。
安住アナの号泣と、心からの感謝と、愛ちゃんを敬うメッセージ。真っ直ぐな安住さんの気持ちが胸に染みました。
愛ちゃんを見る眼が的確な高木さん。
素直で心優しいベッキー。
温かく見送るカリさん。
心からエールを送る、しのぶさん。
そしてそして、愛ちゃんにどんな言葉を送ろうかと、寝る前に考えていたと言う中居君。
「芸能界で、自分のサイズに合わない服を着なければいけない、それをしたくなかったのかな。愛ちゃんの気持ちを気付いてあげられなくて…これからは、自分に合ったサイズの服を着てほしい。」時折、唇を噛みしめ、涙を堪える中居君。
同い年なのに、中居君はお兄ちゃんみたいだという、愛ちゃん。
今までいろんな番組に出ていた愛ちゃんでしたが、「金スマ」の愛ちゃんが、一番素直で、好きでした。中居君を中心に、「金スマ」スタッフが醸し出す温かい雰囲気、優しさが好きでした。なので、愛ちゃんには辞めてほしくなかったです。「金スマ」だけでも。
木村藤子さんをもってしても、やっぱり愛ちゃんを引き止めることは出来なかったんですね。
何が原因で辞めるのかは、プライベートなことなので、詮索はしませんが、これからの人生、愛ちゃんが幸せでいてくれることが何よりです。

繊細で、聡明で、責任感が人一倍強くて、涙もろくて、心優しくて、頼りがいがある愛ちゃん、今までありがとう。
そして中居君を支えてくれて、ありがとう。

これからの人生が、愛ちゃんにとって、幸せな日々であることを祈って…
posted by alfa at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

飯島愛ちゃんのブログで

<飯島愛、ポルノ・ホスピタル>より

今日、3月18日付けのブログで、「金スマ」で、愛ちゃん、最後の収録があったと、記されていました。
もう、読んでいて、泣きそうになりました。
愛ちゃんの人柄と、「金スマ」チームの家族のような温かさとで…
中居君も、楽屋裏で愛ちゃんにかけた言葉も、…愛ちゃん、嬉しかったでしょうね。
凄く残念だけど、体調が回復したら、また是非、「金スマ」に遊びに来て欲しいですね。
posted by alfa at 17:12| Comment(1) | TrackBack(1) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

介護できる幸せ

『金スマ』

安藤和津さんの波乱万丈。
脳腫瘍になった母親の、壮絶な介護。

高木さん、「脳腫瘍って、人格が破壊されていく。憎悪とかわがままで。理性の部分とかが先に消えてって、労わりとか慈しみが消えていく。」
安藤さん、「人間のポジティブな部分が一切なくなる。その感情の起伏の激しさに、誰も付き合いが出来なくなる。気がついたら、友だちも家族もいない、という方が多い。最後は、凄く孤独な患者さんが多い。」

安藤さん、自分が赤ん坊だった時は、オムツを換えてもらって。今度はそれを親に返してあげる。恩返し。それに気付いて、「介護できることの幸せって、あると思う。どんな辛い作業(介護)でも、生きてくれてるから出来る事。親のオムツが取れる時は、見送る時。」

中居君、「自分が必要とされいる存在であることを、周りが仕立ててあげることによって…」

愛ちゃん、「私は出来ないと思う、正直言うと。…人として理解出来ない範囲になったら、(介護)出来ないと思う。」

中居君、「まあでも、こういう風に、自分のやっぱり生活とか、自分が生きることも勿論大事ですから。こういう方がいても、全然おかしくないと思いますし。」

先生、「今、考えてることが大切ですよね。」

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


今回は重いテーマだった。
私の友人にも、老人介護の仕事をしてる人がいるけれど。様々な症状の人がいて。大変だと、言えないほど、心身ともに疲れ果てると、言ってました。
「介護できる幸せ」って、言いきれる安藤さん、凄いです。勿論、そこに行き着くまでの努力は計り知れないと思うけれど。
私は愛ちゃん寄りかも。愛ちゃんの気持ち、分かる気がする。奇麗事なんて言えないもの。
安藤さんと、愛ちゃん、対極の意見だけど、両方の意見を尊重する中居君の心根、敬服します。
posted by alfa at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

スカートが落ちたっ!

『金スマ』

派遣社員が、正社員に対する不満、よ〜く分かります。私も派遣の経験があるので。って言うか、今でも、派遣ですけど。だから、ドラマ「ハケンの品格」の、大前春子さんの気持ちも、理屈も、分かるんです。”よくぞ言ってくれた!”っていう感じで。私は、春子さんほど、”スーパー派遣さん”ではないのですが。
実際、派遣社員は、即戦力が武器なんで、正社員よりも、よく働きますし、スキルもあるし。今日の「女の秘密」に出てらした方の話も、職場では、よくあることですよ。正社員は、派遣社員よりも危機感がなかったりもするんで。復讐したい気持ちも分かるし。
まぁこれは私の場合の気持ちなんで。一概には言えませんが…
この話は長くなるので、後日、改めて。

怒られたい、怒られ好き、怒られると嬉しい人、ドMなんですかねぇ?怒られたいために、わざとミスをする、って…、私には理解不能です。そのために仕事を失い、周りの人間や恋人が去って行って、一人ぼっちになるのが…それで、何が楽しいのか…、う〜ん、全く理解に苦しみますけどね〜。

鹿児島県の金妻さん。
女子高生の後ろで、女性のスカートが落ちたのにはもう、ビックリです。

アンジェラ・アキさん似の美人妻さん、とても知性的で。
中居君は、こういうタイプ、選ばないだろう、とは思いましたよ。

お土産の、かき揚げソバ、きびなごフライ、さつま揚げ。
中居君、食うのに夢中で。安住アナの解説はそっちのけで。「聞いてるよ〜、落語はやっぱりザコバさん。」ってね。

ダーツの中の、「あい〜んや、ぼい〜んや」。
出ましたね。サムガで言ってた、合言葉。でもスタッフはマニアック過ぎるよ。ラジオ聴いてない人には、何のことだかさっぱり分からないじゃ〜ん!
posted by alfa at 00:05| Comment(0) | TrackBack(3) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

新衣装と背中出し

『金スマ』

中居君がいないという設定で始まった「金スマ」。
ステージ衣装みたいな、派手だけど、カッチョいい衣装で登場。キメ顔。キメポーズ。
ジャケットを脱いで、背中がパックリ開いてるシャツがセクシー。もろ肌、肩甲骨、ゴチになりました。
ちょっと痩せた?腕が、細くなってない?
サービスショット、ありがとね。

女性指揮者の、西本智実さん。
私、正直言って、存じませんでした。その、クラシック音楽界では、名の知れた方なんですね。
「世界が尊敬する日本人100」っていうのに選ばれた方で、日本人初の、ロシアで主席指揮者に就任された方ですか。
私、その世界には疎い方なんで。今回は、勉強になりました。
指揮者というのは、全ての楽器の音階、テンポ、リズムなどが頭に入っていて、自らも楽器を演奏し、その特性をつかんでいる。曲の解釈、歴史的背景を把握し、会場の規模、湿度にも気を配る。1度の演奏で、体重が3kgも減ることもあるそうで。思ったより過酷な職業なんですね。
女性指揮者は1%にも満たないとか。
颯爽とカッコよく、優雅にタクトを振る、西本さんの指揮、輝いてましたね。いい顔してました。

ところで、「大田区民ホール」。西本さんがリハーサルやってましたけど。これって、「砂の器」で、和賀が三木さんと待ち合わせた場所だったと思うけど。何か、懐かしくって。その時の場面が蘇ってきて…
中居君はどう思ったんだろう?覚えていたかな?懐かしかったかな?

中居君のドラマ、そう言えば、久しく観てない………
posted by alfa at 23:48| Comment(3) | TrackBack(2) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

中居君の新衣装

『金スマ』

<女の秘密>
お金持ちだからって「華麗なる一族」をパクって。BGM、鯉、肖像画まで。わーい(嬉しい顔)
娘が外出するのに、父親にいちいち許可申請書を届けるって、凄いわ!まるで上司と部下の関係だわ。有り得ない!メモ
二人目の秘密は、すぐ分かりました。でも酔っ払って帰ってきて、鍵も掛けずに、全裸で寝ちゃうなんて。間抜け、無用心にもほどがある。泥棒に入られて、そのまま全裸で説教って。よく、欲情して襲われなかったもんだ。よほど凄みがあったのか。迫力に負けてしまったのか。

<美人妻>
今回も青森県の美人妻で。
中居君、三人目の奥さんを選ぶだろうと、思いました。
チャーミングで、笑顔が可愛いし。
中居君、カレーをガン食いしてたし。
東京から、酪農に憧れて青森に嫁いだっていうのも、インパクトがあって。

ダーツ盤の「近県」て、何?

余談ですが、中居君の、腕時計、台本のチラ見、何気に好きです。仕事人ですね。

来週の予告。中居君の衣装が新しくなってる!
以前、金スマで募集してたやつ?
posted by alfa at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

ジャガー夫妻

『金スマ』

ジャガー横田さん夫妻。
ジャガーさん、家では家庭的な人なんじゃないかな?
ほんとは家では夫につくしていそうな感じ。旦那さんが弱そうで、叩かれたりしてるのは、テレビ向き、表向きのパフォーマンスっていう、気がするけれど。
ジャガーさん、あんなに辛い過去、厳しい家庭環境にあって、自殺未遂までしていたなんて、気丈に見える彼女からは、窺い知ることは出来ませんでしたけれど。
思いやりのあるご主人にめぐり合って、高齢出産という困難にも立ち向かって、男の子を授かって、幸せでいて欲しいと、切に願います。
posted by alfa at 23:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

形が無いだけなの

『うたばん』

江原さんのお話、ちょっと理解するのに難しかったり、なるほどと、納得する話もありで。
霊的なことばかりよりも、もっと生きていくうえでの大切なことが何かを、気付かせてくれましたね。
人は安易に、楽に幸せになりたがるものだけれど。

江原さんて、結構気さくで、ノリやすくて。どっか抜けてて。人間味もあるところが、ちょっと好感持てます。
こういう霊能者って、近寄りがたい感じの人もいるんで。

中居君の、
「形が無いだけなの。気持ちは残ってるの。」(オネェっぽく力説)
「カツカレー、食いに行くぞ!」(男っぽく誘う視線にクラッ!)
「ブヒッ!」(口を可愛く押さえながら、ブタッ鼻)
いろんな中居君が、やっぱ好き!
posted by alfa at 23:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

背番号理論

『金スマ』

中居君が、前髪下ろしてると、幼い感じになる。
髪型ごときで一喜一憂する自分がやだ。

<女の秘密>
自分の体臭を嗅ぐのが好きな、風呂嫌いの女の子。
洋服を、洗濯しないで1ヵ月放置して、熟成させる、って、凄すぎ!中居君だけじゃなくて、誰でも引くよね。

<美人妻、スカウトの旅〜青森県〜>
田舎に行って、美人妻をスカウトする企画、新鮮でいいかも。
地方の人って、何か純粋で、自己主張が強くなくて。
人の温かさとか、気さくで、都会には無い優しさがあって、和んだりする。
マイクを耳に当てて、受話器にしちゃうお婆ちゃんも、可愛いくて。
真中の美人妻。中居君がタイプだと言う方。「中居さんを見て、どうですか?」と聞かれて、緊張と照れで、何も言えなくなってる感じが、凄く純粋で。
中居君に選ばれたのに、一緒にはけて行こうとするし。
欲が無いというか、緊張してたのかどうか。

都会のセレブな奥様たち、もいいんですけど、この、地方でのスカウトの企画、私としては、ちょっと期待してます。
posted by alfa at 00:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

愛した男が極道だった

『金スマ』

<波乱万丈>
家田荘子さん。壮絶な過去は何となく知ってましたけど、それほどだったとは。
ご自身の3度の離婚とか、その筋の世界の取材とか、風俗や、エイズの方の取材とか、世間の裏の、闇の世界に、実際にその人と一緒に住んで実態を掴もうとする、バイタリティーのある姿勢は、真似できるものではないですね。
そういう人がいるからこそ、世間に知らしめることが出来るわけですからね。尊敬に値しますね。
posted by alfa at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

慎重派で、ストレスが多い

『金スマ』

木村藤子さん。初めて拝見しましたけれど。
美輪さんも本物だと、絶賛されている、滅多にテレビには、出演なさらないというところに、惹かれました。
占い師、宗教家、霊媒師とも違うんでしょうね。その人の背景に有るものが見えてしまうという、透視能力ですか。
ある日、突然、授かった特殊能力の持ち主。そんな方が、いらっしゃるんですね。でも、良いことに活かせるのであれば、素晴らしい!

ベッキーは、胸にしこりですか。癌ではないようで、よかったけど、早く診て貰った方が…、中居君も心配してましたね。

中居君の番になりそうになって、「もう、時間が…」と、逃げようとする中居君。こういうの苦手なんだよね。自分のことズバッと指摘されんのが。見透かされのが。ね。
自分は何も考えないみたいなこと言って、実は、「凄い慎重派で、凄くストレスが溜まってる。」と。もうバレバレで。木村さんの前で隠し事は出来ないっしょ、観念しなさい、中居君。
多分、収録では、他にもいろいろ言われたんだろうけどね。

「自分にも落ち度が有る。それに気付くこと。」…基本的なことだけど。なかなかそう思えないところが、自分の弱さかも。

「おはスマ」で、「金スマ」は、女性向けの番組で、自分には縁の無い話題が多いという中居君。でも時には真面目な、考えさせられるテーマもあるのでね。私はいい番組だと思ってますけれども。
posted by alfa at 00:39| Comment(0) | TrackBack(2) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

えげつなショット

『金スマ』

いつの撮りなんだろう?中居君の髪、裾金、あごヒゲが無い。黒髪ってことは、…去年のライブ前?え?半年前とか?
スッキリしたビジュアルが何故か懐かしい。
中居君は、彼女に洋服を選んであげるタイプなのかな?
ダーツ板の「えげつなショット」(ゴルフ用語)で、スタッフに「ばかっ!」って、また苦笑いの中居君。スタッフとゴルフとか行って、何かやらかしたのか?
以前にも「じかドラ」ってゴルフ用語入ってたし。
仲いいのね中居君。番組スタッフともね。

posted by alfa at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

新庄剛志の光と影

昨日は掃除、洗濯、買い物で1日終ってしまって。先ほど、やっと昨日の「金スマ」<波乱万丈−新庄剛志>のVを見ました。
新庄さん、子供の頃から、スター性は有ったのかも知れないですね。
しかし、先輩からスパイクで踏まれた傷跡が生々しくて。針を爪の中に入れられた話も、きつかったぁ〜!そんな陰湿ないじめとかがあっても、乗り越えてきたんですね。父親の愛情、偉大さが、そうさせたんでしょうかね。貧しくても、自らの身を犠牲にしても、息子の成長を願い、将来性、可能性を潰したくないという。
新庄さん自身も、親には心配をかけたくないと言う思いがあって。
プロに入ってからも、妬みや、いじめがあったりして。
アメリカでの人種差別による2軍落ちも、挫折も栄光も経験して。
絵里さんとの心温まる交流。「ホームランを必ず打つ。」と約束して、果したのは、もう神がかりというか。
その後、難病による辛い死に別れ。そして形見のお守りを毎日握り締め、絵里さんに言われた、日本一になることを自分に言い聞かせていた事。人知れずに。
足が肉離れで断裂した状態で、身体を騙し騙しやって、プレーをしていた事。
栄光の陰には弛まぬ努力と強さがあったんですね。
華やかさとは裏腹の本当の新庄劇場を、「金スマ」では見せてくれましたね。
新庄さん、「今まで出た番組で、一番素晴らしいなと思った。」と、「金スマ」についても評価してくれてましたね。
新庄さんのマジックでしょうか。野球の見方が変わったような気がして。野球って楽しいものなんだ、と。思えるようになりました。
バリボンの中居君へのサイン入りバット。なかなかサインしてもらえないという貴重な代物で、新庄さんと中居君の仲の良い、関係性も見えて。
長時間の波乱万丈だったけど、見応えありました。
posted by alfa at 15:26| Comment(1) | TrackBack(5) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

手を差延べること

『金スマ』

先週に引き続いて、女子刑務所の中の、受刑者の実態を伝えてましたね。
高齢者の犯罪が増えているのは、胸が痛みます。
年金も先細りになる昨今、考えさせられる問題ですね。
でも、どんな厳しい理由があろうと、罪は罪。犯罪に至るまでに食い止める何かがあれば、と思う。
中居君が言うように、手を差延べること、孤独にさせないことが、高齢者を、高齢者に限らず、必要なんでしょうね。

中居君が以前、「デリスマ」で、引きこもりの男性と向き合っていたことを思い出しました。
妹さんからの依頼で、お兄さんが何年も長いこと引きこもっていて、仕事にも就いていないという人で、家族もずっと心配してる状態なかで、中居君がその家に出向いて、「出来るかどうかわかんないけど、自分なりにやってみる。」と。
お兄さんは自分の部屋にこもったままで、中居君が呼びかけてもドアの鍵を全く開けようとしない。中居君は、「いいよ、そのままでいいから。」って、ドアの前に座り込んで、辛抱強く語りかけていました。
お兄さんは、「一歩が踏み出せない。」と。中居君は、「僕だってそうだよ。こういう仕事してても、怖くて、一歩を踏み出せない時あるもん。一歩を踏み出すって勇気がいるんだよね。」と。そして、お兄さんの心の痛みを受け止めてました。

うろ覚えなんで、ちょっと違っているかもしれませんが。
その後、ずっとお兄さんに語りかけ続け、お兄さんの言い分を辛抱強く聞き、ついにお兄さんは部屋から出てくることが出来て、中居君は、SMAPの、「Free bird」のCDをプレゼントし、お兄さんを飲みに連れて行きました。

記憶が曖昧ですけど、だいたいそんな内容だったと思いますが。
決して相手に無理強いせず、こうしろ、ああしろ、ではなく、ひたすら手を差延べる。孤独にさせない。そういうことなんだよね。

何か、古い話を思い出してしまいました。
あ、中居君が社会問題を語る顔も、凛々しくて、私は好きです。
posted by alfa at 00:53| Comment(0) | TrackBack(2) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

ミモーだった、ちはるさん

『金スマ』

<波乱万丈>
ちはるさん。ミモー役だった頃の記憶は少しあります。
中居君もちょっと出ていたんですか。記憶に無いな。
やっぱ、ちはるさんと言えば、CMでしょう。明るくて元気で面白い女の子という印象があります。
あとはNHK教育テレビの「おしゃれ工房」で、何度かお目にかかりました。
アンティークと遊び心にこだわるちはるさんのインテリア、楽しかったです。照明とか、参考にしたいですね。
posted by alfa at 22:59| Comment(0) | TrackBack(3) | 金スマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする