2013年09月30日

「おはスマ」−語学

『おはスマ』

9月30日(月) (レポ)

るんるん曲:ススメ!

草なぎ:
おはようございます。SMAPの草なぎ剛です。9月30日、今日、お誕生日のみんな、おめでとう。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、晴れのち曇り。

今日は。「世界翻訳の日」です。

うん、僕もねぇ、結構ねぇ、翻訳はねぇ、したことあるんですねぇ。「月の街 山の街」っていう韓国の本だったりとかねぇ。あの時はほんとにいい経験させてもらって。大変だったけど、チョコチョコチョコチョコちょっとやって。う〜ん。

最近はねぇ、韓国語、勉強してないですねぇ〜。う〜ん。でもなんか、ちょっと韓国チラッと行く機会とかあったりとかして。それでちょっと話したりとか。

習慣ですかねぇ〜。やっぱりねぇ、語学はねぇ、継続しないと。継続、ハヌンゴシ、シミヤ。う〜ん。ホンブ、メルメルマニイ。ヘアテヌンデヤ。っていう感じでねぇ。う〜ん、ちょっとこういう風に言うだけでも、ちょっと違うんですよねぇ〜。日常の中で。全く無しにしなければ、いんじゃないですかねぇ? 

去年、結構、あ、今年かぁ? 初め、韓国、で舞台あったりとかした時はやっぱねぇ、韓国…語はメキメキねぇ、やっぱりねぇ、こう、上達出来たんですけどねぇ。今はねぇ、もうねぇ、ちょっと、ダメですねぇ。やっぱねぇ、やらないとダメだねぇ。よしっ、ヒビネプシタ。やらんといかん。

さぁ、ということで、中西さ〜ん、最近なんか語学やってますぅ?



中西:
あの〜、まぁ、英語はぁ、草なぎさん仰ったようにこう、継続だと思っているのでぇ。とにかくレストラン、やぁ、英語を話せる人がいれば、とにかく英語で話すようにしてます。特にレストランに行った時はぁ、「これが、お薦めだよぉ。」とか。「どっから来たのぉ?」って必ず聞いてですねぇ。

まぁ、そうするだけでかなり、維持は出来ると思うのでぇ。それは必ずやってますけども。

あとこう、折角サッカーをやって、ブラジル人の方とよく触れ合って、僕、ブラジルにも3か月住んでいたんでぇ。ポルトガル語を、ある程度サッカーの会話で出来ると思うんですけどぉ。

そういうなんか、もうちょっと、こう幅を広げたいなぁと思うんで。頑張りたいと思います。

草なぎさん、ありがとうございました。
posted by alfa at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

「サムガ」−『ATARU』の感想(4)

『サムガ』

9月28日 (レポ)

(つづき)

(ハガキ)
印象に残った場面、その1。ATARUとマドカの、留置所での、おにぎり。背中合わせで座った2人の、おにぎりをそっと差し出したATARUの行動、セリフより、あの場の空気感で、2人の気持ち、映像が、感情を伝えてるなぁ。

その2。ロケの裏話を聞いたのですが、なおさらでした。灼熱の中の撮影にもかかわらず、お芝居からはそんな雰囲気は全く、プロですから当たり前ですよねぇ? すいません。マドカと、え〜、ATARUの、2人の思い出の場所。昔別れ、喪心、そしてマドカは、ペケペケ。チョコザイの「バイバイ」。この一言を、一粒の涙を流して、この涙に込められた思いに私の心はぐっと来て、切なくて。

このシーンの撮影の時には堀北さんとは、お二人で何か、演技に対してのアイデアを出された、みたいですね。え〜、チョコ君は特にセリフより表情や仕草から伝わって来るものが沢山でした。

素敵な撮影にしっかりと受け取らしていただきました。

え〜、中居のお兄さんへ。風邪は大丈夫ですか? 早く治りますように。ずっと心配しております。少しはゆっくり出来たらいいですね。

中居:
福岡県の○○さん。

そうねぇ〜。あの〜、その堀北さんとのマドカとのシーンはねぇ、やっぱ僕もすごく大事に、しなきゃいけないって。

あの〜、二人のぉ、あすこあったじゃないですかぁ。マドカのアジトみたいな所とぉ、アジトの、二人ん所とぉ、え〜、ロスで、海外で撮ったぁ、二人の、シーンをぉ、とにかくこれを差別化したいと。同じような雰囲気なんですよ。なんか気持ちを確かめ合うみたいな。で邪魔が入る。で〜、気持ちを確かめてぇ、自分の気持ちを伝える。お互いの気持ち。

この差別化を、監督と凄く、堀北さんと、一緒に考えましたねぇ。で「どうした方がいんだろうなぁ〜?」って。でマドカのぉ、気持ち、感情ってず〜っと感情がぁ、全く出てなかったのでぇ。「最後やっぱり、可愛いマドカを見たいなぁ。」っていうのでぇ、「やっぱ大好き、ATARU。」みたいのがあったんですけどぉ。

あれが、前の日、無かったんですよ。前の日のリハーサルまで。本番の当日にぃ、もう、(?)終わったあとにもうほんっと監督とぉ、色々話してぇ。「やっぱり感情は欲しいな。」って。「もうロボットが終わったらぁ、う〜ん、まぁ悪い、人間なんだけどぉ、マドカ、が可哀想に思え…て欲しいかな。」っていう。「マドカ目線で観てる人もいるかぁ?」みたいな。まぁチョコザイ目線で観てることもあるんだろうけどもぉ。

「やっぱりATARU大好き〜!」「これぇ〜、かなぁ〜?」なんていう話を。で堀北さんも、「これは…。」っていう。

あれに尽きるんじゃないのかなっていうねぇ。う〜ん。それに尽きるかなぁ〜。う〜ん。あれに尽きるかなぁ。あれほんっと前の日にリハーサルやってぇ、無くてぇ。「な〜んかやっぱ違う。」みたいな。う〜ん。

いやぁ、僕が言ったとか、僕が作ったとか、そんなんじゃないんです。で「どうしよう?」って。「このままだったらぁ、アジトと同じだよねぇ?」って。「これはマドカ、悪者のまんまで終わるの嫌だなぁ。」って。う〜ん。「あまりにも身勝手過ぎるから。」って。「う〜ん、なんか無いのかなぁ〜?」なんつってて。うん。堀北さんも、「これならいける。」みたいなって。

マドカのところ、よかったね。

じゃぁ、椎名林檎さんの歌、どうぞ。

るんるん曲:自由へ道連れ

(CM)

さて、この番組では、あなたからのお便り、お待ちしております。おハガキの、宛先は、郵便番号100の8439、ニッポン放送、中居正広の、サムガールSMAPで〜す。

ねぇ、最後…、なんとも言えないねぇ〜、あの〜、まぁ観てない人の代わりに、ユリのくだりとかがもうねぇ、もう珍しく、お芝居でぇ、別に泣くシーンじゃないんですけどもぉ。す〜げぇ悲しくて。マドカのことを思うと。マドカのこともほんとに。

撮影もぉ、マドカのシーンが終わってからぁ、「じゃぁユリのところ行きま〜す。次のシーンで〜す。」つってぇ。1人、自分でぇ、せっせせっせと、そのユリをこうやって置いていくとぉ、「いやこれ、マドカ、可哀想過ぎねぇかぁ?」と思ってぇ。

そんな思いで芝居さしてもらってねぇ。もう最後なんとも、もう、マドカ目線で観てもらいたいなぁと思いますね。マドカの心境っていうのはなんか照らし合わせながら。

映画ですからぁ、よくぅ、「1回ではなく、2回も3回も観てください。」とか言うんですけどもぉ。そこまでは言わないです。

あの〜、胸を張ってぇ、これ観たらなんかすご〜く、色んな日常を忘れられる? そんな2時間になるんじゃないかなぁと思いますんで。まだ観てない方は、是非ともご覧いただきたいと思います。

それじゃぁまた来週。さようなら〜。

今週のおまけハガキ。

○○さん。

(ハガキ)
最近凄く、腹の立ったことは何ですか?

中居:
福岡から、大阪に行く時ぃ、キャンペーンで。この時間は、ちょっといっぱい寝ようと思って。「1時間ぐらい遅れます。」つって。「よっこら、寝よっかな。」つったら、僕の、斜め前の人がぁ、ず〜っとぉ、椅子と椅子の、合間から、ずっと俺の顔見てたのよ。寝れねぇよ。

また来週。
posted by alfa at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−『ATARU』の感想(3)

『サムガ』

9月28日 (レポ)

(つづき)

中居:
さぁ、そんな中で、え〜、「ATARU」の、ご感想が、いっぱい来てます。

福岡県の、○○さん。

(ハガキ)
劇場版「ATARU」、公開おめでとうございます。4大都市を…、俺、まだ風邪ひいてんのね。ピッタリ1ヶ月ですわぁ。え〜、各地まわ、周られて、いかがだったでしょうか?え〜、皆さんの笑顔に会えましたか? 私はお留守番、お留守番組でしたので、感想を送ります。よかったら読んでください。

中居:
あの〜、非常に、お客さんが、来てる、まぁ、僕の、ことを好意的に思ってくれる方々だと思うんですけどぉ。まぁ〜、あの〜、よかったですねぇ。なんだろねぇ? 何がよかったってぇ、もう、1人でこんな周るのはほんと、「貝」ん時だから、久しぶりなんですけどぉ。

あの〜、凄くいい、いいですねぇ。(笑)なんつうんだろなぁ? まぁトークはほんと楽しくやらさしてもらってるんですよ。で僕もなんかふざけたことばっか言ってんですけどぉ。これラジオで言っているような、もう、感じなんですよ。

あの〜、い、SMAPでいる時はぁ、まぁ仕切りもするしぃ。誰かがボケたら、誰かが暴走を見てたりだとかぁ。修正してて考えて。1人ですからぁ。1対ぃ、これだから、ラジオの感覚なんですよ。

で〜、ラジオでさぁ、「キャァー! 中居君!」って、「うるせぇよ、ワーワー言ってんじゃねぇよ!」とか、みたいなぁ、(笑)いうことあるじゃないですかぁ。「質問があるんですけどもぉ。え〜、中居君のことはもう、20年のファンなります。」「ちょっと重いんだけど。そういうの俺。」って。全然皆うけるとこだよね。

こぉ〜れは、(笑)ラジオのお蔭かどうか分かんないんですけどぉ。なんかよく、ねぇ、今さ、「30代はぁ、ファンの子を放す、10年間にしよう。」と。「こんな話がまぁ、ユーモアで話せたらいいな。」っていう年齢にさしかかるからぁ。まぁMCをやるに当たって。

したらなんかそういう、なんか冗…、まぁ冗談なんですけどぉ。それ多分20代ではダメですよねぇ。「キャァー!」とか言って、「中居く〜ん!」つったら「こんにちはぁ〜。」なんて言ってるんだろうけど、「うるせぇ〜よぉ〜。」って。「ワチャワチャワチャワチャよぉ。」って。「早く帰りてぇんだよ。」みたいに言っても、「はははぁ。」みたいな。

そぉ〜れがまた面白い、やっぱ面白かったんだよねぇ。

で、東京のヤツも、ず〜っとなんか、ず〜っとはい、なんか長々と、質問コーナーみたいなのがあってぇ。「こんな質問なんですけど。え〜、私はなんてこと〜、え〜…。」ちょっと長かったのよ。「ちょっと長いんだけど、このあと、デートなんだけどもね。」「え〜?デートぉ?」「うるせぇよ、お前。ほんっとデートなんだよ。今日、ほんとデート…、今日のデート逃したら俺、しばらく無いからちょっと、あの巻きでやってくれるかなぁ?」みたいな。全然大丈夫なんだよね。

なんかもう、こんなのももう、面白くなって来てるんだ…。面白かったんだよなぁ〜。「言われると思いましたぁ。」みたいな。「私…はもう20年間ずっと好きだったんですけどもぉ。で子供が出来るんですぅ。8月に、産む予定なんですけども。名前はマサヒロに、マサヒロにしたいと思いま〜す。」つったら、「すんげぇ重いんだけども。気持ち悪いなぁ。」って、「言われると、思いましたぁ〜。」とか言うのよ。

楽しかった。で結局キャッチボールが出来、やりとりが出来るからね。沈まないっていうね。もう…。(カカカ笑)まぁそれがいいかどうか分かんないですけどぉ。

「そんなやりとりが出来るような距離感だったんだぁ。」と思いながら。

(つづき)

posted by alfa at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−『ATARU』の感想(2)

『サムガ』

9月28日 (レポ)

(つづき)

中居:
多分、ようやく、ちょっとゆっくりしてるのかなぁ〜? 

「スマスマ」の30日、なんか、4〜5時間生放送みたいな。それでなんか途中でちょっと、まぁそれも、含めてですけどぉ。レギュラーを、なんかスペシャルみたいな。でもまぁ、レギュラーだけなんだよねぇ。

え〜、行って来ましたねぇ。9月の14日に公開された、劇場版「ATARU」。え〜、舞台挨拶を東京でしてから、福岡行って。福岡、大阪、名古屋、東京と。

危なかったですねぇ。福岡で舞台挨拶したあとにぃ、1時間ぐらい飛行機ん中で、なんか飛ばなくてぇ。もう台風の影響で。ほんで〜、大阪着いて、大阪着いたらもう、もうほんと、車で降りてぇ、そのままノンストップで、舞台に上がるみたいな。で15分やってそのまま、歩いて、車乗ってぇ、新幹線みたいな。遅れちゃった分ね。

初日の舞台挨拶の日が、オールナイトニッポンを収録でして。福岡も、そうですねぇ〜。

福岡ねぇ、僕あの〜、ライブとかでねぇ、あの福岡なり、大阪、名古屋とかぁ、北海道とか行ってもぉ、外に出ないんですけどぉ。だいたいルームサービスとか、ホテル内だったりすんですがぁ。

その日はまぁ、1人って感じでぇ、そんなに周りワァワァすることもなくぅ、久しぶり、まぁ何十年ぶりか分かんないけどぉ。福岡の街でぇ、ご飯食べましたねぇ。

中洲? 監督、スタッフ、とご飯食べてぇ。ほんで〜、戻ってぇ、1人で飲んで、みたいな。普通のお家みたいな感じだったの。う〜ん。

監督がねぇ、また、変な監督んですよぉ。いっつもなんか、「コンバンミー。」とか。こん、なんか「コンバンニャァ。」とかなんか1人でよっく分かんないことしてぇ。それしか言わないのね。う〜ん。

利用中の控室で…。まぁ、あの前後に、あれがあって、あの〜、え〜、なんか、テレビ番組とかの、収録とかがあってぇ。でもねぇ、ず〜っと移動中やっぱ、本読んでたたかなぁ。

終わったんですよぉ、その本が。昨日。え〜っとねぇ、斉木、香津さんっていう、方なんですけどぉ。「凍花(いてばな)」っていう本をず〜っと読んでたんですがぁ。映画の撮影が終わってからず〜っと読んでたヤツがあってぇ。まぁ〜、なんともねぇ、悲しかったなぁ〜、あの本は。

え〜っとぉ、ゆりねぇ、(笑)って言っても、いきなり言っても分かんないなぁ。3兄弟、女の子3兄弟、3姉妹の話なんですけどぉ。で次女がぁ、長女をぉ、殺めてしまうという。でぇ、3女がぁ、あの〜、「なんでこんな事んなってしまったんだ?」つって。え〜、色々と捜査をすると。捜査といっても事件捜査というか。「なんでお姉ちゃんがこんな事をしてしまったんだ?」っていう。

で一番上のお姉ちゃんはぁ、容姿端麗でぇ、完璧なお姉ちゃん。その「完璧な、お姉ちゃんがぁ、感情的んなることもないのにぃ、なんでだろう?」って。いうのをぉ、3女の一番、チビがぁ、色々周りとか、色んな人の話を聞いてぇ…。

そしたらねぇ、その、一番上のお姉ちゃんがぁ、もう、すげぇ可哀想なんだよ、俺もう。ほんとねぇ、やっぱほ、俺はやっぱ本が好きなんだろうねぇ〜。のめり込んじゃってさぁ。

なんかさぁ、あの本を読ん…、ね、例えば、前の日読んでぇ、寝てぇ、そのまま仕事行ってぇ、本番前メイクとかしてるとぉ、そのお姉ちゃんのこと思い出しちゃってぇ。(笑)いや、もう、加害者なんだけどぉ。一番上の姉ちゃんは。次女が、被害者なのね。

俺、「俺と会えてたらなぁ〜。」とか。(カカカ笑)「俺にもう少し前に会えてたら、俺、この子助けること出来たよぉ。」と思いながら。

いやぁ〜、見ごたえあり、読みごたえあったなぁ〜。

で十何冊買ったから、またちょっと新しいの始めようかなみたいな。「凍花(いてばな)」って、凍る花って書いて、「凍花」って。なん〜とも言えなかったなぁ〜。すげぇ悲しかった。

もうほんとにねぇ〜、一番…、加害者なんだけど、俺は助けてあげたかったなぁ〜。ほんと、俺だったら、俺、余裕で、助けられるよね。余裕でお話聞いてあげれたなぁ〜。

そんな本をず〜っと読んでました。

(つづく)

posted by alfa at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−『ATARU』の感想(1)

『サムガ』

9月28日 (レポ) 

<『ATARU』の感想>

中居:
SMAP、中居正広、サムガールSMAP。日本縦断は大変だったよ、スペシャルー。

どうも、中居です。

「2020年のオリンピックと、パラリンピックが東京で開催されることになりました。メモリーグッドで、出てきた、武井壮が、オリンピック出場を目指す。中居君、もし出場するのなら、何の競技?」

出ねぇよ。忙しいんだよ、SMAPは。

東京オリンピックでしょ? 2020年でしょ? 僕はこれが決まった時に何を感じたかって? 「あっ、子供を作ろう。」と思ったの。

出来るか、もう2020年ってことはぁ、だから7年後でしょう? でも今さぁ、もう今日、ね。(カカカ笑)今日、出来てさぁ、でも、来年の? 何月? 8月? あ、俺と同じ月だぁ。でもぉ、多分6歳かぁ。6歳だったらギリじゃない? 「ギリ、残るんじゃないかなぁ?」なんて思っててぇ。

「見してあげたいなぁ〜。」って思ったんだ。だって56年ぶりっていうでしょう? 56年ぶりだけどぉ。じゃぁ次、56年ぶりにするか、つったらこれ定かじゃないんですよ。

というのもぉ、まぁ今からぁ、56年遡ること、開催国の候補国ってあるでしょう? 候補する、国。これから56年経ったらぁ、候補する国、もっと増えるわけですよ。やっぱりその、設備もそうですしぃ、競技場、今までぇ、競技場が少なかった国も作れるようになったりして。

そうするとぉ、56年間のぉ、候補、国よりもぉ、これからの56年、もっと増えるわけだからぁ。56年後に来るわけがないんですよ。僕が70年後、80年後になるのかなと思うんですよ。だから一生に1回、来るか来ないか、もうワールドカップも来ないでしょう? 僕なんか生きてるうち。ねぇ? 

そう考えたら、東京オリンピックなんて、来るわけがないんだよね。(カカカ笑)

子供に見したいよね。その子供が大きくなってさぁ、なんかお爺ちゃんとかなってその、子供のお爺ちゃんの時ぃ、「や〜なぁ〜、爺ちゃんなぁ、(?)だったけど観てたんだぞ〜。」なんつってぇ、孫に言ってんのかなぁ?(スタッフ:笑)

それを考えてたら、「うっわ、もう、今日だ!」って、「明日だ!」と思ったけどぉ。まぁでも、無理だなぁ〜。もうお爺ちゃんって言ってるぐらいだから、もう男っていう設定なんだろうね、これ。(カカカ笑)

でもそれを考えちゃったよ、俺。ほんとに、子供に見してあげたいっていう。

もう、3年ぐらい前だったらよかったなぁ〜。分かったら。俺、速攻だよ、そしたら。

「ねぇ…」。

るんるん曲:ねぇ…

(CM)

(つづく)

posted by alfa at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

「サムガ」−『ATARU』の感想(概要)

『サムガ』

9月28日 (レポ) (概要)

<「ATARU」の感想>

中居:
2020年、東京オリンピック開催。それが決まった時、僕は何を感じたのか。あ、子供を作ろうと思った。今からだと、6歳でしょ? ギリだもんね。見せたいよね、子供に。

ようやくゆっくりしてんのかなぁ〜? 

行って来ました、4大舞台挨拶。福岡は飛行機が1時間ぐらい遅れた。

移動中は本読んでた。

「ATARU」の舞台挨拶の感想。

20年来の僕のファンの子の話。

「ATARU」を観て、ファンの方の感想。(ハガキ)

マドカとのシーンの裏話。

マドカが凄く切なくて可愛そうで…。

間違いなく、胸を張ってお薦め出来る映画だと思います。


(詳しい内容は、後ほどレポいたします。)
posted by alfa at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

「おはスマ」−東京が好き

『おはスマ』

9月27日(金) (レポ)

るんるん曲:FreeBird

草なぎ:
おはようございます。SMAPの草なぎ剛です。9月27日、今日、お誕生日のみんな、おめでとう。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、晴れ。

今日は、「世界観光の日」なんだって。へぇ〜、そうなんだぁ? いいねぇ〜。

行きたいですねぇ、観光ねぇ。今ねぇ、僕は忙しいんですよぉ。なのでねぇ、やっぱり行きたくなりますよねぇ、人間は。忙しくなると、休みが欲しくなりますねぇ。

行〜きたいなぁ〜。韓国も行きたいなぁ〜。ヨーロッパも行ってみたい、なんか。アンニュイな気分でね。この〜時期んなるとね。なんかヨーロッパとかもいんじゃないかな〜ってことで、思いますけど。う〜ん。

いいですねぇ。最近は全然どこも行けてないんでね。まぁ、ロケでどっか行ったとかね、そういう感じですけど。

まぁ日本が好きなんで、僕は。東京が好きなんで。アイラブトーキョー! って感じでね。

だからまぁ観光、っていってもまぁ、う〜ん、行きたいなぁ〜と思ってもねぇ、東京が、結構好きなんで。う〜ん。すぐねぇ、その気持ちもねぇ、無くなってしまうんですけど。まぁちょっと時間があったらどっか行って来ま〜す。って感じで〜す。

さぁ、ということで、中西さ〜ん、最近、どこか、海外、行きましたぁ?



中西:
今年、い〜、サンフランシスコに、行きました。中学1年生の時にぃ、住んで、いた、所に行ってですねぇ、その当時、同じサッカーチームにいた、選手と会って、ご飯を食べたりしました。う〜ん。

30年ぶりに会ったんですけどぉ、不思議な気分でしたねぇ。

サンフランシスコは、夏だったんですけどぉ、涼しかったです。

草なぎさん、ありがとうございました。
posted by alfa at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「おはスマ」−秋の味覚

『おはスマ』

9月26日(木) (レポ)

るんるん曲:らいおんハート

草なぎ:
おはようございます。SMAPの草なぎ剛です。9月26日、今日、お誕生日のみんな、おめでとう。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、曇りのち晴れ。

さぁ、もうすぐ10月。早いですねぇ、もうねぇ。今年も、信じられない早さで過ぎて行くというねぇ。(笑)秋ですか? もうね。うそぉ。(笑)もう、秋なの?(笑)うそでしょう? 信じられな〜い。超早いですよぉ。

さぁ、秋。秋と言えばやっぱ秋刀魚でしょう? 栗でしょう? 松茸でしょう? 梨でしょう? 沢山あるね。秋の味覚、大好き。食べるの好きだからねぇ。太っちゃうよねぇ、食べてばっかりいるとねぇ。う〜ん。でもいいの。もう秋ぐらい皆、太って食べましょう。ほんとに。

秋刀魚大好きです。僕はねぇ、猫も泣くほど、綺麗に、秋刀魚を食べるんで。う〜ん。秋刀魚好きですよぉ。秋刀魚ご飯とか、いいじゃないですかぁ。松茸ご飯とかねぇ。栗ご飯とかねぇ。梨ご飯はちょっとあれかぁ。でも、旨そうだねぇ、梨ご飯もなんかねぇ。やってみたら案外ね。う〜ん。

韓国、の料理は結構梨使ったりするけど。まぁさすがにご飯には入ってないけどぉ。冷麺に梨入ってたりとかねぇ、う〜ん、するから。甘みが出ていいんだよね、梨ってね。う〜ん。

いいねぇ〜。美味しいもの、食べたいなぁ〜。

さぁ、中西さ〜ん、最近なんか美味しいもの食べましたぁ?



中西:
秋っぽいものを、秋刀魚の、お刺身を食べました。食べました。ほんとに美味しいです。生姜醤油つけて食べると美味しいんですよねぇ〜。う〜ん。

で、え〜、今日はわたくし、この後、仙台に、行きますので。う〜ん。石巻に、行きますので。

以前、6時、30分のところでね、「ラブ&ホープ」のところで、グルメの本、ご紹介したんですけども。あそこ載ってる店のどっかに、行きたいなぁ〜。探そう。(笑)

草なぎさん、ありがとうございました。
posted by alfa at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

「おはスマ」−家事

『おはスマ』

9月25日(水) (レポ)

るんるん曲:Dear WOMAN

草なぎ:
おはようございます。SMAPの草なぎ剛です。9月25日、今日、お誕生日のみんな、おめでとう。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、曇り時々雨。

今日は、「主婦休みの日」です。ふぅ〜ん。家事を頑張っている主婦の方が、リフレッシュする日なんだって。

たまには休まないと疲れちゃいますからねぇ。家事をねぇ、僕もやりますけど、やっぱり大変ですよねぇ。毎日やるのはね。

「今日は何を作ろうか?」とかねぇ。メニューなんかもやっぱりねぇ、家族のために、毎日同じメニューだとねぇ、どうかなぁ〜と思うから。考えるんだろうねぇ? 

スーパーに買い物行かなきゃいけないしねぇ。主婦の方は戦いですねぇ、毎日ねぇ。う〜ん。

あれが美味しいですよ、だからね、ルンバとかね。そう。いろいろ今出てますからねぇ。う〜ん。こないだ、電気屋さん行ってね、色々見て来ましたよ。炊飯器とか、電子レンジとか。なんか今、電子レンジで、パンが焼けたりとかして。

あと、最近流行ってんのがさぁ、油使わないでさぁ、こう、揚げ物が出来るっていうね。う〜ん。あ〜いうのもやっぱねぇ、主婦の方から、すると、「欲しいなぁ〜。」と思うんでしょうね。う〜ん。

中西さ〜ん、最近、なんか電化製品、買いましたぁ?



中西:
買いました。「クロノス」、でですねぇ、トースターを買いました。まぁ我々結構あの朝、パンを食べてるんですけどぉ。「絶対これ焼いた方が美味しいよ。」っていうことんなってですねぇ、小っちゃ〜いトースターを買いました。う〜ん。

あと一つ気になってんですけどぉ。草なぎさん、がその電化製品を選んでる、様子がど〜してもイメージ出来ないんですよね。電化製品見に行ってんのが想像出来なくないですか? ねぇ? 

でもあの油、使わないで揚げる、のはあれはねぇ、凄いですよね。

草なぎさん、ありがとうございました。
posted by alfa at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

「おはスマ」−手塚治虫さん

『おはスマ』

9月24日(火) (レポ)

るんるん曲:どんないいこと

草なぎ:
おはようございます。SMAPの草なぎ剛です。9月24日、今日、お誕生日のみんな、おめでとう。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、曇り。

今日はなんとねぇ、僕が出演する、関西テレビ放送、開局55周年記念ドラマ、「神様のベレー帽、手塚治虫のブラックジャック創作秘話」が、放送されます。う〜ん。手塚治虫さん、もう僕が、演じてるんですねぇ。

最初はねぇ、どうしようかと思ったんですけどぉ。ベレー帽のねぇ、帽子被ってみたらねぇ、「あ、なかなかいけんじゃないかなぁ?」と思って。う〜ん。あの〜、是非とも観てもらいたいですねぇ。

え〜、共演者もねぇ、AKBの大島優子ちゃん、とかぁ、え〜、佐藤浩市さんも、一緒にお芝居出来て、楽しかったですねぇ。

漫画を描くシーンとかもねぇ、う〜ん、もうドキドキワクワクするんで。皆が知ってるねぇ、手塚治虫さんがねぇ、漫画に掛けるねぇ、この情熱とか、熱意とか、手塚治虫さんの生き様、が、お芝居と映像を通して皆さんに伝わると思いますので。

是非とも今夜、9時からなので、「神様のベレー帽、手塚治虫のブラックジャック創作秘話」、是非ともご覧ください。見逃さないでね。

さぁ、中西さん、今夜の僕のドラマ、ちゃんと観てねぇ〜。



中西:
9時からなんでぇ、頭は、生きてると思います。(笑)だんだん眠くなる…。(笑)

ベレー帽、草なぎさん、被ってる姿って、僕想像がつかないんですけどぉ。ご自分でね、「結構イケてる。」っていう風に、こう、仰ってるんでぇ。僕はベレー帽は似合わないですね。う〜ん。

でも、手塚治虫さんの、「ブラックジャック」は、僕も大好きなんで。是非、行けるとこまで行ってみたいと思います。

草なぎさん、ありがとうございました。
posted by alfa at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−ハガキを読む(6)

『サムガ』

9月21日 (レポ)

(つづき)

中居:
秋が来る前にしておきたいこと? まぁ、そうねぇ〜、衣替えはしておきたいしね。

じゃぁ続いて、お、千葉県の○○さん。

(ハガキ)
先日、湘南平へ遊びに行って来ました。天気もよくて、景色が綺麗で、癒されました。湘南平のレストランで、湘南、平塚の名物と言われているらしい、香り麺や、おでんラーメンというのが、ありました。中居君は食べたことがありますか? 

中居:
俺、知らないなぁ。

まぁ湘南平、は行ったこと、ある? 湘南平ってそんなに行くようんところでもないですしぃ。湘南香り蕎麦? 香り麺。知らんなぁ。あんま…、湘南平も僕はぁ、もう決めてますからねぇ、ほんとに。もう結婚する人と行くっていう。まぁ昔は男同士で「わぁ〜!」つって、行ったこと、あるけどぉ。

湘南平、どんなとこかって? 知らない? あの平塚の、茅ケ崎と平塚の間ぐらい。あの〜、国道15号線ず〜っとまっすぐ行って、山の右の方に登って行くんですけどぉ。あの〜、登ると、まぁ景色がいい、上から、なんか凄く、江の島、海の方、をぉ、眺められるつってぇ。

そこに塔があるんですけどもぉ。その塔の向こう、メッシュがあってですねぇ。そこにぃ、あの無数のぉ、鍵がかかってんの。「私たちは、離れないように。」みたいな。で無数の鍵がかかってっからぁ、もぉ、その、もう、はっきり見えないのよ。隙間の方からこうやって、鍵あれするみたいな。

ただすっごい綺麗なところ。そこはね、やっぱねぇ、もう〜、行った、高校ぐらいかなぁ〜? 友達と何回か行ったことあるけどぉ。

まぁ、もうほんと、あの〜、カップルの、デートスポットですよ、それこそ、う〜ん。

そこはそうだねぇ〜、まぁ結婚する人がぁ、決まったらぁ、そ、そこにぃ、「俺は、女の子と行くんだったらもう結婚、する人と行こう。」って。鍵、つけに行く。「俺たち、離れないようにね。」って。うん。すぐ離婚したり…。(カカカ笑)

そこは行きたいね。う〜ん。

でも分かんない、その、俺ね、湘南の名物とか、あんま知らないんだよな。う〜ん。な〜んで地元だからっていうわけじゃないけどぉ。その、もう、行動範囲も狭いからね。う〜ん。

え〜、何がいい? あじゃぁ、椎名林檎さんの歌。どうぞ。

るんるん曲:自由へ道連れ

(CM)

さて、この番組では、あなたからのお便り、お待ちしております。おハガキの、宛先は、郵便番号100の8439、ニッポン放送、中居正広の、サムガールSMAPで〜す。

さぁ、お別れです。もう、この日になると、映画って落ち着いてんのかなぁ? どうなんだ? 当たってんのかねぇ? あの映画ねぇ? 当たってっかどうか分かんないよねぇ? 

また来週〜。

え〜、今週のおまけハガキ。

愛知県の○○さん。

(ハガキ)
中居君が、ここ最近で一番笑ったことは何ですか? ちなみに私は、「笑っていいとも!」放送終了後のタモさんのショートパンツ姿でした。

中居:
あれは面白かったですねぇ。

あとぉ、でんじろうさんがよくぅ、あの〜、「仰天ニュース」でぇ、あのなんかこう、ビリビリビリビリー!ってヤツをぉ、持って来てぇ。そんで成果が無くてぇ、でんじろうさんにやった、繋がったんですよ。そしたらすっごいビビッて拒否した時の顔が面白かった。

ま〜た来週〜。
posted by alfa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

「サムガ」−ハガキを読む(5)

『サムガ』

9月21日 (レポ)

(つづき)

中居:
○○さん。福岡市、○○インテライミ。ふざけてるな、こいつ。

(ハガキ)
セミの鳴き声も聞こえなくなって、ちょっと寂しいです。中居さんは、秋が来る前に、しておきたいことはありますか? 

中居:
え〜、そうだねぇ。秋が来る前に…。多分秋んなる頃はもう、すご〜く僕はのんびり…。公開が終わったらぁ、ほんとのんびりしよっかなぁ〜と思ってぇ。年末までは。年末んなったらちょっとバタバタするでしょうけどぉ。それまでは、ちょっとのんびりしたいなぁ〜と思いますねぇ〜。

でも8月もぉ、ちょこちょこお休み貰っててぇ。あ〜の10月、あの面白かったのは、ジモッピーとぉ、東京の友達と「会おっかぁ〜?」なんつってぇ。まぁ「バーベキューやりたいねぇ。」つって。「あじゃぁ、親父んち行こっかぁ〜?」なんつったんだけどもぉ。15〜6人なっちゃったからぁ。「親父んち、入らねぇかぁ? さすがにぃ。」なんつって。

でバーベキューは出来てぇ。だいたいだから、「海でバーベキューやろっかぁ?」つって。千葉にあるのよ。あって、そういう施設みたいのがあってぇ。「そこ行こう。」つって。

でもう1個はぁ、なんか、プール、があってぇ、バーベキューが出来るのよ。プールサイドでバーベキューが出来んの。

で俺は、「まぁどっちでもいいけどもぉ、ちょっとジモッピーに聞いてなぁ〜。」つってぇ。誰一人、海に、のバーベキューが嫌だったのね。「皆、プールって言えよぉ〜。」つって。「どうするぅ?」って。「どうしますかぁ?」って言うから。

「でもよくよく考えてみると、あいつは湘南のヤツだからぁ、わざわざ千葉まで行って、バーベキューなんかやると思わねぇだろう?」って。鵠沼の海まで、歩いて何分のところに皆住んでんだからぁ。「そりゃそうっすねぇ。」って。

結局なんか、プールサイドで、バーベキューみたいな。俺絶対、そこから、そっから風邪ひいたかも知んないなぁ。う〜ん。っていうよりもぉ、俺なんか誕生日プレゼント貰ったりして。風邪(?)寝てたりしててぇ。

それからねぇ、なんか俺をなんかす…、あの何回も俺、プールに、落とされたのよ。やもう、海パンも履いてるしぃ。なんだけども。皆で寄ってたかってぇ、俺をなんか持ち上げて「わぁ〜!」みたいな。それ何回もやってたのよ。で上がっちゃ下げ、上がっちゃ下げ、やってたのよ。

まぁ、体調おかしたったのは、次の日からなんだけどね。次の日ぃ、熱が38度6分ぐらい出てぇ、「あ、これまずいなぁ。」と思ってぇ。(カカカ笑)で「やっべぇなぁ〜。」と思って。や、ダメだ、で、それから熱計ってないのよ。でも熱は無いと思う。そん時の熱がもうほんっと、寒くて寒くてぇ。

でその日の夜ぅ、あの、ほんとはあの〜、お知り合い、俺の友達とぉ、ほんとは東京の友達とぉ、ご飯食べに行こうと思ったんだけどぉ。「申し訳ないけど、俺、無理だわ今日。」つって。「かぁ〜ぜひいちゃって、あったま痛くてよぉ〜。」つって。

で次の日、「いいとも!」やって、「もう、これはダメだ。」と。そん時にはまた「仰天」のなんか4時間スペシャルとかなんかで…。でも楽しかったなぁ〜。だってそこ、プール行ってバーベキューやって「じゃぁどうしよっかぁ?」つってぇ。そのあと「じゃぁカラオケ行こうかぁ?」ってことなって。歌えないんだけど。

したら「腹減った。」つって。「なんか食う?」って。「焼肉かぁ、カラオケかぁ?」みたいんなって。「カラオケ行こうぜ。」なんつってぇ。でカラオケに。したら皆コスプレやってたなぁ、なんか。

ほんでそこでなんか食って、「じゃぁどうしよっかぁ?」つってぇ。「じゃぁ…、とりあえず東京戻りがてら、なんか蕎麦食おう。」みたいな。そんで蕎麦食って、そこで飲んで帰ったのかなぁ? 

そりゃ体調壊すわぁ。

(つづく)

posted by alfa at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−ハガキを読む(4)

『サムガ』

9月21日 (レポ)

(つづき)

中居:
○○さん。

(ハガキ)
昨日発売の、「ATARU」の、ノベライズ、しらみ、ノベライズ、平読みするつもりが、つい引き込まれてしまい、数時間で最後まで読んでしまいました。皆のキャラがしっかりしており、セリフの声や喋り方や、動作まで読みながら、映像に、(?)転換しながら、読め、想像以上に素晴らしい展開で、読み終えてから、30分ほど、涙が止まらないほど感動しました。

中居:
ノベライズって何? 小説? あ、出てんの? へぇ〜。

ラジオネーム。私の、ひろちゃん。豊橋市。

(ハガキ)
中居君に相談さしてください。私はよく、「美人だねぇ〜。」とか、「スタイルいいねぇ〜。」なんて言ってもらえる、ことがあるんですが。そういう時は、どう反応したら、いいか、いつも困ってます。「あ、ありがとう。」って言うと、認めているみたいだし、「そんなことないよぉ。」って否定するのも、相手によっては、「ほんとは自分でも美人だと思ってんだろう?」っと思われていそうで、「カッコいい。」とか「可愛い。」とか言われている中居君に、是非アドバイスをしていただきたいです。よろしくお願いします。(カカカ笑)

中居:
え? う〜ん。結局、「ありがとう。」って言うと認めているみたいだし。「お前、認めてんじゃねぇよぉ。」って思われんのも嫌だしぃ。「そんなことないよぉ。」って否定するのも、相手によっては「お前、自分のこと自信もってんだろう?」っていう、結局自己評価ってことですよね? 「ありがとう。」って言うと、「そんなことないよぉ。」って自分が言ったことによってぇ、、相手にぃ、こう、なんか、自分がやっぱ結局好かれたいってことでしょう? 

だ、「美人だねぇ〜。」とかぁ、「スタイルいいねぇ〜。」ってもう肯定してもらってんだからぁ。もうそのあと、どうでもいいよね。(スタッフ:笑)「まだ好かれてぇのかよ?」っていう。

結局、この、ひろちゃんも、私もひろちゃんさん。結局これ、自己評価しかもう、全くもってこれ、そんなに好かれたいのかなっていう。

俺、「カッコいいねぇ。」って言われたら、「よく言われます。」って、必ず言うね(スタッフ:笑)もうそこまで行くとこう、あ、ちょっと、フッと笑うでしょう? 「中居君、ほんとカッコいいです。」「あ、昔からですねぇ。」(カカカ笑)(ブヒッ)まぁあっちは、「こいつ生意気だなぁ。」っと思うけどもぉ。まぁ、もう面白がってるよね。

「カッコいいね。」で「昔からです。」って言う人いないからね。「よく言われます。」とか。今もそうねぇ。そういう風に僕は返してるかなぁ。

「綺麗ですねぇ。」だから、女の人だったらぁ、笑いになんないのかなぁ? 「綺麗ですねぇ。スタイルいいですねぇ。」つって、「当たり前じゃないですかぁ。」つったらぁ…。(スタッフ:笑)ダメぇ? 女の人ダメぇ? 嫌味んなるぅ? それは俺だからかなぁ? もう「当たりめぇだよ。」って言うよ、俺。「カッコいいねぇ、中居君。」「当たりめぇだよ、この野郎。」って。(カカカ笑)

ねぇ、自分はカッコいいと思ってないから言える、これねぇ。木村が言ったら嫌味んなるだろうね。「木村君、カッコいいです。」「当たりめぇだよぉ〜!」(スタッフ:笑)(カカカ笑)

そうね。その、自己評価を、気にし過ぎじゃないですかねぇ? 「美人で、スタイルがいいねぇ〜。」って、「ありがとうございます〜。」って。「認めてんじゃねぇよ。」って思われたくないからって。そん〜な、もうそん〜なの気にしたことないなぁ。

だからもう好かれたい人がやっぱちょっと今多過ぎるね。好かれたいって思う気持ちが、強過ぎるね。嫌われることはないけどもぉ。う〜ん。

ただ僕は何だろうなぁ〜? う〜ん…。まぁ嫌われる勇気。っていうのはなん…、別にまぁ気にし…、そうねぇ〜。、もう人の目とかを、人の、なんかこの、評価みたいなものを、ね、もう、気にしなくなったかなぁ〜? う〜ん、難し、ね。

可愛げ、「可愛いねぇ。」つったら、なんつうんだろうなぁ〜? 「可愛いねぇ。」ってあんま言われたことないなぁ。冗談でも。でも可愛い顔するんだろうね? 「しょうでちゅかぁ?」とか言うんだろうね。(カカカ笑)「可愛いね。」「しょうでちゅか?」「こいつ、ふざけんな。」ってことだよね。

(つづく)


posted by alfa at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−ハガキを読む(3)

『サムガ』

9月21日 (レポ)

(つづき)

中居:
続いて、大阪府の、○○さん。

(ハガキ)
中居さんが、自分か出演しているドラマ、映画等のサントラを聴いたりしますか? 私が一番お気に入りのサントラは、ドラマ、「ブラザーズ」のサントラです。大好きで、今もずっと聴いております。1988年の時なので、もう15年も経っているのに、全く、聴き飽きないです。

中居:
素晴らしい。俺も聴く。持ってる。このぉ、サントラはすっごい綺麗。わぁ〜、すっげぇ共感、この人。う〜ん、いいよ。うん、ほんとにぃ、「ブラザーズ」のサントラはぁ。

あとねぇ、あの「白い影」とかぁ、「砂の器」のサントラってねぇ、たま〜に聴くんですよ。今、再現VTRとかも、「金スマ」でよくかかってんのね。「あ、これ、『器』だ。」とかぁ。「あ、これ『影』だ、ヤツだ。」とかぁ。かかってるからぁ。「あ、なが…、これ、あえて使ってんのかなぁ?」

あとは「輝く季節(とき)の中で」って、「輝く季節の中で」って、「輝く季節の中で」。あれ、センスっていう、あの〜、方々が作ってんですけどぉ。そぉ〜れもいい。

それも、いいけどぉ。あの〜、そのセ、あの〜、「輝く」ん時に使ってたぁ、あの〜、サントラはやっぱ使われてる。いろんなところで。

でもぉ、これもまた、他で…、「ねぇ…」って去年作ったでしょう? 「ねぇ…」はぁ、「輝く季節の中で」のぉ、サントラ、をぉ、イメージして曲作ったの。

で最初はだから、センスの人に頼もっかなぁ〜と思ってたんだけどもぉ。わざわざまた頼んであれだったらあれかなぁ〜と思いながら。自分でこんな「わぁ〜」と思いながら。「アレンジとかこんな感じでお願いしま〜す。」つって。

「ブラザーズ」のサントラ、いいですよ。分かる、凄く。

(つづく)

posted by alfa at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−ハガキを読む(2)

『サムガ』

9月21日 (レポ)

(つづき)

中居:
東京都の○○さん。

(ハガキ)
久しぶりに、大阪に行くのですが。交通手段を、どうするかで、迷っております。中居君は、プライベートでの移動は、飛行機と新幹線、どちらが好きですか?

中居:
う〜ん、どっちだろうねぇ? ほんとに無目的というかぁ、目的がぁ、そんなに、のんびり出来るんでしたらぁ、もう一番、ほんとにいいのはやっぱ鈍行とかで行ってみたいですねぇ〜。

多分新幹線でぇ、え〜、例えばじゃぁ、「ライブやりますぅ。名古屋行きます。大阪行きます。」とかぁ。もうほとんどカーテン、というか、閉めっぱなしでぇ、あの〜、日をぉ、お〜、車内に入れずに寝てるとかぁ。あんまり景色とか見ることが無いのでぇ。

プライベートで行く時はぁ、景色やっぱ見れたりもしますしぃ。もし、時間があるなら鈍行で行きたいですねぇ〜。う〜ん。

ほんとに急がなきゃいけない時っていうのは、大阪行くのはでもやっぱ飛行機んなるかなぁ〜? う〜ん。

プライベート、で大阪、例えばおばあちゃん居た時とか、おばあちゃんち行く時とかぁ、まぁ飛行機、新幹線、でも時間が無かったりするから、飛行機だったりすんのかなぁ〜? 

なんか、なんか列車あるねぇ? 日本海側か太平洋側かどっちか分かんないけど。ず〜っとなんかこう…、そうそう、トワイライトエクスプレス? 札幌、あ〜、あれ日本海側だっけぇ? 

あ〜れ行きたいよねぇ。あれ乗りたいねぇ。20何時間? 大阪から…。ちょっとねぇ、日本海側をず〜っと四国とかぁ、九州一周とかでもいんですけどぉ。なんか電車で乗ってぇ、なんかのんびり行きたいなぁ〜って。それはちょっとありますねぇ。

(つづく)

posted by alfa at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−ハガキを読む(1)

『サムガ』

9月21日 (レポ)

<ハガキを読む>

中居:
SMAP、中居正広、サムガールSMAP。割とダラダラと、ハガキ読むぞ〜、スペシャルー。

「家電ショップの掃除機コーナーに行くと、ロボット掃除機が目立ちます。結構いろんな種類が置いてあります。留守中に掃除してくれる、音が静か、排気が少なくてホコリが立たない、などメリットがあるようですが。家中も中居君、ロボット掃除機使ったりも、あんまり興味ない?」


掃除機はねぇ、なんだっけなぁ〜? あれ、なんだっけなぁ〜? なんかのねぇ、景品で当たった掃除機使ってんだよなぁ。あのねぇ身長ねぇ、120ぐらいかな。こんぐらいでずっと、置いてて充電しててぇ。もう立ってるの、こうやってずっと。う〜ん。それずっと使ってる。


あの〜、ロボットのヤツあるんですけどぉ。あれやるとぉ、俺、地べたに置いてるのが
凄く多いからぁ。地べた生活だからぁ。地べたにぃ、なんかさぁ、ボックスがあってそこにさぁ、あの〜、なんか爪楊枝とか綿棒とかペンとかさぁ、なんかタバコとか灰皿とか置いてあんのよ。

で気づいたらさぁ、そのなんか、メモとか、そういうもの、部屋の隅っこに行っちゃってんのね。(笑)「おいお前、やめてくれよ!」みたいな。「ここに置いてんのにぃ。」とか。ティッシュケースとかねぇ、また左の隅っこに置いてあったからさぁ。「それ、いじんなよ! ロボット。」っていう。


それで思い出しちゃった。「Joy!!」。


るんるん曲:Joy!!


(CM)

 

 

(つづく)

posted by alfa at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

お詫び

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

今、携帯電話から送信しています。

パソコンが故障してしまいまして、ラジオのレポの更新が出来なくなってしまいました。

レポを楽しみにされている方には、大変申し訳ございません。

再開出来るまで、もう暫くお待ち下さい。

(アルファ)
posted by alfa at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スマコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

「おはスマ」−馬

『おはスマ』

9月16日(月) (レポ)

るんるん曲:オリジナルスマイル

草なぎ:
おはようございます。SMAPの草なぎ剛です。9月16日、今日、お誕生日のみなさん、おめでとう。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、雨のち曇り。

今日はねぇ、「競馬の日」なんです。う〜ん。

馬は好きですけどねぇ。乗馬は好き。映画で、馬乗らないといけないんでぇ。練習させてもらって、乗れるようになったんですけど。

でちょっと前にねぇ、ユースケさんにねぇ、1年ぐらい前かな? あの〜、「ぷっすま」でねぇ、ユースケさんに、やらしたんですけどぉ。ユースケさん凄くねぇ、素質あって、すぐ乗れちゃうの。う〜ん。あれビックリしましたねぇ。

馬、好きですよ。あの〜、時代、を感じられるの。昔の。昔の人って車とか無い時にぃ、馬、で移動してたんだなぁ〜とか。何かねぇ、凄いいい気分になるんですよねぇ〜。

乗りに行きたいですねぇ〜。東京じゃ、なかなか乗れないんでねぇ〜。やっぱちょっと時間無いとぉ、乗りに、行きたいなぁと思ってもすぐねぇ…。まぁそれもいいとこなのかなぁ? 何か。う〜ん。

でも行きたい。行って来ます。乗馬しに。落馬だけには皆さん気をつけましょう。

さぁ、中西さ〜ん、馬乗ったことありますかぁ? 



中西:
無い…んですよねぇ〜。う〜ん。一度乗ってみたいなぁと。馬は…、まぁ、ここのところ、ずっと毎年(?)にも行ってますのでぇ。う〜ん。馬は見るんですけどねぇ。乗ってみたいなぁと。まぁ、馬と言うと、お〜、近いところで言うと凱旋門賞があるわけなんですがぁ。オルフェとキズナが勝ちましたねぇ。前哨戦ねぇ。楽しみですね。う〜ん。

草なぎさん、ありがとうございました。
posted by alfa at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

「サムガ」−『ATARU』本日公開(5)

『サムガ』

9月14日 (レポ)

(つづき)

中居:
スポーツやって、で僕が昔よく言いますけどもぉ。「皆が4番でピッチャーやりたいけども。う〜ん、そういう私利私欲持ってたら野球チームは強くならない。」ってねぇ。「まぁ、自分はもしかして2番でセカンドなのかなぁ?」とか。「あ〜、僕は4番でピッチャーやりたいけど。やっぱり僕は8番で、サードなのかなぁ?」とか。う〜ん、自分の向き不向きっていうのはしっかりとやっぱり…。

だから6年生になって、上級生んなってぇ、ねぇ、監督にコソコソ「俺とぉ、俺4番、でピッチャーやった方がいんじゃないか。あいつやっぱ、あいつダメだしぃ。あいつはこうこう、ダメだからぁ。あいつのストレートはダメだしぃ、あいつ、変化球がダメだしぃ、あいつ、大振りするからぁ。」って。「俺がピッチャーの方がいいと思う。」みたいなぁ、ことを、例えば監督にちょこちょこ言ってたりして。

それでまたピッチャー掴めたとしても、う〜ん、ね、「俺もやっぱりじゃぁその、4番でピッチャー、あいつが、あいつは4番でピッチャーは似合わないよ。出来るわけないじゃないか。」っていうようなやっぱり、本人がいる所で、いるような、あの〜、チーム作りの方がいいですね。う〜ん。

でもそれは、ほんとに、う〜ん、お陰さまで、堀北さんも、お〜、お話しながら…、あの〜、こうやって僕なんかが話してるのはやっぱり聞いてたのか分かんないですけども。「う〜ん、私はこういう風に思うんですけども、いかがでしょうか?」ってしっかり話してくれたりして。それは凄く助かったなぁとは思いますね。

栗山さんは…、うん、「そんで栗山さんはぁ?」つった日に終わったの? 栗山さんはねぇ、あの〜、どっちかっていうと僕とか北村さんよりもぉ、あのそんなに、「こうした方がいい、ああした方がいい。」って、いうような意見を、考えてなくはないんですけどもぉ。「どっちの方がいいか?っていうぅ、のを判断があまり、自分の中では分かんないんですよぉ。」って。「こっちもあるな、あっちもあるなぁ。」って。「だからそんなに自信が無い…。」

で僕なんかはやっぱりこう、まぁ普通に「こっちとこっちだったら、どっちの方がやりやすいですかねぇ? やりやすい? 栗山さんは。」っていうような何か、もう監督も含めてですね。

まぁそんな中で、「ATARU」って、ねぇ、スタイリッシュに、カッコつけてやったらぁ、普通の、推理、刑事もの、サスペンスみたいのでぇ、出来るんでしょうけどもぉ。何か栗山さんが凄くやっぱり、まぁ、舞子という役を全うしてくれてるというか、ちょっとコミカルな部分を、全部背負ってじゃないですけどもぉ。やってくれてまぁ「ATARU」ワールドじゃないですがぁ。「ATARU」を、他の作品との差別化じゃないですかども。

「『ATARU』ってやっぱ、どこの作品とも、被らないなぁ〜。」っていうのがやっぱり、ねぇ、原作の、オリジナル作品の魅力だなぁと思うんですけどぉ。「それをやっぱ消去してんのは栗山さんなのかなぁ〜。」って、思いますよね。う〜ん。

堀北さんねぇ…、あの〜、雑誌等でぇ、もうほとんど喋んないみたいな。(カカカ笑)あの〜、ほんとあんまよく喋ら、よく喋らない、子なんで。もうず〜っと聞いててぇ。「ほんっとに喋んない子なんですぅ。」って言うからぁ。そういう風に話してたらぁ、以外…じゃないですけどもぉ。う〜ん、まぁアメリカもそうですしぃ、東京もそうですけどぉ。結構喋りましたねぇ。(カカカ笑)

結構どころじゃなくてぇ、まぁ、あの〜、アメリカか何かねぇ、あの移動の車…でねぇ、4〜5時間あったんですよ。で撮影が終わって「帰ります。」って3〜4時間あったのかなぁ? 

あの〜、皆やっぱ疲れてるから寝るんで、寝ててぇ。隣に乗って本読んでたらぁ、堀北さん、起きててぇ。3時間、ず〜っと2人で何かいろんなことを話したなぁ〜。覚えてますねぇ…。

それ、まぁそれをきっかけ、まぁ多分それは、むしろ堀北さん、すっげぇ気ぃ使ってくれたのか分かんないですけどもぉ。「俺がコミュニケーションをとんなければいけない。」っていうのを察知してぇ、「あ、コミュニケーションをとらないと、この人、ダメなっちゃうのかなぁ?(笑)」とか。(カカカ笑)

だからこっちが気ぃ使ってたのが逆にあっち…、「堀北さんの方が気ぃ使ってたのかなぁ?」なんつって。

だほんと全然、2人で、全然居ても全然平気な人でしたねぇ。だから2人で喋んなくても大丈夫…、な人、だからこれ楽ですよねぇ。喋んなくて。最初やっぱり喋んなければいいじゃん。ジャカジャカジャカジャカしてて。ところが途中から、「この人喋んなくていいや。」っていうぐらいまで、あの〜、そんな距離んなれたのが。喋んないで、居られるっつうのが、なかなか、珍しい人だったんじゃないかなぁと思いますけども。

椎名林檎さん。「自由へ道連れ」。どうぞ。

るんるん曲:自由へ道連れ

(CM)

さて、この番組では、あなたからのお便り、お待ちしております。おハガキの、宛先は、〒番号100の8439、ニッポン放送、中居正広の、サムガールSMAPで〜す。

そんな中で、お別れの時間です。

9月の18日、「オールナイトニッポンゴールド」、聴いてね! また来週。

今週の、おまけハガキー。

藤沢市の、○○。

(ハガキ)
中居君は、自分で「お尻がチャームポイント。」と言っていましたが。顔パーツではどこがチャームポイントだと、思いますか? 

中居:
う〜ん…、耳かなぁ? すっげぇ適当で…。

また来週。
posted by alfa at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−『ATARU』本日公開(4)

『サムガ』

9月14日 (レポ)

(つづき)

中居:
やっぱ、話を聞いてると、でもぉ、役者さんとぉ、スタッフが話すの、話して、何かねぇ、僕ら今までの経験ですれば、コソコソするでしょ、ことが多いんですよ。他の共演者にはぁ、ちょっとあんま聞かれたくないようなことをぉ、何かこう、ディスカッションしてんのかなぁとか。

それって何か、ちょっと寂しかったりとかぁ、う〜ん、そりゃぁ、主役とか主役じゃないとか関係なくぅ。何かねぇ、コソコソって言ったら言葉悪いですけどもぉ。何かこう小さい声で「ここ、こうこうしたら、こっちが…。」って何かあっちじゃぁまとまってぇ、方向が来るみたいな。

そういうのって昔よく経験があったんですけどもぉ。まぁお陰様でっていうかぁ、まぁ僕あんま比較的コソコソとかぁ、ねぇ、したくないし、する方じゃないのでぇ。

あの〜、北村さんなんかやっぱ、胸を張って、っていうか、あの誰にも、誰にも、聞いてもらってもいいようなディスカッションをしてくれるというか。そこ胸張れないのって凄く、気持ち悪いじゃないですか。

だからそういうこと考えるとぉ、まぁ僕もそうですしぃ。まぁ北村さんもそうですしぃ。他のキャストの人達も、あの〜、もっと大きな声で、皆に聞こえるように、何か、「や、ここを…、こうこうこうのがいいんじゃないですかねぇ?」って。「やぁ、私が思うにはここが主に…。」みたいなことが出来たからよかった。

だから自分の見てくれとかぁ、あの〜、自分の、見え方とかをぉ、話す、ようなことだとぉ、多分声が小さくなると思うんです。「他の人に聞かれちゃぁいけないなぁ。」と思って。

でそういうものっていうのは基本的には説得力が無くなりますからぁ。監督にぃ、「実は俺、こうしたいんだよなぁ。」っていうようなことっていうのはぁ、見てくれを、とかぁ、私利私欲の中のディスカッションっていうのはぁ、あの〜、監督がこうず〜っと、話してててもぉ、「や、それお前さぁ。」って。「自分の見え方しか考えてねぇんじゃない?」とかすぐ分かりますからぁ。

でもそういう人達がやっぱりねぇ、1人もいなかったっていうのはぁ、こぉ〜れはねぇ、なかなか珍しいですねぇ。

だから自分が出て、自分のこと、自分、僕だったらチョコザイ以外のこととかだったら完全に僕、話せますしぃ。「栗山さんもっとこっちの方が素敵じゃないかなぁ〜?」「北村さん、こっちの方が…。」まぁ作品を通してぇ、それがぁ、だから志が、ほんとに何か作品を、「ATARU」という映画を、あの〜、よりよく、いい作品になるためにって、そういう中でやるっていうのは、こぉ〜れはでもねぇ、素晴らしいことでしたねぇ〜。

(つづく)

posted by alfa at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする