2012年02月29日

「おはスマ」−ニンニク

『おはスマ』

2月29日(水) (レポ)

るんるん曲:朝日を見に行こうよ

草なぎ:
おはようございます。SMAPの草なぎ剛です。2月29日。今日、お誕生日のみなさん、おめでとう。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、雪のち曇り。

今日はねぇ、語呂合わせでぇ、「ニンニクの日」なんだって。

ニンニク、食べますねぇ。キムチが好きなんでぇ。自然に入ってるっていうか。

あとねぇ、豚汁とか、あとキムチチゲとか作る時とかに、全然隠し味っていうか普通に、当たり前のように使います。風邪にもいいですしぃ。

あ〜、そうか。「明日仕事で、どうしようかなぁ?」と思ってもぉ、冬は、風邪をひくよりかいいからぁ。「共演者の方に申し訳ないけど、食べちゃおう。」と思ってぇ。いつも食べます。

でも何か、キスシーンとかある日とかはぁ、一応気をつけます。は〜い。それは何かマナーとして。

でもやっぱり一番はぁ、風邪をひきたくない。ニンニクを食べるとほんとにぃ、体力が上がってぇ、免疫力が上がってぇ、風邪をひきにくくなる。

風邪以外にも、何かねぇ、全体的に身体のねぇ、何ていうの、モチベーション? 上がりますね。

なのでぇ、どうしてもニンニキに、ニンニキニキニキ、ニンニキニキニキにですねぇ、頼らざるをえません、僕は。は〜い。

さぁ、ということで、中西さん、ニンニク最近、食べました?



中西:
すいません昨日、食べました。(笑)前に高橋さんがいるんですけど…。やっぱり僕も、風邪ひきたくないんでぇ、食べちゃいます。

なるべく焼いたりしてますね。う〜ん。生は、ちょっとリスキーですね。(笑)なるべくこう、加工したものに、していきたいなと。

でもやっぱりニンニクが好きです。

草なぎさん、ありがとうございました。
posted by alfa at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ストスマ」−韓国語で会話

『ストスマ』

2月28日(火) (レポ)

<イケTEL SMAP>

(韓国語会話の部分は、必ずしも正確ではありませんので。ご了承ください。)

草なぎ:
さぁ、そいうことで、みなさん、こんにちは。こんばんはですね。2月28日、火曜日でございます。さぁ、みなさん、どのようにお過ごしでしょうか? まだ寒いですけどね。風邪には注意してください。

今夜は<イケTEL SMAP>をお送りしま〜す。

さぁ、ということで。早速じゃぁ、かけてみましょうか。


電話
さおり : もしもしぃ。
草なぎ : もしもしぃ。剛ですけど。
さおり : え〜?
草なぎ : さおりさんですかぁ? 
さおり : つよぽん? 
草なぎ : は〜い。
さおり : え〜? うそぉ〜!
草なぎ : う〜ん。
さおり : ほんとに? 
草なぎ : は〜い。
さおり : え〜? まちがい(笑)…
草なぎ : え〜、さおりさんだって、手紙沢山、送ってるでしょう? 
さおり : 送った送った。今も書いてた。(笑)
草なぎ : あはっ(笑)ほんと? 凄いねぇ。
さおり : え〜? マジでぇ? 
草なぎ : あれですねぇ。お会いしたことあるみたいですねぇ。今って、ハガキが何枚か、あって。
さおり : う〜ん、そう。
草なぎ : 風船割りをした、ことがあんのかな? 僕と。
さおり : (笑)そう。覚えてくれてますかぁ? 
草なぎ : う〜ん。
さおり : え〜? ほんとにぃ? 
草なぎ : 神戸の、ファンミーティングで。
さおり : そう、そうそう。
草なぎ : う〜ん。
さおり : ヤバ、今死にそう。(笑)え〜? マジで?
草なぎ : そうだよねぇ。
さおり : は〜い、そうなんです。あの時、すっごく緊張しててぇ。
草なぎ : う〜ん。
さおり : 何かもう、夢みたいでぇ。
草なぎ : あ〜、そうだよねぇ、あん時ねぇ。
さおり : そう。え何か、今も夢みたい。(笑)
草なぎ : 初めてですか?<イケTEL>は。
さおり : う〜ん、初めてです。
草なぎ : あ、ほんと〜? わ〜、凄い凄い。
さおり : つよぽんにしか出したことない。(笑)
草なぎ : え? 
さおり : つよぽんにしか出したことなくてぇ。
草なぎ : あ、ほんとぉ? 
さおり : もう、ほんとにほんとに。
草なぎ : あ〜そう? 
さおり : そう〜。それでぇ…
草なぎ : え〜? 元気ですかぁ? 
さおり : めっちゃ元気です。
草なぎ : めっちゃ元気ですか? 
さおり : は〜い。(笑)
草なぎ : え、お住まいは、神戸なんですかぁ? 
さおり : えっとぉ、姫路なんですけどぉ。
草なぎ : う〜ん。あ…
さおり : そうなんですけどぉ。来月から東京、なんです。働く…
草なぎ : え? そうなの?
さおり : 会社が変わって、は〜い。
草なぎ : 誰か東京、友達いるのぉ? 
さおり : います。あの〜、つよぽんファンの友達が沢山います。
草なぎ : あ、ほんとぉ?(笑) じゃぁちゃんとみんなにちょっ、こう助けてもらってっていうかねぇ。ねぇ? 
さおり : そう、みんなに助けてもらってぇ。
草なぎ : う〜ん。そうだよぉ。
さおり : そう。何か韓国に住んでてぇ。ずっと。
草なぎ : 誰ぇ? 
さおり : 私。
草なぎ : あ〜、じゃぁハングマル、ハ、ハセヨ。
さおり : エー、ハルシッソヨ。(笑)
草なぎ : あ、チャーラシネヨ、チンチョ。
さおり : アンニュオー、つよぽんトーチャーレ、チャーラシネヨ。(笑)
草なぎ : あ、コンバンオヨ。ミョンニャン、ミョンニョンドーガ、ハングケー、アー、イッソヨ。
さおり : チョールン、オーニョンチョン、イッソッソヨ。
草なぎ : あ〜、クルセヨ。
さおり : オー。(笑)
草なぎ : へぇ〜〜。お〜、凄いねぇ。ほんとに。普通に。
さおり : いや〜、凄く、凄くないですよ。(笑)
草なぎ : え〜。
さおり : そうなんです〜。韓国語のぉ、仕事がしたくてぇ。
草なぎ : う〜ん。
さおり : でずっと探しててぇ。東京、にぃ、住むことにしてぇ。
草なぎ : あ、そぉ〜? 
さおり : そうなんです。
草なぎ : ふぅ〜ん。
さおり : だから韓国からもず〜っと、<イケTEL>出しててぇ。
草なぎ : あ、ほんとぉ? 
さおり : は〜い。でぇ、ライブの度に帰って来ててぇ。日本に。(笑)
草なぎ : (笑)あ〜そう? 
さおり : ライブ、外せないから。(笑)
草なぎ : あ〜ほんとぉ? 
さおり : そうなんです。は〜い。
草なぎ : じゃぁちょっと、来月からねぇ、
さおり : そう〜。
草なぎ : 頑張って。今、おいくつなんですか? さおりさんは。
さおり : 私今、30になっちゃいました。
草なぎ : あ、ほんとぉ? 
さおり : は〜い。
草なぎ : っていうか、これからじゃないですか? ねぇ? 
さおり : これからですかぁ? 
草なぎ : そうでしょう。30でしょう? ほんとに。
さおり : 女の、女の人は、もう30ってヤバクないですか? 
草なぎ : いやいや、いいじゃないですかぁ。凄く魅力的です。ほんとに。
さおり : (笑)大丈夫かなぁ?(笑) 
草なぎ : う〜ん、ほんと魅力的ですよ。
さおり : え〜、つよぽんみたいに、若くいたい。
草なぎ : 若くいたい、若いじゃないですかぁ! さおりさ〜ん。
さおり : 若い、ですかぁ〜? 
草なぎ : う〜ん。
さおり : 若い、あ、そうかなぁ…? 
草なぎ : 兄弟いないのぉ? 
さおり : 兄弟、弟がいます。
草なぎ : 弟、いくつですか? 
さおり : 弟、27ですね。
草なぎ : あ、そうなんだぁ。じゃぁ割かし近くてぇ。
さおり : そう〜。
草なぎ : う〜ん。一緒に住んでんの? 
さおり : そう。今は、一緒に住んでますね。
草なぎ : あ、ほんとぉ?
さおり : は〜い。
草なぎ : へぇ〜、そうなんだぁ。
さおり : そうなんですぅ。あ〜、嬉しいな〜。何かつよぽんと、韓国語で話せて。
草なぎ : だって、上手いもん。ほんと。
さおり : アーニュン、キッポヨ。
草なぎ : あ〜、(?)ハハァ。
さおり : ネェー。
草なぎ : へぇ〜、あ〜、凄いねぇ。
さおり : や〜、つよぽん、ほんと(?)
草なぎ : い〜じゃないですかぁ。さおりさん、何か。
さおり : え〜? 何がいんですか?(笑)
草なぎ : や〜、何か、韓国語話せてねぇ? 
さおり : 韓国語…
草なぎ : いいですよぉ。う〜ん。
さおり : は〜い。
草なぎ : あ〜そう…? 
さおり : 大好きなんです。つよぽんと韓国語が。(笑)
草なぎ : あ、ありがとうございます。ほんとうに。嬉しいわ。へぇ〜。
さおり : は〜い。私が嬉しいです、ほんとに。
草なぎ : (笑)あ、ほんとぉ? 
さおり : そう。ちょうどほんとに、今またハガキ書いててぇ。
草なぎ : う〜ん。
さおり : え、「どうしたら、電話かかって来るんかなぁ?」と思ってぇ。(笑)
草なぎ : う〜ん。じゃぁ、思いが通じたね? う〜ん。
さおり : あ〜、通じました、ほんとに。
草なぎ : う〜ん。マウニー、トンヘヨですよ。ねぇ? 
さおり : は〜い。
草なぎ : クミ、クミ、イロージョッタ。(笑)
さおり : ネェー、イロージョットヨ。
草なぎ : (笑)
さおり : ターメ、クミ、クムン、センガッケヤデヨ。(笑)
草なぎ : ネェー。
さおり : (笑)
草なぎ : ね、よかっやよかった、ほんとに。じゃぁでも、来月からさぁ、東京来るようんなったら、気をつけてねぇ、ほんとに。
さおり : は〜い。
草なぎ : う〜ん。じゃぁね、さおりさん。
さおり : は〜い。
草なぎ : さおりちゃんねぇ、じゃぁねぇ、リクエストの曲を1曲、もらいたいんですけどぉ。
さおり : えっとぉ、一番好きな曲がぁ、「ありがとう」なんでぇ。
草なぎ : う〜ん。
さおり : じゃぁ「ありがとう」で。
草なぎ : あ、さおりさんからリクエストをいただきました。「ありがとう」、カムサハムニダ。

るんるん曲:ありがとう

(宛先、等)

草なぎ : じゃぁ、さおりちゃん。
さおり : はい。
草なぎ : また、あのコンサートとかで今年、会えるんで、会いましょうね。
さおり : は〜い、ありがとうございます。はい。(笑)
草なぎ : うん、是非。じゃぁそん時はまた韓国語で。ね?
さおり : は〜い。
草なぎ : 話しましょう。
さおり : ネェー、ネェー。
草なぎ : じゃぁね〜。アンニョイ。
さおり : ネェー、アンニョンニ。オンゼンツッチヘルムンカッセヨ。
草なぎ : エー、イエイエ。え〜、ソロヒムルッシア。
さおり : ネェー、ネェー。
草なぎ : え〜、バイバーイ。
さおり : ネェー、カムサハムニダ。
草なぎ : は〜い。
posted by alfa at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

「おはスマ」−バカヤロー

『おはスマ』

2月28日(火) (レポ)

るんるん曲:Let It Be

草なぎ:
おはようございます。SMAPの草なぎ剛です。2月28日。今日、お誕生日のみなさん、おめでとうございます。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、晴れ時々曇り。

今日はねぇ、「バカヤローの日」なったんだって、みなさん。何か、1953年この日に、吉田茂元首相が、西村栄一議員の、質問に「バカヤロー」と発言。これが元になって衆議院が解散してしまい、「「バカヤロー解散」と呼ばれている。へぇ〜。そうなんだ。

そうか、ああいう場面で、バカヤローとか、そういう暴言を吐いてはいけないことんなってんだ。あぁ、大変ですよねぇ。まぁ、ああいう、言い合い、だったらねぇ? 「バカヤロー」って言い、言いたい気持ちは分かりますけどねぇ。う〜ん。

最近でも「バカヤロー」って言ってないですねぇ。あぁ、映画の撮影で結構言ってました。「任侠ヘルパー」で。今年11月に、公開なんですけどぉ。あぁ、「バカヤロー」、言ってましたねぇ。う〜ん。彦一が。彦一という役だったんですけどぉ。

バカヤロー…、バカヤローって。バカヤローばっか言ってた。(笑)ほとんどバカヤローしか台詞無いかも知れない。それほどバカヤローって言ってましたけどねぇ。う〜ん。

でももう「バカヤロー」っていうことあったら、いんじゃないですか? あの言っちゃっても。あの本人に言うんじゃなくてぇ、直接。何か、土手とかに、行って、叫ぶとかぁ。う〜ん。大きな声で。う〜ん。ストレス発散しないと、やっぱりね。溜まっちゃいますからね。

たまに「バカヤロー」って言って発散してください。

ということで中西さん、バカヤローって、最近言いましたぁ?



中西:
僕もあんまり、言わないですねぇ。「バカヤロー」、言わないですねぇ。

でもまぁあの〜、自分のこう、人生の教訓の一つに、「明日やろうはバカヤロー」なんで。

もうこれやってから人生変わったんですよね〜。いつか必ずやんなきゃいけないことをぉ、明日に先送りしないっていうことを、やり始めてから。「あ〜、これ絶対今週末にやっとかなきゃいけないな〜。」って、今やろうと思ったらぁ、急に時間が作れるようになったんでぇ。

お薦めですけどね。これはね〜。う〜ん。

草なぎさん、ありがとうございました。
posted by alfa at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ストスマ」−映画『任侠ヘルパー』

『ストスマ』

2月27日(月) (レポ)

<SMAPな夜>

草なぎ:
みなさん、こんばんは。2月27日、月曜日でござます。え〜、今日からわたくし草なぎ剛が担当いたしま〜す。え〜、こんばんは〜。

え〜、神奈川県、あやのさんです。

(ハガキ)
最近よく、ドライブしているそうですが。お気に入りのコースはありますか? 

草なぎ:
そですね〜。う〜ん。あの〜、あんまり分からないですね、地名とかはねぇ。正直。あの〜、ほんとにねぇ、東京で長く暮らしてんですけどぉ。もうほんとにザックリしか分かんなくて。何だろう? いつもやっぱり運転してもらってるのでぇ。道の名前とか覚えたいですねぇ。

よくタモリさんなんか、地図が好きでねぇ。あの〜、暇があったら地図を、眺めてる方なんですけどぉ。僕も何か…、あの自分で行きたいところは行けるんだけどぉ。人にも説明出来なかったりとかして。どこ行ったかも、説明が出来ないというねぇ、感じなんで。今年はちょっと地図、見てぇ、道の名前とか覚えようかな〜なんても、思ってま〜す。

今夜は草なぎ剛の<SMAPな夜>を、送りします。

昭島市、ひろこさんです。

(ハガキ)
え〜、剛君、こんばんは〜。(草なぎ:こんばんは。)「任侠ヘルパー」、映画、化、おめでとうございます。「任侠ヘルパー」は、今までに無い、剛君の表情が見られたり、清四郎君、演じる、りょうたのやり取りに、ジーンとしたり。とっても大好きな作品で、毎週楽しみに観ていました。

今度はスクリーンで、彦一が観られると思うと、今から待ち遠しいです。

今の気持ちと、言える範囲でいいので、どんな展開か教えてください。

草なぎ:
はい。あの〜、先日、撮影の方が終了いたしまして。実は去年、からですねぇ。撮影入ってまして。寒い中、やてましたね〜。

あの〜、そうですねぇ、言える範囲ですけどぉ。彦一、僕、が、僕の役なんですけど。こう〜、旅をしてるような感じで。そこで沢山の、何かいろ〜んな方と出会っていくっていうような、内容なんですけどぉ。

何かねぇ、またその老人…介護だとか。社会派な面もきちんと描かれていてぇ。

「任侠ヘルパー」っていうタイトルがねぇ、ギャップがあってね。任侠とヘルパーってどうなっちゃうのかな〜っていう、最初ドラマん時あったんですけどぉ。看護んところも、ちゃんと描かれて。

あと〜、その極道の世界のところも、ほんとド…、ドキドキワクワク、あの〜、する感じで。

今回もねぇ、う〜ん、立派な社会派の、映画なんだけどぉ。凄く、娯楽作品にもなってると、思うのでぇ。そこが何か魅力かな〜と思ってますねぇ。う〜ん。

彦一がねぇ、結構ねぇ、宙ぶらりんな状態で。堅気でもなくぅ、極道でもないような、ところから始まるんですけどぉ。そっからねぇ、またその〜、老人介護という、ところに繋がっていくんだけど。そこには、いろんな人が、登場して。う〜ん。一癖も、二癖も、あるような方が、出て来て。

面白いですよ。ほんとに。う〜ん。

彦一ってぇ、ダークヒーロー、じゃないですかぁ。ストレートヒーローじゃないところが凄い好きでぇ。影があって。こう〜、全部が全部ね、あの肯定出来るところを、持っているんじゃなくてねぇ。やっぱり何かちょっと、社会的には、よくないところがあったりするのでぇ。まともなストレートヒーローじゃないんですけど。

でも彼が持っている、何かどっか任侠道だとかぁ。人情だとか。そういう真っ直ぐな、心が何か、介護の世界にも繋がって来たりとか。何か、「あ〜、こういう、人って男らしいな〜。」ってちょっとは、憧れてしまう部分だとか。

実際はねぇ、そんな、あの〜、乱暴したり、何かねぇ、いけないんだけどぉ。そういう気持ちとかってやっぱ大事だな〜って思ったりするのでぇ。僕も凄い好きな役なので。

まぁなかなか、あのストレートには、いいヤツだとも、言いにくいんですけどぉ。彦一さんて。

でも何かねぇ、う〜ん、僕も何か男としてぇ、何か、憧れるな〜、って思ってしまうところがあるのでぇ。

だからみんなにも観てもらいたいですね。男の人にも。う〜ん。勿論、女の人にも観てもらいたいですけど。う〜ん。

とにかくスクリーン中で、大暴れしてるんで。50人と戦ったりとかしてるので。凄く、う〜ん、乱闘シーンももう何か、多分、そこら辺はもう、もう娯楽作品として、あ〜、気持ちよく観ていただけると思うので。

う〜ん。スクリーンの中で、今年は、大暴れしますので。11月ですか? 公開。え〜、もう少しですが、みなさん、え〜、期待してお待ちください。

さぁ、ということで、1曲かけましょう。SMAPで、「そっと、きゅっと」。

るんるん曲:そっと、きゅっと

(宛先、等)

それじゃぁみなさん、またね〜、バイバーイ。
posted by alfa at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

「おはスマ」−女性誌

『おはスマ』

2月27日(月) (レポ)

るんるん曲:Dear WOMAN

草なぎ:
おはようございます。SMAPの草なぎ剛です。2月27日。今日、お誕生日のみなさん、おめでとうございます。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、曇り時々晴れ。

さぁ、今日から暫く、僕、草なぎ剛がお相手させていただきます。

さぁ、みなさん、え〜、今日はねぇ、あの〜、「女性雑誌」の日なんですって。へぇ〜、そうなんだ? 1693年、この日に、ロンドンで世界初の女性向けの雑誌、「ザ・レディース・マーキュリー」が、創刊、されました。あ〜、そうですかぁ。今は、こんなに世の中、女性誌が、溢れてるというのに。

女性誌、読みますよぉ。結構。パラパラーッと。「SMAP×SMAP」のねぇ、楽屋に置いてあるんでねぇ、結構。

何か、「女性のファッションはどういうのかな〜?」って、気になったりとかしてぇ。「あ〜、こういうデニムが流行ってんだぁ?」とか。「こういうブーツが流行ってんだぁ?」とか。結構チェックします。

あの〜、一つねぇ、僕ねぇ、ライダースをねぇ、実は女性のライダースも1個持っててぇ。それはレディーズの、サイズの、大きいヤツを買ってぇ。それは、普通に着てますねぇ。何か形がよかったんでぇ。「これ、レディーズの大っきいのありますかぁ?」って言って、着てみたら、ちょうどよかったんで。それ着てますねぇ。う〜ん。

って感じで、女性誌からも、結構ヒントを、得てます。

中西さ〜ん、女性誌なんか、見たことありますか? 



中西:
ありますね。僕は、毎月女性誌、最低、5誌は読んでいるのでぇ。

でまぁ、僕もあの、草なぎさんと同じように、女性誌から、ヒントを得ていることが多いです。まぁ色使いとか。

まぁあとは、レディースが流行ったブランドが男性のブランド出すこともよくありますしぃ。

それからあの〜、男性のファッション誌だと比較的カバン持ってる、あの、シーンが少ないんですけど。女性誌は、カバン持ってるシーンが結構多いのでぇ。まぁその色使いとかも、ヒントんなりますね。

ちなみに女性誌は常に、美容院で読んでます。「Can Cam」、「STORY」とかね。いろいろありますけどね。だいたい読んでます。

草なぎさん、ありがとうございました。
posted by alfa at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

「サムガ」−2万円プレゼント(3)

『サムガ』

2月25日 (レポ)

(つづき)
 
中居  : 中日が好きなの? 
ようへい: あ〜、中日ファンです。
中居  : じゃぁ、この問題をぉ、出来ればぁ、
ようへい: はい。
中居  : あの〜、3問出すから。中日の問題を。
ようへい: あ〜はい。
中居  : い〜い?
ようへい: あ〜はい。
中居  : 問題です。中日の、選手の中で、歴代、PL学園出身の選手は、誰でしょう?
ようへい: 立浪。
中居  : お〜〜、早〜い! 早かったねぇ。
ようへい: あ〜はい。
中居  : あ〜ヤベェ。知ってるねぇ。続いての問題。
ようへい: はい。
中居  : 現在の、高木監督、になってからの、投手、コーチは、誰でしょう? 
ようへい: 投手コーチ…、う〜ん投手コーチ…、う〜ん…。
中居  : 昔、横浜のぉ、監督やってた。デンデンデンデン、雨デンデン。
ようへい: デンデンデンデン雨デンデン? 
中居  : (カカカ笑)
ようへい: 雨デンデン? 
中居  : そのデンデンの部分だよ。あ〜、ちょっと2問目、難しかったなぁ。じゃぁこれ無しにしてあげんね。
ようへい: あ〜、ありがとうございま〜す。
中居  : 正解、権藤。え〜
ようへい: 権藤? 
中居  : 権藤っていう人ね。
ようへい: あぁ…。
中居  : 問題。
ようへい: はい。
中居  : 中日ドラゴンズの、背番号31番は? 
ようへい: 背番号31番…、う〜ん…。
中居  : PL立浪出て来て、これ、これはそんなに難しくないよ。
ようへい: …背番号30…
中居  : 31番。3番打ってる人だよ。
ようへい: 31番…
中居  : 3番でサード守ってる人。
ようへい: 森野。
中居  : 正解! 最後の問題です。
ようへい: はい。
中居  : 4番バッターを打っているのは? 
ようへい: 和田。
中居  : ブランコですが。
ようへい: あ…
中居  : もうその時点でおかしいでしょう?(笑)ブランコでしょう? 
ようへい: あ〜はい。
中居  : 5番、和田でさぁ。う〜ん。ブランコでしたが、ブランコが、入る前に、4番を打っていた、外国人バッターは!? 
ようへい: 外国人バッター、タイロン・ウッズ。
中居  : せいか〜い。(カンカンカンカンカンカン!)
ようへい: あ〜鳴った。
中居  : 2万円あげるよ。
ようへい: あ〜、ありがとうございま〜す。
中居  : 2万円だよ。
ようへい: う〜ん、凄く嬉しいです。
中居  : 何使う? 何使う? 何使う? 
ようへい: バッティングセンター、に、いっぱい、いや、死ぬほど使いたいです。
ママ  : (笑)
中居  : 2万円だったら、20回出来るよ。
ようへい: あ〜はい。
中居  : で、ぶっちゃけ何に使う? でぶっちゃけ、2、2万円分、さぁ、バッティングセンター使わないじゃん。ぶっちゃけ。
ようへい: う〜ん。
中居  : ぶっちゃけ何に使う? 2万円あったら。
ようへい: ぶっちゃけ…、あの、多分ん、好きな、お菓子とか、使っちゃうと思う。
ママ  : (笑)
中居  : (笑)ぶっちゃけ(カカカ笑)。
ようへい: 好きな、ゲームソフトとか。
中居  : 一番ダメなパターンだねぇ、それ。
ようへい: (笑)
中居  : 全然、切実さが無いねぇ。まぁ好きに使いな。
ようへい: あ〜はい。
中居  : う〜ん。ラーメン、食べたの? もう。
ようへい: あ〜、今ちょっと食べとる途中に電話かかって来たから。
中居  : え? 伸びちゃってる? 
ようへい: あ、多分。
中居  : ごめん! 
ようへい: あ、大丈夫です。
中居  : ごめん、ほんとに。
ようへい: あ〜はい。
中居  : じゃぁ、2万円プラスぅ、あの、どん兵衛送るから。
ようへい: あ〜ありがとうございます。
中居  : う〜ん。ね。
ようへい: あ、はい。
中居  : あ〜じゃぁ逆にさぁ、
ようへい: あ、はい。
中居  : ようへい君からの、中日問題何か出して。俺、答えるから。
ようへい: あ〜じゃぁ、
中居  : う〜ん。
ようへい: いきます。
中居  : いいよ。
ようへい: え〜、今年に、メジャーから、まぁ復活した、投手の名前は? 
中居  : 川上。川上。
ようへい: あ、正解で〜す。
中居  : じゃぁ次俺な。
ようへい: あ〜はい。
中居  : 堂上の前に、背番号1番を付けていた選手は? 
ようへい: 福留孝介。
中居  : 正解。あ、次、ようへい、いいよ。(カカカ笑)
ようへい: あ〜はい。
中居  : 次、ようへいの番。
ようへい: えじゃぁ、え〜、落合監督の前の、元監督は誰でしょう? 
中居  : 落合監督の前って誰だっけ…? ちょっと待てよ。落合監督の前、いい問題だねぇ。ちょっと歴代挙げてみようか。ちょっと待ってて。
ようへい: あ〜はい。
中居  : たか、高木守道やってぇ…、星野さん終ってぇ…、近藤監督があってぇ…、山田!
ようへい: あ〜、正解で〜す。
中居  : 山田久志。危ねぇ〜。さて問題です。
ようへい: あ、は〜い。
中居  : ファースト矢沢、セカンド高木、ショート宇野、その時代のサードは誰でしょう? 
ようへい: 落合。
中居  : やぁ〜! モッカ。(カカカ笑)(スタッフ:笑)正解、モッカでした。
ようへい: え? 誰ですか?  
中居  : え? モッカっていたんだ、外国人選手。知らない? 
ようへい: あ〜知りません。
中居  : その後だね。出て来たのが。
ようへい: あ〜はい。
中居  : じゃぁいいよ、そっち。そっち出していいよ。
ようへい: じゃぁ、去年のぉ、
中居  : おお。
ようへい: 去年の中日の、開幕投手は誰でしょう? 
中居  : 去年のぉ…、
ようへい: 俺知っとるよ。
中居  : え〜っとねぇ、えん、え〜、ニコルソンじゃなくて、ネルソン!
ようへい: あ〜、正解で〜す。それからねぇ…(スタッフ:笑)
中居  : 俺、凄くない? 
ようへい: (笑)凄い。
中居  : ぶっちゃけねぇ、俺ねぇ、ジャイアンツだけじゃないんだよ。落合監督就任1年目の、開幕投手は? 
ようへい: 落合監督就任…、う〜ん…、川上。
中居  : ブブー。川崎。
ようへい: 川崎? あぁ…。
中居  : 3年間、投げてないピッチャーがいてねぇ。
ようへい: あ〜はい。
中居  : そいつを、開幕、1軍にしたの。
ようへい: う〜ん。
中居  : よし、いいよ、そっち。(カカカ笑)(ブヒッ!)
ようへい: じゃぁ、出します。
中居  : う〜ん。
ようへい: じゃぁ今年の、背番号、10…8番は? 
中居  : …あ〜! いたなぁ〜。あいつ、やっべ、これ出て来ねぇや! 右の、本格的な、ピッチャーいたよなぁ〜? 伊藤? 
ようへい: 伊藤? 伊藤まで合ってる。
中居  : え!? 下の名前も!?(笑)伊藤…、だってあれまだ、2年目と3年目とかじゃ〜ん! 
ようへい: あ〜僕握手しました、その人と。
中居  : いや、握手はいんだけど。伊藤!何だっけ!?分かんねぇよ! 何かいい名前なんだよなぁ〜? 
ようへい: 正解言います。
中居  : おおいい、正解何…? 
ようへい: 伊藤準規でした。
中居  : え? 
ようへい: 伊藤準規でした。
中居  : (チッ)…だってまだ、さぁ、そんな投げてないじゃん。
ようへい: あぁ…
中居  : そう思わない? 
ようへい: あ〜はい。
中居  : じゃぁ2万円あげるから。
ようへい: あ、ありがとうございます。
中居  : でもほんと、中日好きなんだね? 
ようへい: あぁ、う〜ん、友達とよく、中日の帽子被って、
中居  : う〜ん。
ようへい: 野球の、真似、物真似とかして。
中居  : やってる? やっぱ和田、やりやすい? 
ようへい: あ〜和田、う〜ん、やりやすいです。
中居  : ねぇ? あ〜、平田かぁ? 
ようへい: はい。
中居  : チェン、いなくなっちゃったね? そうすると先発、誰がいんの? 吉見? 
ようへい: 吉見…
中居  : あと誰がいたっけなぁ? 山井とか朝倉とかか? 
ようへい: 山井とか朝倉…、中田。
中居  : 中田。山本昌は? 
ようへい: あ〜山本昌も、ちょっと、そういう…
中居  : そうだね。じゃぁね〜。
ようへい: わ〜、はい。え?もう、切っちゃう…?
中居  : もう切るよ、だって、俺こん、だってさぁ、俺これ、遊びでな…、遊びで、話してんじゃないんだよ。
ようへい: うん。は…
中居  : う〜ん。ね?
ようへい: あ、はい。
中居  : じゃぁね〜。
ようへい: はい、さよなら〜。
中居  : バイバーイ。
ようへい: は〜い。

中居:
(カンカンカンカンカンカン!)もうね、これの、楽しかったから、2万円あげるね。絶対、バッティングセンターに使わないね。お菓子ばっかり、だねぇ。

じゃぁこれで、じゃぁ…、「燃えよドラゴンズ」! どうぞ。

るんるん曲:燃えよドラゴンズ

(CM)

さて、この番組では、あなたからのお便り、お待ちしております。おハガキの、宛先は、郵便番号、100の8439、ニッポ放送、中居正広の、サムガールSMAPで〜す。

さぁ、お別れですけど。もうあんなねぇ、もうクイズとかやったらもう俺、一生出来るよ。でも俺、凄くない? ね? 伊藤まで出て来たんだよ。で伊藤まで。下の名前は分かんなかったなぁ〜。去年の開幕投手、ネルソンはよく出て来た、あすこねぇ。あすこ吉見とかチェンとか、いきたいとこなの、みんな。ネルソン。

それじゃぁまた来週。(笑)さよなら。

今週のおまけハガキー。

千葉市の、○○、あおい。

(ハガキ)
ガチャピンとムック。どっち派ですか?

中居:
どうでしょう?

また来週。
posted by alfa at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−2万円プレゼント(2)

『サムガ』

2月25日 (レポ)

(つづき)

中居:
改めまちこ。去年の8月に、この番組の聴取率が、よかったと、放送局から、2万円の、賞金を頂きました。表彰されたのも、ひとえに、聴いて、くださる、方が、いる、お陰。ということで、この賞金2万円をリスナーのみなさんに、還元することに。2万円分の欲しいものをハガキに書いて送っていただきました。

僕が「この人にあげたい。」という人のところに電話をして、詳しい話しを聴きます。ほんとにあげたくなったら2万円あげます。そうでもなかったら、あげません。その代わり、麻雀グッズを、あげます。

ちなみに12月も聴取率が、よかったので、また2万円の賞金を頂いちゃいました。なので、2万円の当選者は、2名まで、OKです。

じゃぁハガキ、ご紹介していきましょう。4万円あげたら? う〜ん。よっし。小林君が、選びました。前橋市の、電話かんのさん? すがのさん?電話かんのさんかな? すがのさん。え〜、「一番…、麻雀セットを買う、お金が、頂けないでしょうか? 一番好きな役は、緑、一色です。一人暮らし…、しのため、携帯はこちら。私は絶対、出ないけど、実家なら、出ます。」

残念。え〜、すがのさんには、あげません。はい、次。(カカカ笑)


電話電話電話え〜、○○、ようへい君。名古屋市の。

ようへい: は〜い。
中居  : もしもしぃ。
ようへい: あ〜はい。
中居  : ○○さんのお宅でしょうか? 
ようへい: あ〜、今お母さんに代わります。
中居  : あ、もしもし。ようへい? ようへい君? 
ようへい: あ、はい。
中居  : ようへい君はさぁ、
ようへい: はい。
中居  : な…、野球やってんの? 
ようへい: え?誰ですかぁ? 
中居  : 野球やってんの? 野球好き? 
ようへい: …誰か分かんないなぁ…。「ようへい君」て…。
中居  : (カカカ笑)
ママ  : もしもしぃ。
中居  : もしもしぃ。
ママ  : もしもしぃ。
中居  : あ、ようへい君、いらっしゃいますかぁ? 
ママ  : あ、ようへい…、ようへい…。
ようへい: (誰…?)
ママ  : (中居君…。)
ようへい: うん?
ママ  : (中居君。声が中居君。)
ようへい: あ〜はい。
中居  : もしもしぃ。
ようへい: あ〜はい。
中居  : 野球好きなの? 
ようへい: あ〜好きです。
中居  : 何で今、代わったの? お母さんに。
ようへい: あ〜、ち…、ちょっと、知らなかった人だと思ったから。
ママ  : (笑)
中居  : 何で? 俺の声で、分かんなかったの? 
ようへい: あ〜はい。
ママ  : (笑)
中居  : 俺、ショックじゃんか。声で気づかれない、なんて。
ようへい: あ〜…。
中居  : そんなの俺ヤダよ!
ようへい: あ〜はい。
中居  : 今何やってたの?(カカカ笑)
ようへい: あ今、ご飯食べてます。
中居  : 今日のご飯何? 
ようへい: 今日、ラーメン。
ママ  : (笑)
中居  : 何ラーメン? 
ようへい: 醤油ラーメン。
中居  : 何、お母さんと2人で食べてたの? 
ようへい: はい。
中居  : 兄弟は? 
ようへい: いません。
中居  : 一人っ子なんだ?
ようへい: あ〜はい。
中居  : ラーメン、好きなの? 
ようへい: 好きです。
中居  : 何ラーメンが好きなの? 
ようへい: 味噌ラーメン。
中居  : 今日は醤油じゃんか。
ようへい: あ〜はい。
中居  : (笑)何〜だよ、それ。何で味噌ラーメンじゃない、今日醤油なの?
ようへい: え? 何か醤油、にしちゃった。
中居  : 今日、今日は野球、練習やって来たの? 
ようへい: あ〜今日は、野球、が無いから。やってきませんでした。
中居  : やってこなかった。何で、じゃぁ毎日野球、の練…、野球、入ってんの? チームに。
ようへい: あ〜もう野球部、終わっちゃった、から。今サッカー部やってます。
中居  : 何だよ? おかしいじゃんか、これさぁ。
ようへい: う〜ん。
中居  : 「バッティングセンターで死ぬほどバッティングの練習をいっぱいしたい。」って書いてあんのよ。
ようへい: う〜ん。バッティングセンター行くお金が無いから…。あんまり連れてってもらえない。
中居  : じゃぁそ、今サッカーやってんの? 
ようへい: あ〜はい。
中居  : じゃぁ何、これ2万円が当たったら…、「練習出来ない、1,000円までしか練習出来ないから。」つって。じゃぁ、あげれないじゃん。サッカーやってんなら。
ようへい: あ〜…。
中居  : じゃぁしょうがないね。
ようへい: …はい。
中居  : 諦めが早い! 
ようへい: フッ(笑)。
中居  : もっとくら、食らい付けよ!(カカカ笑)
ようへい: あ゜〜い。
中居  : 2万円だぞ! 今2万円貰えるか貰えないかを…、
ようへい: …
中居  : 今もうほんと、目の前まで来てんだよ。
ようへい: …え〜、じゃぁ欲しいです。
中居  : 何に使うの? 
ようへい: 野球。バッティングセンター。
中居  : 今、やってる、チームは、何のスポーツ、今何やってんの? スポーツは。
ようへい: え〜今、サッカーです。
中居  : 野球やってねぇじゃん。
ようへい: あ〜、今中学校んなったら野球部入るんです。
中居  : え〜、それ金貰ってからサッカー部に、変わるんじゃねぇの? 
ようへい: (笑)(小声で)違う…。

(つづく)

posted by alfa at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−2万円プレゼント(1)

『サムガ』

2月25日 (レポ)

<2万円プレゼント>

中居:
中居正広、サムガールSMAP。2万円分のプレゼントをしちゃうよ、スペシャルー。

どうも、こんばんは、中居です。

「NEWSの、加藤成亮君が、小説家デビューしました。デビュー作のタイトルは、『ピンクとグレー』。へぇ〜。小説は結構読んでる中居君ですが。小説を書いてみたいと思ったことはありますか?」

あるねぇ〜〜。書いてみたいねぇ〜〜。でもも〜ぉ、やっぱ…、まぁ仕事としてぇ、依頼が来たらもう書こうと思うけどぉ。ほんとならばぁ、ず〜っと書いといてぇ、出来上がったヤツを「実はこういうのを、書いたんですけども。」って売ろうかなぁとか。

でもそうするとぉ、書かないね。う〜ん。

書いてみ…、書いてみたいねぇ。う〜ん。サスペンス…、青春もの、恋愛もの、う〜ん。

ただねぇ…、性格的というかぁ。何あれ、パソコン、タイプライター? ワープロ? タイプライター。で、あれが出来ないからぁ。

何で書くんだろうねぇ? 字で書くのかなぁ? っていうかこの、直筆っていうの? 何つうの? 手書きっつうの? 原稿用紙に? あれは、気が遠くなるねぇ。気が遠くなるね、それだけ…。

だって本だってさぁ、あれ原稿用紙にしたら何年、何、何枚分なんだろうね? 何千枚とかでしょ? それじゃぁきかないのかなぁ? 何百枚じゃぁ済まないでしょう? 何百枚だ…。原稿用紙なんてこんなもんでしょう? これでもう、全然足りないでしょう? う〜ん。

こぉ〜れを書くっていうのはだってさぁ、「この日の夜は、何々で、どこどこで、食べに行って、何々と、会ってから、あなたと、会話しました。」みたいなこと。あれだけでもさぁ、もう、俺、これ書くと思ったら、何かす〜げぇイライラすんもん。

何かす〜げぇこの、何、右手の小指の、この何ていうの? この小指の元から、手首にかけてが真っ黒んなんじゃない?(スタッフ:鉛筆で書くのぉ?(笑))鉛筆じゃなくて? (スタッフ:万年筆。)万年筆、ボールペン? 

書いてみたいな〜とは思うけど、ちょ〜っとねぇもう、やりたいことがいっぱいあって、もうダメだよね。

2万円分のプレゼント。じゃぁ、歌いきます。え〜、「僕のでんぷん」の、B面。どうぞ。

るんるん曲:真冬のラブレター

(CM)

(つづく)

posted by alfa at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

「サムガ」−2万円プレゼント(概要)

『サムガ』

2月25日 (レポ) (概要)

<>

中居:
「小説を書いてみたいと思ったことは?」 

あるねぇ。書いてみたいねぇ。ただねぇ、パソコン? ワープロが出来ないからぁ。手書き? 気が遠くなるね。

もう、やりたいことがいっぱいあってて。

ニッポンン放送の聴取率がよかったので、2万円を貰いました。その2万円分を視聴者にプレゼント。当選者発表です。電話して、僕がよかったと思ったら、プレゼントします。

電話
野球をやってる男の子。2万円あったら、バッティングセンターに通いたいという。

中日関連の野球問題で盛り上がる。

楽しかったので、2万円をプレゼント。


(詳しい内容は、後ほどレポいたします。)
posted by alfa at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「おはスマ」−仮面ライダーG

『おはスマ』

2月24日(金) (レポ)

るんるん曲:世界に一つだけの花

稲垣:
おはようございます。SMAPの稲垣吾郎です。2月24日。今日、お誕生日のみなさん、おめでとうございます。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、晴れ時々雲り。

さぁ、今日はですねぇ、「月光仮面登場の日」です。1958年のこの日に、国産初のテレビ映画、「月光仮面」のテレビ放送が始まったことに、因んだそうです。へぇ〜。

月光仮面は…、あんまりにも分からないかな〜?(笑) 知ってますけどね、勿論ね。昔のVTRでっていう。

まぁどっちかって言うと僕らは、月光仮面のようなヒーロー、で言うと、ウルトラマンとかね、仮面ライダーとか。そういう世代ですね。でウルトラマンの方が好きでしたね、僕は。仮面ライダーは何かちょっと、虫みたいな感じがして、ちょっと怖かったっていう、印象があって。ウルトラマン好きでしたねぇ〜。う〜ん。

まぁでも仮面ライダーもね、最近ちょっと勉強、する機会があったというか。まぁ映画を見たりとかぁ。あと自分もあの、仮面ライダー(笑)Gつってぇ、番組でちょっと企画でやらしてもらったりもしたんでぇ。ちょっとねぇ、仮面ライダーも、ちょっと最近浮上してるんですけど、僕の中でねぇ。

でもあの仮面ライダーGっていうのは、企画もんだったんでしょうねぇ? やっぱ、やっぱりラインナップに載ってないんですよねぇ。本とか読んでもねぇ。立派にラインナップに載る、はずだったんですけれどもねぇ。

でも勿体無いんですよね。あの仮面ライダーGの、スーツがねぇ。折角作ったんで、あれ本格的に作ったんでねぇ。普通の仮面ライダーと同じような。

え〜、ということで、中西さん、僕が仮面ライダーGだったって(笑)知ってますかぁ? 



中西:
初めて聞きました。「G」は当然吾郎の「G」ですよねぇ? う〜ん。

僕はやっぱり5レンジャーですね〜。やっぱあの5人ですね〜。何か僕はあの〜、普通みんな、男子は、緑レンジャーとか、あの〜、青レンジャー好きなんですけど。僕はど〜しても、黄レンジャーが好きでぇ。ねやっぱり。なぞなぞ大好き、黄レンジャー。カレー大好き、黄レンジャー…。

稲垣さん、ありがとうございました。
posted by alfa at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

「ストスマ」−ドMブタ

『ストスマ』

2月23日(木) (レポ)

<イケTEL WEEK>

香取:
みなさん、こんばんは。「STOP THE SMAP」、始まりました。2月23日、木曜日〜。木曜日…。水曜日は「おじゃマップ」をやったのね。月曜日が、「いいとも!」出て、「スマスマ」があって。火曜日…、火曜日、水曜日は「おじゃマップ」やってぇ。水曜夜7時から、「おじゃマップ」でしょ? で土曜日が、「スマステ」。日曜日…、日曜日…。この、数える時に微妙なのが、「いいとも!」の、あの、「増刊号」で。まぁ「増刊号」、でも出さしてもらっているけど。だそれも、日曜日。

「増刊号」、結構観るんだよね。後セツってあの〜、本番終了後の話しがどこまで放送されちゃったのかが、結構気になってるっていう。

さぁ、今週は香取慎吾の<イケTEL WEEK>です。

「大変、恐れ多いのですが。ドMブタを、叱責、していただけませんか? ドS王子様。」

何か久々だね、この感じ。


電話
あず : もしもし〜。
香取 : もしもし。
あず : え? 慎吾ぉ!? 
香取 : このドSブタが! 
あず : わ〜〜〜! 慎吾ぉ! うそぉ〜! もしもし。え?
香取 : 間違えてしまった。ドSは、自分のことだった。(スタッフ:笑)
あず : え? え? え〜? 
香取 : もう1回やり直す。
あず : はい。
香取 : 「はい、もしもし。」って言う、言うんだ。
あず : はい、もしもし。
香取 : このドMブタが!(笑)
あず : (笑)。うっそ。うそ、もっと、もっと、言ってください。
香取 : そんな、頼み方があるか。
あず : もっと…、もっと言ってください。
香取 : 最初に、お前のことを、ドSブタと間違えた、私のことをどう思った? 
あず : (笑)ま、素敵だと思いました。
香取 : 間違えたのに素敵と思ったのか? 
あず : はい。
香取 : ほんとうは間違えた、ドS王子のことを、どう思ったんだ!? 
あず : ドンマイって思いました。(笑)
香取 : このドMブタがっ! 
あず : (笑)や〜! ど〜しよう!? 
香取 : 今、何をしておった? 
あず : 今、お父さんとぉ、電子レンジ買いに来てた。
香取 : (笑)
あず : (笑)
香取 : 今はどこにいるんだ? 
あず : 駐車場にいます。
香取 : 駐車場の、車の中か? 
あず : え車、出ました、今。ビックリし過ぎて。
香取 : 車の中には誰がいるんだ? 
あず : お父さんです。
香取 : お父さんはこっちを見てるか? 
あず : お父さん、超笑ってます。(スタッフ:笑)(笑)うそ。
香取 : お父さんに手を振れ。
あず : そう、振りましたぁ。(笑)
香取 : ちゃんとリアクションを報告するんだ! 
あず : (笑)あじゃ、めっちゃ笑顔でぇ、こっち、こっちに向かって手ぇ振ってます。(笑)
香取 : (爆笑)
あず : (笑)え〜? うそぉ〜!
香取 : お父さんの車から、少し離れろ。
あず : はい。
香取 : 少しでいい。
あず : あ〜はい。離れました。
香取 : その場所から、車の中のお父さんに向かって、「おっは〜」とやれ。
あず : おっは〜〜。あ、お父さん車バックして来ました。
香取 : (笑)バックして来たんだぁ? 
あず : (笑)
香取 : 何でバックして来たんだ? お父さん。
あず : 近寄って来ました。
香取 : 近寄って来たぁ? 
あず : 近づいて来ました。(笑)え〜? うっそ、どうしよう。
香取 : 何故今、
あず : はい。
香取 : お父さんと買い物に来てる? 
あず : え何か、おじいちゃんがぁ、「電子レンジが欲しい。」って言うからぁ、一緒に観に行こうかな〜と思って。
香取 : この、心優しいドMブタが! 
あず : (爆笑)も〜っと言ってください。もっともっともっと激し目にお願いします。
香取 : 分かった。
あず : はい。
香取 : お爺ちゃんのために、お父さんと、一緒に、電化、製品を、買いに、行くなんて、とっても優しいヤツじゃねぇか! ドMブタがっ!(スタッフ:笑)
あず : (笑)褒めてくれて、ますよねぇ?(笑)
香取 : 褒めてるわけじゃない。
あず : それ全然罵ってない、感じですよねぇ?(笑)
香取 : 罵ってる、これで充分。
あず : (笑)めちゃめちゃ、めちゃめちゃ笑っちゃった。あのぉ、あの〜、あの〜、
香取 : まずは喋っていいかを、こちらに問いただせ! 
あず : ごめんなさい。あの〜、ドS王子様、あの〜、喋ってもよろしいですか? 
香取 : 喋っていいぞ。ドMぶわ! ブタ!
あず : あ(笑)、ありがとうございま〜す。あのぉ、ほんまにぃ、めっちゃくちゃ、大好きです。
香取 : 気持ちが、通じないなぁ。
あず : え〜? ど、どうしたら、伝わりますかぁ? 
香取 : それは自分で考えることだろう!? 
あず : はい、ごめんなさい。
香取 : お父さんに、どうしたら、ドS王子様に、気持ちが伝わるかを、相談してみろ! 今。
あず : え?(笑)今ですかぁ?(笑)
香取 : 早く! 
あず : え? お父さん、どうやったらさぁ、慎吾…君にさ〜ぁ、気持ちがさぁ、凄い伝わると思う? 
父  : えと〜、やっぱり〜、一度会って、顔を見てもらわんと、分からないね。
香取 : (笑)
あず : (笑)ほんとに? 全然意味分からない。(笑)ごめんなさい、ちょっと。
香取 : 何だ? 
あず : すいません。(笑)
香取 : 何だ? 
あず : や〜、もうど〜しよう? 
香取 : 気持ちは、顔を見れば、伝わるのか? 
あず : はい。もう私、全面的にぃ、あの、慎吾君がぁ、好きって、顔に出てるんです。
香取 : あ…、え? 
あず : え? 
香取 : 全面的にぃ、自分がぁ
あず : 顔、顔面にぃ、
香取 : 慎吾君のことが好きそうだっていうのがぁ、
あず : は〜い、出てます。
香取 : じゃぁお前は、芸能人で例えたら、誰と似てるんだ? 
あず : え〜と、よく言われるのはぁ、え〜と、ベッキーです。
香取 : この、ドMブタがぁっ!!
あず : ヤハハハハハ! ヤーハハハハハ! ごめんなさい。
香取 : じゃぁ、お父さんによろしくな! お爺ちゃん、のことも大切にっ! このドMブタがぁ!!
あず : (笑)や〜、ほんと、ほんまに大好きです。ほんとに、すいません。めっちゃ何か、ぐだっちゃったぁ。あんなに、書いたのに、ごめんなさい。
香取 : これからもハガキを、送るんだ。
あず : は〜い、送ります。え? は〜、もうほんとにありがとうございます。え〜? どうしよう〜! 
香取 : お前のハガキは待っていないがなぁ。
あず : え〜?わぁ、 え〜と、書きます。(笑)ヤバイ…。
香取 : じゃぁ、じゃぁ、じゃぁね。このドM、ブタは。
あず : (笑)
香取 : バイバイ。
あず : ありがとうございました〜。
香取 : お父さんによろしく。
あず : は〜い。ありがとうございます。
香取 : さらば!
あず : 失礼しま〜す。

(宛先、等)

どMブタしか言ってなくて。名前、結局1回も(笑)言ってないねぇ。名前、書いてたぁ? 名前も書いてないんじゃない? あず、あずね。あず、ありがとね。またハガキ送ってね〜。

それじゃぁまた。バイバイ。
posted by alfa at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

「おはスマ」−歌の力

『おはスマ』

2月23日(木) (レポ)

るんるん曲:オレンジ

稲垣:
おはようございます。SMAPの稲垣吾郎です。2月23日。今日、お誕生日のみなさん、おめでとうございます。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、雨のち晴れ。

さぁ、え〜、間もなくですねぇ、震災から1年が、経とうとしていますがぁ。1日前のですねぇ、3月の10日に、NHKで放送されます、「震災から1年、明日へ、コンサート」に、え〜、出演します。

ちょうど震災から、1日前にやるっていうのも凄く深い意味があると思うんですけれどもぉ。

何か随分前のことのようにも感じれば、凄く最近のことにも感じますしねぇ。まぁ何かほんとにみんないろん〜な思いが、あった、う〜ん、いろんなことに気づいたりとかいろんな、思いで、いっぱいだった、きっと1年だったと思うんですけれども。う〜ん。

まぁでも、そんな中でもねぇ、まぁ結構去年、ほんとにみなさん、言われてたことが、「歌の力って結構、大きいんじゃないか。」って。こう、被災者の方とか、避難所に、いらっしゃる、方なんかの、声でも多かったんですよね。やっぱり、こう、「歌が聴きたい。」とか。う〜ん、「音楽が聴きたい。」とか。「歌いに来て欲しい。」とかっていう。

やっぱそういうの凄く、必要と、されてることっていうのはほんと僕らがこういう仕事やって来た、また意味を感じる、時でもありましたし。う〜ん。

まぁ、いろんな歌があるとは思うんですけれどもね。あの僕らなりのこうパフォーマンスで、ねぇ、歌の、力で、この日本をlこう、元気に、させることが出来ればな〜と、思っていますよね、これからも。

はい、え〜、ということで、中西さんは、最近どうですか? SMAPの歌は。



中西:
「どうですか?」って言われてまぁあの〜…、どうなんですかねぇ?(笑)あの…

僕はぁ、あのほんとに好きなんですよ。基本的に、カラオケに行くと歌いたい、感じですね。新しい歌も結構僕すぐ覚えますからぁ。う〜ん。「This is love」とかも好きですよ、結構。

ただやっぱりこう、震災の時はぁ、ほんっとにこうSMAPさんの歌で勇気づけられた方多いと思いますね〜。まぁ「世界に一つだけの花」もそうですしぃ。まぁ「がんばりましょう」とかもそうですけどねぇ。う〜ん。

まぁこれからもですねぇ、日本全国、元気んなるような、SMAPの歌、よろしく、お願いします。

稲垣さん、ありがとうございました。
posted by alfa at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ストスマ」−モテ声

『ストスマ』

2月22日(水) (レポ)

<イケTEL WEEK>

香取:
みなさん、こんばんは。「STOP THE SMAP」始まりました。2月22日、水曜日。(♪BGM)「モンスター」、マイケル・ジャクソン、「モンスター」。マイケルのこのアルバムカッコいいよね。今でも時々聴きますよ。いや〜、信じらんないなぁ。改めて、マイケルがいないって。絶対いるよね。みんなの心の中に、いつまでも、マイケル・ジャクソンはいます。

今週は、香取慎吾の、<イケTEL WEEK>です。

さぁ、いきましょう。<イケTEL WEEK>。「モテ声で、癒されてみませんか?」…どういうことなんだろうなぁ? 「91点、のモテ声をお届けいたします。」何か想像からするに、自分の声がモテる感じの女の子の、男がこう、「可愛いな〜。」という声、ということですかねぇ? 相当、な自信ですよ。


電話
ゆり : もしもし。
香取 : もしもしぃ。
ゆり : も〜しもしぃ〜。慎吾ぉ、君、ですか? 
香取 : もしもし。
ゆり : は〜い、もしもし。ヤバーイ、ヤバイヤバイヤバーイ! 
香取 : あの〜、大っきく「モテ声で、癒されてみませんか?」って書いてあんだけどぉ。
ゆり : (笑)ヤバイ、ヤバイ。
香取 : もうそう、それメインのハガキで、電話してみたら名前も何も、書いてないんだけど。
ゆり : え〜? うそぉ!  え? え? え? 
香取 : え〜? 
ゆり : ヤバイ…、ヤバイ、どうしよう、どうしよう。ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ。(笑)
香取 : あの、名前、名前は? 
ゆり : 名前は、ゆりです。
香取 : ゆり? 
ゆり : はい。
香取 : ゆりちゃん、「モテ声、で、癒されてみませんか?」っていう。
ゆり : う〜ん。
香取 : この91点のモテ声っていうのはどういうことなんだ? 100点…
ゆり : え〜っとっぉ、何か、ネット、ホームページに、そういう回答があってぇ。
香取 : う〜ん。
ゆり : 何か、マイク、があるじゃないですかぁ。
香取 : う〜ん。
ゆり : マイクをぉ、通してぇ、何か決められた、言葉を、言うんですよ。
香取 : うん、うん。
ゆり : そしたらぁ、何か、採点をしてくれてぇ。
香取 : う〜ん。
ゆり : 「自分の声が何点か?」っていうのが、
香取 : あ〜〜…
ゆり : 出て来るんですけどぉ。それでぇ、やってみたらぁ、91点だったんです。
香取 : あ〜〜…、そのサイトでぇ? 
ゆり : そうです。
香取 : サイトでやってみた、感じの、モテ声だぁ? 
ゆり : そうです。え? 何だと思いましたかぁ? 
香取 : や、あの、もうちょっと、何ていうのかなぁ? あのもうちょっと自信過剰な感じでぇ。
ゆり : (笑)
香取 : 「どうですか? 私の声。」みたいな感じで、グイグイ来ると思ってたんだけどぉ。
ゆり : いやいやいやいや、そんなんじゃないです、そんな…
香取 : あの、サイトで「ちょっと遊んだだけ。」っていう感じでぇ。ちょっと浅いなぁ、これ。(笑)
ゆり : (笑)そんな、自信無いって。
香取 : (笑)ちょ…
ゆり : え〜? いや〜だ、や〜だ、や〜だ、やぁ〜だぁ〜、やぁ〜だぁ〜。(笑)
香取 : あ〜、今ちょっと、モテ声っぽく、あ〜今んとこちょっと、いい感じだったよ、今。
ゆり : (笑)え? いやぁ〜。
香取 : 今ちょっと意識したねぇ? モテ声ねぇ?
ゆり : え? してないです、してないです。(笑)
香取 : あ、ちょっとモテ声…、ちょっと意識して、ちょっと喋ってみようか、じゃぁせっかくだから。
ゆり : え? え? え? え? どこだ… え〜? 
香取 : じゃぁ男…
ゆり : え〜、さっきのぉ、「いやぁ〜だぁ〜。」のくだりですかぁ? 
香取 : いや、あ〜とぉ…、じゃぁ…、こう何か台詞、で言ってみようか? じゃぁ。
ゆり : あ、はい。
香取 : じゃぁさっきの「や〜だ〜」のくだりでぇ、
ゆり : え〜? は〜い。
香取 : え〜とぉ、何だろう? え〜とぉ、まぁそうだなぁ。モテ声だからぁ。まぁ何ていうの? あの〜、合コン的な感じっていうか、男の子と飲んでたりしてぇ。
ゆり : は〜い、は〜い、は〜い。
香取 : そん、そんでちょっとお酒も回ってる感じでぇ。
ゆり : は〜い、は〜い。
香取 : そんで「もう帰ろうか。」みたいんなった時のぉ、「やぁ〜だぁ、やだ、もうちょっと、ちょっと、ま〜だ飲みたい。」的な感じ、お願いしますね。
ゆり : え? じゃあ、何か、
香取 : うん。
ゆり : うんとぉ、慎吾君がぁ、
香取 : うん。
ゆり : 何か言ってください。私に。
香取 : あ、オーケー、オーケー。
ゆり : はい。
香取 : ほんじゃぁいきま〜す。3、2、1。さぁもう帰ろう。みんなもう終電も無いし。もう今日はお開きね〜。
ゆり : え〜? やぁ〜だぁ〜。まだ飲みた〜い。
香取 : もう帰ろうって、もう帰るから、もう。
ゆり : やぁ〜だぁ〜。もうちょっとぉ…。グフッ!(笑)
香取 : う〜ん…。
ゆり : え〜? どうですか? えもうヤダ、直球とかヤダ。(笑)
香取 : 28点。
ゆり : (笑)ヤーダー!
香取 : (爆笑)
ゆり : え〜ちょっともう…
香取 : いやいや、え〜っと、じゃぁもう、もう1回ちょっとテスト行こう。
ゆり : え〜? ちょっともう…、う〜ん。
香取 : え〜とぉ…、じゃぁどうしようか。モテ声でしょう? モテ声…。え〜と、男の子がぁ、
ゆり : は〜い。
香取 : 男の子が「もう俺ダメだ。」みたいな、「もう仕事も何もうまく行かないし。」みたいな感じでぇ。 「もう俺ダメだわぁ。」って言ったのに対してぇ、「そんなことないよぉ。慎吾君なら頑張れるよぉ。」みたいな。
ゆり : は〜い。
香取 : 「私、応援してるし。」みたいな感じの、雰囲気、お願いしますね。
ゆり : は〜い。分かりました。
香取 : じゃぁ行きます。僕の台詞から、入りますんで。
ゆり : は〜い。
香取 : じゃ行きま〜す。3、2、1、キュッ! や〜っぱ俺もうダメだわぁ…。仕事もうまく行かないしさぁ。俺なんて何やったって、ダメなんだよ。
ゆり : そんなことないよぉ。私はぁ、慎吾君のことずっと応援してるよ。慎吾君だったらぁ、大丈夫だって。
香取 : う〜ん…。
ゆり : (笑)もうやぁ〜だぁ〜! 
香取 : 最後のぉ、やぁ〜だぁ〜も含めてぇ、32点。
ゆり : (爆笑)え〜、ちょっともう、ちょっともう、やめてください。
香取 : (爆笑)
ゆり : もう何か、どん…(笑)
香取 : 「やめてください。」(笑)って、だ〜って「モテ声で、癒されてみませんか?」って書いてあんのよ。
ゆり : やぁ、う〜ん、だからぁ、何か逆に凄いもう、申し訳なくて嫌なんですよぉ。
香取 : その91点のモテ声って、す〜ごい「ドーン!」てデカく書いてるからさぁ。
ゆり : (笑)
香取 : ど〜にもだって…
ゆり : や〜でも、それはぁ、別にぃ、モテるわけじゃなくてぇ、ほんとにぃ、そう出たん…ですよ。
香取 : や、だからサイトのあれでしょう? 
ゆり : は〜い。
香取 : だその、「サイトの」っていうぅ、あの〜、そうじゃなくてもうちょっとさぁ、自信過剰でグイグイ来ると思ったらぁ、
ゆり : はい。
香取 : 何かサイト、とかでやっちゃった感じのヤツだから、これあんまはねないな〜と思ったのよぉ。
ゆり : (笑)
香取 : だから何とかこう、2人で何とか頑張ろうと思って、これ形にしてるわけじゃ〜ん。
ゆり : は〜い。え? じゃぁ、もう何か、これはぁ、無かったことにしませんか? 
香取 : え? そんでぇ? 
ゆり : でぇ、えちょっと、あの〜、違う、お話しが…。
香取 : どう(笑)、ダーメだよ! そんなぁ。
ゆり : え〜? いやぁ〜だぁ〜! 話したいことがあるんですぅ〜!
香取 : じゃ、話したいこと一つ聴くから。そのくだり全部モテ声で、おね、お願いします。
ゆり : (笑)ヤダ、ヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダ…。
香取 : もうヤダヤダ…、がまぁせめて、まぁヤダヤダまぁ〜、47点ぐらい。
ゆり : いやぁ〜〜だぁ〜〜。
香取 : ほ〜ら、「ヤ」が上手いのよぉ。
ゆり : (笑)や、でも、これがぁ、何て言うんだろう? 飾らない、ほんとなんでぇ。はい。
香取 : ありがとね〜、ゆり。
ゆり : あの、慎吾君、慎吾く〜ん。
香取 : ありがとう! 
ゆり : 最後に、最後に一つだけ〜! 
香取 : あじゃぁ、一番最後もう、もう最後に、あの1回だけ「ヤダヤダ」もう1回聴かしてください、お願いします。
ゆり : え〜?(笑)
香取 : 3、2、1、キュッ!。
ゆり : いやぁ〜だぁ〜、いやぁ〜だぁ〜。
香取 : じゃぁね〜。バイバーイ! 
ゆり : は〜い。ありがとうございました〜! 
香取 : ありがとう〜!
ゆり : は〜い。大好きで〜す。
香取 : ありがとう! 
ゆり : ありがとうございま〜す。

いやぁ〜だぁ〜。(宛先、等)

いやぁ〜、やぁだぁ…。それじゃぁまた、(笑)バイバイ。
posted by alfa at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

「おはスマ」−友達

『おはスマ』

2月22日(水) (レポ)

るんるん曲:友だちへ〜Sey what you will〜

稲垣:
おはようございます。SMAPの稲垣吾郎です。2月22日。今日、お誕生日のみなさん、おめでとうございます。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、曇り時々晴れ。

さぁ、今日はですねぇ、「世界友情の日」だそうです。1963年に、ボーイスカウト、ガールスカウトの、創始者、ローバートベーデン、パウエルさんの、夫婦の誕生日にちなんで、制定されたそうです。

ボーイスカウトねぇ、子供の頃、入りたかったな〜。服がカッコいいよね、制服がね。入ろうとして入らなかった記憶が…。(笑)親は入れたかったんですけれどもぉ。当時の僕、は、ちょっと興味はあたんですけど、ちょっと引っ込み思案で、やっぱり入らなかったっていう…。

友情の日なんだねぇ〜。ねぇ、僕も結構まぁ友達は多い方だと思うんですけれどもぉ。

友達って結構こう学生の頃に出来たりとかぁ。若い頃の友達が凄く、長続きするっていう印象もありますけど。最近は大人になってからも、仲良くなれる友達っていうのも逆に増えて来てぇ。何か凄いいいことだなぁ〜と思いますよね。

古い友達って僕、あんまりいないんですよね。一番長くて20年ぐらいですね。18歳ぐらいん時の友達が一番古い。逆にもう、地元の、ほんとに子供の頃の友達とかっていうのはいないんですよねぇ。う〜ん。

まぁでも何か、いいですよね。30過ぎてから友達になれる友達とかっていうのも。

ということで、中西さんは、お友達、何人いますか? 



中西:
何人ですかねぇ? まぁ、ある程度はいますけどぉ。僕もでも名古屋が地元でぇ。名古屋の地元の、友達っていうのはやっぱなかなか、会えないのでぇ。

高校時代の、3年間同じクラスだった、なかやまってヤツはもう、出席番号は続きだったんでぇ。先週も会いましたけどぉ。なかにし、なかやまで3年間続きだったんで。う〜ん。

でもやっぱり、30過ぎても友達出来んの嬉しいですね。うん。

稲垣さん、ありがとうございました。
posted by alfa at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ストスマ」−『ストスマ』聴いたことないの

『ストスマ』

2月21日(火) (レポ)

<イケTEL WEEK>

香取:
みなさん、こんばんは。「STOP THE SMAP」、始まりました。2月の21日、火曜日でございますぅ。香取慎吾でございますぅ〜。

<イケTEL WEEK>なんですが、昨日はねぇ、1枚だけハガキを出した、ひとみ。ひとみちゃん。1枚だけのハガキで、「人生にはドキドキが大切だ。」って、書いてくれて。電話の、かかって来るドキドキを待ってたら、1枚のハガキで、初めての電話。こんなこともあるんだよ、みんな。同じ人に何度も何度も電話してさぁ、慎吾ちゃん、みたいなことも、言ったり言わなかったりするじゃない。

あるのよぉ。今日も初めてな、彼女に、電話が、かかるのでしょうか? 

今週は香取慎吾の<イケTEL WEEK>です。

<イケTEL WEEK>、いきましょう。初めてじゃないですか?「私が、初めて、<イケTEL>にハガキを出したのが、中学校2年生の時です。そんな私が、今では、24歳になり、結婚し、主婦になりました。ハガキを送り続けて、10年。(笑)一度も電話は来ません。早く電話くれないと、剛君に乗り換えます。新妻。」(笑)


電話
香取 : う〜ん、もしもし。
みよ : もしもし。
香取 : 24歳になりましたか…? 
みよ : (笑)え〜…? え〜? 慎吾ぉ? 
香取 : 結婚、おめでとう。
みよ : 慎吾ぉ? 
香取 : 新妻、みよ。
みよ : わぁ〜〜〜! 慎吾! 今観てたよぉ。
香取 : 何を? 
みよ : バスケ。
香取 : え〜!? 俺ど…、何ぃ? どっか番組でバスケしたぁ?(笑)
みよ : したぁ〜。あの〜、5人でやるヤツ。フリースロー。
香取 : え〜? 何?それ…。
みよ : 「がんばります!」ってヤツ。
香取 : あ〜! 「がんばります!」う? 昔ぃ? 
みよ : そう。
香取 : 前の? 
みよ : そうそうそうそう。
香取 : それの再放送してんのぉ? 
みよ : ううん。
香取 : 何ぃ? 
みよ : 録画したヤツ。
香取 : そんな分かんねぇよ、急に。(スタッフ:笑)ねねぇ、
みよ : え?
香取 : みよはさぁ、
みよ : う〜ん。
香取 : 初めて喋ってんの? 
みよ : 初めてだよぉ! え?何…
香取 : 結構、スラッスラッ、喋ってるよ、今。
みよ : うそぉ。分かんない。緊張し過ぎてるかも。(笑)
香取 : 初めてハガキ出したのは、中2なのぉ? 
みよ : あ〜い、そうそう、それぇ? 
香取 : そう。
みよ : そう、でぇ、そうだよ。10年だよ。遅いよぉ! 
香取 : (笑)ごめんね、遅くなっちゃって。
みよ : ほんとに遅〜い。超待ってた。
香取 : 危なかったよぉ。
みよ : 何がぁ? 
香取 : え?「危なく、つよぽんに乗り換えちゃうよ。」って。
みよ : あ〜、そうそうそう。何かちょっと最近嵌ってた。
香取 : あ〜ぶねぇ〜。
みよ : あ〜ぶな〜い。
香取 : あ〜ぶないじゃん。でも嵌ってた割には「おじゃマップ」、12回も観てんでしょう? 
みよ : そう。
香取 : ハンッパじゃないなぁ。
みよ : え〜? 本物ぉ?
香取 : みよ、あのやっぱ、10年待ったせいか、初めての、ね、電話なのに、グイグイ来るね。
みよ : うそぉ。え、じゃぁもう、そっちから喋っていいよ。
香取 : (笑)じゃ、しゃ、喋っていいよって、まぁ、う、ありがとう。
みよ : え〜、だって、ほら、あれだもんね。慎吾君の、ラジオだもんね。
香取 : う〜んまぁね、まぁどっちかって言うと俺のラジオ…
みよ : そうだよね。みよのじゃないもんね。
香取 : う、う、いやでもまぁ、みよのラジオでもあるじゃん。
みよ : (笑)
香取 : やっぱ聴いてくれるみんなのラジオでもあるから。
みよ : う〜そ、っていうか、「ストスマ」、聴いたことないんだけど。(笑)
香取 : …ブッ! (笑)どういうこと?(爆笑)(スタッフ:爆笑)ね、みよ、どういうことぉ? 
みよ : え? みよ…、ねぇ、
香取 : う〜ん。
みよ : 聴いたことない…。
香取 : (爆笑)
みよ : (爆笑)
香取 : や、いやあのハガキはぁ? 
みよ : ハガキは、出してた、ずっと。
香取 : ハガキは10年出してんのぉ? 
みよ : 出してたんだけど。そう、それもね〜、何か、あやさなきゃ〜って思っててぇ。
香取 : う〜ん。
みよ : 何かちょっともう、「10年も出してんのに、何でだよ?」みたいな感じんなってんじゃん。
香取 : う〜ん、なってる。
みよ : そう、だけど、最初ね、
香取 : う〜ん。
みよ : その中学生の時はぁ、
香取 : う〜ん。
みよ : 何かネットでぇ、
香取 : う〜ん。
みよ : 宛先調べてぇ、
香取 : う〜ん。
みよ : 送ってたの。
香取 : うん、うん、うん。
みよ : 3〜4年前ぐらい? 
香取 : う〜ん。
みよ : にぃ、何かもう、一旦SMAP冷めてぇ。
香取 : う〜ん。
みよ : で〜、そん時送んなかったの。2〜3年。
香取 : おぉ、おぉ。2〜3年、ちょっとブランクがあんのねぇ? 
みよ : そうそうそう。でぇ、送んなくてぇ。
香取 : う〜ん。
みよ : で、でも何かまた、大学卒業したぐらいからぁ、
香取 : う〜ん。
みよ : やっぱ「また送ろう。」ってなってぇ。
香取 : う〜ん。
みよ : でぇ、何か友達がぁ、
香取 : う〜ん。
みよ : ラジオのぉ、アナウンサーしててぇ。
香取 : おぉ。
みよ : それで、その子にぃ、何かもう、「ずっと送ってんのにぃ、SMAPに。」
香取 : う〜ん。
みよ : 「何か、かかって来ないんだけど、どういうこと?」みたいな感じで、ちょっと送ったの。
香取 : う〜ん。
みよ : そしたらぁ、「え? 中居君の番組ぃ?」とか言われてぇ。
香取 : う〜ん。
みよ : で「STOP THE SMAP」って言ったらぁ、
香取 : う〜ん。
みよ : 「それ、多分、うちの局じゃない。」みたな感じで言われてぇ。
香取 : そのアナウンサーの人は違う局のアナウンサーの人なんだぁ? 
みよ : ニッポン放送、だったのね。(スタッフ:笑)「それ、うちじゃないよ。」みたいな感じで教えてくれてぇ。
香取 : う〜ん。
みよ : でぇ、ニッポン放送に間違えて送ってた、って気づいてぇ。最近また文化放送に、ちゃんと送ってたの。
香取 : (笑)ちょっとどういうこと? 
みよ : (笑)
香取 : ニッポン放送にぃ、(笑)
みよ : うん。
香取 : 「慎吾君と電話をしたい。」っていうハガキをずっと送ってたの? 
みよ : そうそう。しかも何か、「エロトークしたい。」みたいのとかもずっと送っちゃっててぇ。
香取 : (爆笑)(スタッフ:爆笑)
みよ : (笑)
香取 : ねぇそれ、微妙に俺が恥ずかしいから、やめてくれるかなぁ、それ。
みよ : (笑)そうそうそう。ごめんね。
香取 : 文化放送だからぁ。(笑)よか、よかったよかった、でも話せてぇ。
みよ : そうおぉ? よか…、やぁ〜! 超好きだよ! 好き好き。
香取 : や、嬉しいよぉ。それで、あの〜、心配だよねぇ〜、新妻で。
みよ : え〜?(笑)
香取 : 新妻でしょう? だって。
みよ : そう〜。
香取 : それだ〜い…
みよ : や〜だぁ〜。
香取 : それ、旦那さん、大丈夫かなぁ? それ。
みよ : え〜? 全然大丈夫。だって、超好きなの知ってるもん。
香取 : あ、そう、そうなんだぁ? 
みよ : そんな、結婚する時にぃ、
香取 : う〜ん。
みよ : 何かもう、「絶対ぃ、浮気とかしないけどぉ。」
香取 : う〜ん。
みよ : 「何かもしぃ、どっかでぇ、慎吾君と会ってぇ、そういう風になっちゃったらぁ、」
香取 : う〜ん。
みよ : 「それだけはぁ、許してね。」って言ってぇ、
香取 : おぉ、おぉ。
みよ : 「いいよ。」って言われてるからぁ、大丈夫。(スタッフ:笑)
香取 : そっかぁ。よかったじゃん。旦那さん何つってた? それ言ったら、結婚する時。
みよ : 「え〜、じゃぁ…、俺も、エビちゃんならい〜い?」って言われてぇ。(爆笑)(スタッフ:爆笑) 「じゃぁじゃぁ、慎吾君と、エビちゃんで行こう。」みたいな。
香取 : 「慎吾君とエビちゃんで行こう。」みたいな? 
みよ : そうそう。「お互い、そこだけはぁ、いいよね。」って…。
香取 : 「そこだけはもう、しょうがない。」っていう…。
みよ : 「そう、それはしかたない。」ってなってぇ。
香取 : う〜ん。
みよ : そう、だからいいじゃん、慎吾君。
香取 : うん? 
みよ : みよ、大丈夫だよ、まだ。
香取 : え何ぃ? 
みよ : もう全然、今から出会っても大丈夫。
香取 : あ、今から出会ってもぉ、
みよ : う〜ん。
香取 : あ、もしみよと出会っても旦那さんもぉ、平気だってことぉ? 
みよ : え、そうそう。公認で。
香取 : (爆笑)ブヒッー!…幸せ、
みよ : いやぁ〜。
香取 : このカップル。よかったよぉ、10年、やっと話せてよかったぁ。
みよ : そう〜、でしょう? 
香取 : あ〜、じゃぁさ、「電話来た。」って、旦那さんに言っといてねぇ。
みよ : う〜ん、分かった、言っとく。ありがとう〜。
香取 : あと1個だけ約束、いいかなぁ? 今度からラジオ、聴いて、くれるかなぁ? 
みよ : う〜ん、もう絶対、明日から聴くよぉ。
香取 : あ、明日からね? ありがとね。
みよ : う〜ん、分かった。う〜ん、ありがとう〜! 
香取 : は〜い、じゃぁね〜。
みよ : バイバーイ。キャハハ。
香取 : バイバーイ。(爆笑)(スタッフ:爆笑)

(宛先、等)

いや、よかったねぇ〜。最後の聴いた? 「キャハハ!」、みたいな笑い声。(笑)

それじゃぁまた、バイバイ。キャハハ。
posted by alfa at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

「おはスマ」−ハングリー

『おはスマ』

2月21日(火) (レポ)

るんるん曲:Fine Peace!

稲垣:
おはようございます。SMAPの稲垣吾郎です。2月21日。今日、お誕生日のみなさん、おめでとうございます。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、晴れのち曇り。

さて、え〜、毎週火曜日、夜10時からは、現在絶賛放送中、フジテレビ系ドラマ、「ハングリー」に、麻生時男役で出演しております。

何か若者向けなドラマかなと思いながらも、結構、大人の賞賛も得られるんじゃないかなって。料理なんかもねぇ、す〜ごくこだわって。う〜ん。美味しそうな料理も結構見所だったりするのでねぇ。う〜ん。

まぁねぇ、そして向井君や、ねぇ、滝本さんとか塚本さん、三浦君、川畑君もみんな、ねぇ、凄いフレッシュな、メンバーで。

でも何か現場だとみんな結構、和気藹々話してる時もあるんですけれども。何か最近の、人ってみんなそうなのかなぁ? っていうか何かねぇ、みんな、空き時間に、ほとんどの人が、携帯電話を触…、持ってますねぇ。(笑)

やっぱあの〜、iPhoneで結構いろいろゲームをやったりとかぁ。何かいろんな、パソコン、ていうかねぇ、いろいろ見てるんでしょうかねぇ。インターネットとかねぇ。

まぁでもいろんなリラックス方法が、あるのかな〜なんて思いながら、見てたりするんですけれどもねぇ。う〜ん。

まぁあとはほんとに、ねぇ、料理、自体が、まぁ見所って言ったんですけれども。美味しいんでね。結構ついつい食べ過ぎちゃったりもするんですけれども。

まぁでも何か、意外と、神経使いますねぇ。綺麗に食べなきゃいけないとかねぇ。結構その辺も、かなりこだわって、料理の方も、演出してるので。見所だと思いま〜す。

はい、え〜、ということで、え〜、中西さん、「ハングリー」、最近どうですか?



中西:
凄いフリ来ましたねぇ。「最近どうですか?」…。(笑)僕あの、毎週、必ず観てます。あの残念ながら、あ〜、生放送、生ではそんなの、その時間には観られないんでぇ。録画して観てるんですけどぉ。

ほんとあの、料理が美味しそうでぇ。お腹減りますね。あの番組。(笑)で〜、確かに、僕も楽しんで観ちゃってるんで。結構、大人の方も、観てるんじゃないですかね? 

稲垣さん、ありがとうございました。
posted by alfa at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ストスマ」−人生にはドキドキが大切

『ストスマ』

2月20日(月) (レポ)

<イケTEL WEEK>

香取:
みなさん、こんばんは。「STOP THE SMAP」始まりました。2月の20日、月曜日〜。うん。2月の20日になりました〜。

そうだ、1月誕生日だったのね。1月の31日、誕生日を迎えたんだ…。ほんと幸せなことに年を、あまり、感じず、生きてるんで。誕生日近くんなってもこないだも聞いたよね。周りのスタッフの人に。「僕はいくつんなるの?」と。ほんっとに分かってないからね。幸せでしょう? こんな僕。これからも、年を気にせずに、生きていきたいなと、思っております。

さぁ、今週は香取慎吾の、<イケTEL WEEK>です。

よっしゃ、<イケTEL WEEK>、今週も、お電話してみましょうか。「慎吾君関係でしか、ドキドキしなくなってしまったので、<イケTEL>に、ハガキを送ったら、毎日、電話が鳴る度に、ドキドキするな〜と思って、出すことにしました。人生にドキドキは大切。もし、かけてくれる時は、『ひとみ、ひとみ。』と、言ってください。」

う〜ん。何か「ドキドキが無いな〜。」と。


電話
香取 : もしもし。
ひとみ: もしもし。
香取 : ひとみ? 
ひとみ: うん。誰?
香取 : 最近は、ドキドキが、少なくなっちゃた。
ひとみ: (笑)嬉しい。
香取 : 嬉しい? 
ひとみ: うん。ビックリ。(笑)だって1枚しか出してないもん。
香取 : お〜! 凄いじゃん! 
ひとみ: 凄〜い。絶対無理かと思って。ビックリした。
香取 : え? これ1枚? 
ひとみ: これ1枚。(笑)
香取 : え? これ1枚で、今まで電話は? 
ひとみ: 無〜い。無いよ! だって絶対、喋れないと思ったから出したことも無かったしぃ。
香取 : すっごい…。
ひとみ: だけど今年はちょっと…、と思って出したらぁ、
香取 : お〜。
ひとみ: ビックリした、だから、ほんとに。
香取 : 凄いじゃ〜ん! 
ひとみ: 凄〜い! でも、声で分かった。(笑)
香取 : 分かったぁ? 
ひとみ: 分かったぁ。凄い、今年、ラッキーかも。
香取 : うん、うん。
ひとみ: うん、うん。やったぁ〜! 
香取 : 運君、来たんじゃない? 
ひとみ: 運君、来たぁ〜! ありがとう。
香取 : 運君、来たよぉ〜。
ひとみ: ほんとに、う〜ん、嬉しい。
香取 : え〜、初めての電話で、しかもぉ、その理由が、素晴らしいよねぇ。(笑)
ひとみ: え〜? 何?(笑)
香取 : 「慎吾君関係でしか、最近ドキドキ、しなくなっちゃった。」とぉ。
ひとみ: (笑)そう。(笑)
香取 : で「<イケTEL>のハガキを送ったら毎日電話鳴る度にドキドキするかな〜。」っていうのを、
ひとみ: そう、うん。
香取 : じゃぁ、ハガキ送ってから、
ひとみ: うん。
香取 : はさぁ、少しはドキドキしてたのぉ? 
ひとみ: そう、したぁ。だって電話(笑)あんまりかかって来ないしぃ。ほとんど無い、からぁ。
香取 : ほとんど無いから、今じゃぁ、見た時、ドキドキしたぁ? 
ひとみ: そう、そう。「え〜?」と思った。
香取 : う〜ん。
ひとみ: 「出なきゃぁ。」と思って。
香取 : う〜ん。
ひとみ: 出たら、う〜ん、(笑)ほ〜んとぉ、ビックリしたぁ。今でも信じられない。(笑)こんな片隅で喋ってるけど。(笑)
香取 : 片隅で、寒い? 外。
ひとみ: うん、大丈夫。(笑)
香取 : 平気ぃ? 
ひとみ: う〜ん、平気。嬉しい。
香取 : 素晴らしいじゃん。「人生にドキドキは大切。」って書いてあるよぉ。
ひとみ: ほんとだぁ。(笑)そんなこと書い…。(笑)凄〜い。
香取 : ひとみ、ママなんだ? ママぁ。
ひとみ: う〜ん。今年は、いいかも知れない。頑張る。(笑)
香取 : やったじゃん。
ひとみ: やった…
香取 : ドキドキしなくなっちゃったのぉ? 
ひとみ: う〜ん、あんまり…、ほんとに。
香取 : あんまりドキドキしないのぉ? 
ひとみ: う〜ん。
香取 : なん…
ひとみ: 何か、しない。ほんと、慎吾のことをぉ、考えるとぉ、(笑)
香取 : う〜ん。
ひとみ: ドキドキするけどぉ。
香取 : う〜ん。
ひとみ: 段々少なくなって来た。
香取 : いやでも旦那さん、のことでドキドキしたりとか…。
ひとみ: う〜ん。(笑)え、帰って来るとドキドキするぐらい?(笑)別の意味で?(笑)(スタッフ:笑)
香取 : (笑)「ヤーベ、旦那帰って来るわ〜。」つってドキドキすんのぉ? 
ひとみ: (笑)ちょっと。(笑)それぐらい? 
香取 : ねぇ〜? 何かもう、もう何〜て言うの? 手っ取り早い話しでぇ、申し訳ないけどほら、
ひとみ: は〜い。うん。
香取 : 久々にさぁ、ちょっと下着の色を変えてみるとかさぁ。
ひとみ: (笑)そうかなぁ…? 
香取 : う〜ん、是非ほら、この慎吾君とのドキドキを味わった、のをきっかけにさぁ、
ひとみ: (笑)じゃぁ何色が、ちなみに慎吾君、(笑)何言ってんだろう?(笑)
香取 : え〜、ひとみはいつも何色なのぉ? 
ひとみ: (笑)う〜ん、(笑)何色だろう…? 
香取 : もうだって、「僕がドキドキの、下着の色」って言って、「何色。」って言ったら、「あ〜、それ普段から履いてる。」みたいなのではさぁ、ドキドキしないじゃん。
ひとみ: あ〜、そうかぁ…。(笑)う〜ん。白くはないかも。
香取 : 白くはないのぉ? 
ひとみ: う〜ん。
香取 : じゃぁ〜…、え〜、上も下も真っ赤な、下着とかは? 
ひとみ: (笑)はい。頑張る。
香取 : で上も下も、真っ赤な時なんて、あんま無い? 
ひとみ: 無い無い。
香取 : ほとんど無い? 
ひとみ: 赤は持ってない。
香取 : 持ってないぃ? 
ひとみ: 持ってない。
香取 : これ、買おうよ、これ。
ひとみ: 買う。買い…、分かった。
香取 : 運君と会えたのを、これ、きっかけにさぁ。
ひとみ: う〜ん。記念にね。はい。
香取 : この、この記念にぃ、
ひとみ: う〜ん。
香取 : 赤い、下着を買ってぇ。
ひとみ: う〜ん。
香取 : それで旦那さんともぉ、ドキドキしようよ。
ひとみ: 分かりました。
香取 : ね〜。
ひとみ: う〜ん。
香取 : やった。
ひとみ: 言われたら、頑張る。
香取 : これ…
ひとみ: う〜ん。
香取 : これで新しいドキドキがまた生まれて。
ひとみ: うん、ありがとう。(笑)
香取 : 人生に、ドキドキは、大切だよぉ。
ひとみ: そうだよね。う〜ん。
香取 : よかった。
ひとみ: ありがとう。
香取 : じゃぁ寒い中、ありがとう、ひとみ。
ひとみ: いいえ、とんでもない。(笑)
香取 : じゃぁ、ひとみちゃん、リクエスト。
ひとみ: うん、「Shigusa」。
香取 : 「Shigusa」? 
ひとみ: う〜ん。
香取 : 「Shigusa」、先週もかけたよぉ。
ひとみ: え、ほんとぉ? 
香取 : う〜ん。「Shigusa」ブームなのぉ? 今。
ひとみ: う〜ん、慎吾と言えばぁ? お願いします。
香取 : じゃぁ、ひとみに、捧げます。
ひとみ: ありがとう。
香取 : 慎吾の、「Shigusa」。
ひとみ: ありがとう。
香取 : じゃぁ、ありがとう。次のバスでちゃんと帰ってねぇ。
ひとみ: うん、張ってね…、は〜い、ありがとう。
香取 : ありがと。またハガキ送ってね〜。
ひとみ: うん、は〜い、ありがとう。じゃぁね〜。
香取 : あ、下着の結果を送ってよぉ。
ひとみ: 分かりました。(笑)
香取 : 赤い下着の結果。
ひとみ: は〜い、分かった。(笑)
香取 : そしたらまた電話するからぁ。
ひとみ: (笑)分かったぁ。
香取 : じゃぁね〜。
ひとみ: バイバーイ。
香取 : バイバーイ。

るんるん曲:Shigusa

(宛先、等)

人生には、ドキドキが大切。みなさんも是非、初めてっていう方も、おハガキ、待ってます。

それじゃぁまた、バイバイ。
posted by alfa at 21:48| Comment(1) | TrackBack(0) | ストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

「おはスマ」−歌舞伎

『おはスマ』

2月20日(金) (レポ)

るんるん曲:がんばりましょう

稲垣:
おはようございます。SMAPの稲垣吾郎です。2月20日。今日、お誕生日のみなさん、おめでとうございます。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、晴れ。

さぁ、今日はですねぇ、「歌舞伎の日」です。1607年のこの日に、出雲阿国が江戸城で、徳川家康などの前で、
初めて歌舞伎踊りを披露しました。

へぇ〜。そんな古くないんですねぇ。もっと昔からあると思ってましたけれども。

歌舞伎ねぇ。いや何か興味はあるんですけど。あまり観に行ったこと無いですねぇ。勿論、何回かはありますね。

昔あの〜、ドラマで市川染五郎さんと共演さしていただいた時にぃ、凄くよくしていただいててぇ。まぁ同じ年なんですけれどもね。そん時に歌舞伎を観に行きましたねぇ。お父様と…、2人でやってる、「弁慶と牛若丸」だったり、凄かったですねぇ…。

そん時にまぁ、いろんな大スターが集合するんですけれども。玉三郎さんも観られたりとかして。う〜ん。

まぁほんとに難しいものから、現代的に分かりやすいものからいろいろあるんですけれどもぉ。

ちょっとねぇ、この辺は、これから、ちょっと課題ですねぇ。僕も、興味あるので。歌舞伎とか能とか、観たいな〜って思うんですけれども。きっと勉強してったら、嵌りそうですよねぇ。う〜ん。

何か、自分がやることとかっていうのは考えられないんですけれども。観るんだったら凄く、ねぇ、勉強にもなるでしょうし。う〜ん。何かいろいろ経験してみたいなぁとは、思うんですけれども。は〜い。

ということで、え〜、中西さんは、歌舞伎、ご覧になったこと、ありますかぁ?



中西:
僕は…、歌舞伎…は…、無いですねぇ。現代歌舞伎は、ありますけどぉ。観てみたいです。

やっぱりこう、観たこと無いものを観ることで、人間ってねぇ? 必ず成長しますし。新しいものに遭遇することは、自分を、お〜、更に成長さしてくれるんで。観たいですねぇ。

稲垣さんは、「自分がやるのは、考えられないですけど。」っていう話し、(笑)されてましたけど。いつかねぇ、何かねぇ、稲垣さんとかも、似合いそうですけどねぇ。う〜ん、僕は似合うなと思うんですけどぉ。

観たいという、ことで、お伝えして、今日はお別れしたいと思います。

稲垣さん、ありがとうございました。
posted by alfa at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

「サムガ」−ドラマの話(3)

『サムガ』

2月18日 (レポ)

(つづき)

中居:
ドラマが決まりました。え〜、「婚カツ!」以来8年ぶり。(スタッフ:3年ぶり。)あ、3年ぶり。あぁ、こっちだね。こっちか。

千葉県のけいこさん。

(ハガキ)
中居君、TBSで8年ぶり、のドラマですね。え〜、40になる前にやってくれるんじゃないかと思っているので、とても嬉しいです。3年前の「婚カツ!」とは全くテイストが違いますねぇ。影のある役、大好きです。

中居:
8年ぶりでしょう〜…? TBS…、この8年間は、何だったんだろうね? な…、「砂の器」でしょう? ねぇ? 何、僕が何、その何? 器が無かったってこと? その、8年間。(カカカ笑)

俺、すっげぇ、自然に今、タバコ吸おうとしちゃったよ。もう(笑)、ダメダメダメ…。

そうね。「ATARU」。サヴァン症候群で、特殊な能力を持つ主人公を演じます。サヴァン症候群、症候群とは、自閉症や、え〜、知識障害を持つ人の中で、超人的な能力が、現れる現象。一度聴いた曲を、聴いた曲を、記憶をしてしまうとか、計算が異常に早いとか。「裸の大将」で、お馴染みの、画家の、山下、清さんも、サヴァン症候群だったと言われてます。

どんな能力をATARUは持っているのか? 

あの〜、まぁ、事件を解決するっていう。う〜ん。警察に協力して事件を解決していくのか…、とか…、かな?(スタッフ:笑)

いつから入んだろう? もう。何か難しくてさぁ。俺よく分っかんないんだよね。(カカカ笑)漢字が多過ぎてぇ。俺、読解力が無いからぁ。「これ何の…、これ何なんだろうな?」っていう。(カカカ笑)

撮影多分、3月から入んじゃないかなぁ〜? 

僕はぁ…、ドラマってぇ、週に5日必要なんですよ。撮影に。2日間がぁ、まぁ、お休みプラス、スタッフは、準備でっちゃぁ、準備で。え〜、役者さんは5日間必要なんですよ。

僕はねぇ、2日半なんですよ。さて、撮影は、出来るのか…? っていうね。2週間で、だから10日間必要だね。14日間で。僕はぁ、5日間…、か、6日間みたいな。1週間で、3日…、あるいは2日なのね。だ、物理的に無理なんだよね。

じゃぁ、「婚カツ!」の時、何で撮れたのか? って。え? 今から3年前か。あん時もぉ、始まってぇ、1ヶ月ぐらいはぁ、もぉ…。始まった時にぃ、2話分を、と、撮り終えてないとぉ、間に合わないんですよ。

ほんで僕なんかはぁ、2話分は撮り終えてんだけどもぉ。で「婚カツ!」ん時は。もう、あとはもう、スケジュールが僕無かったのでぇ。んでまして、あん時まだ、「うたばん」とかもあったかな? で「無い、無い、無い。」つって、「どうする? どうする?」つってぇ。

そしたらねぇ、「スマスマ」のスケジュールが無くなったところで、撮ってぇ。撮れたんだよね。(カカカ笑)

それをぉ、多分ん、「撮れてるじゃん?」みたいな。「『婚カツ!』も、何だかんだつって、撮れたんでしょう?」みたいな雰囲気なんだけど。「いやいや。」と。

それ知ってんのかなぁ?(カカカ笑)

「砂の器」はねぇ、あの〜、あれはし〜…、やっぱり出番的にぃ、僕の方ってあるじゃないですか。でぇ、謙さんのぉ、渡辺謙さんのぉ、物語もあってぇ。もうそれが、平行に行ってたからぁ、撮れたってとこもあるのかも知んないよねぇ。

ほんでもうロケ地もだからぁ、だいたい固まってたからぁ。だからある程度もぉ、本もぉ、出来てたしぃ。本がぁ、前の本が出来てるとぉ、例えばじゃぁ、1話、2話、3話撮ってると、1話だけ撮るってこと無いからぁ。1話の、じゃぁ、「砂の器」で言ったら…、何だ? あのじゃマンションの、出入り口で俺が車に乗るとか、例えばね。

で、1話と2話と3話分のぉ、そこのシーンを撮れちゃうのよ。

だから1話だから出来ない、1話しかないかったらぁ、台本が出来ないとぉ、そこのじゃぁ、マンションのシーンって、そ、もう…、その1話の中でのぉ、1シーンしか撮れないからぁ。行ったら行ったでそこで一遍に撮っちゃえばいんだけどもぉ。撮れないからぁ。そうすると時間かかっちゃうよね。

でもう、その「砂の器」の時は台本の凄く出来も早かったですしぃ。そうすると、いろん…、ロケ行ったらぁ、そこで、一遍に撮れちゃうみたいな。それが出来たから。

あと何だっけなぁ…? 何かお台場じゃないけどぉ。何かねぇ、ピアニカをねぇ、子供達が吹いてるみたいなぁ、シーンがあってぇ。外なんだけどぉ。あれお台場だったっけなぁ…? う〜ん。そこもだからもう、何話分も撮れたり、しててぇ。

そうするといんだけどもね。

ダイエット、もうさぁ、ダイエットはねぇ…、(チッ)来週話そっか? ね? そっかぁ…。

それでは、え〜、「僕は半分」のぉ、カップリングの曲。あのもう1曲の方、どうぞ。

るんるん曲:真冬のラブレター

(CM)

さて、この番組では、あなたからのお便り、お待ちしております。おハガキの、宛先は、郵便番号100の8439、ニッポン放送、中居正広の、サムガールSMAPで〜す。

さぁお別れの…、来、来週、2万円。これ編成局のぉ、まきちゃん。え〜、ニッポン放送の偉い人のまきちゃんからねぇ、2万円を貰ったのでぇ。僕、懐に入れてもいんですけども。それじゃぁ、あれなので。え〜、当選者を、決めたいと思います。

また来週、どうぞ。

今週のおまけハガキー。

わ、神奈川県座間市入谷だって。

(ハガキ)
炒飯は、ポロポロタイプとしっとりタイプ、どっちが好き? 私の行くお店は、しっとりタイプです。いつも餃子とセットで、食べます。

中居:
あ〜、さおりさんね。そうですか。

また来週〜。
posted by alfa at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−ドラマの話(2)

『サムガ』

2月18日 (レポ)

(つづき)

中居:
低層階のマンションが好き。あの何だったっけ? その、マンションのぉ、あれが少ない方が、好きなんだけどぉ。

え〜、前のマンションかなぁ…。6戸、戸ぐらいしか、入ってないマンションだったのね。3階建てぐらいの。で〜、小っちゃいのよ。で〜、3階建てぐらいでぇ、3組、3組、3組ぐらいしか、いないのかな? だから10組ぐらいか。

それだとぉ、あのねぇ、管理費が高いんだよ。結局人が少ないっていうことは、その分管理費…が高くなんだよね。そうだよね。例えば管理人さんがいるとすんじゃん。10時5時? か分かんないけど。この人はこれで、メシを食ってるわけでしょ? 

じゃぁ、つって、この人、月20万貰うとするじゃんか。っていうことはぁ、いろいろなのあってねぇ。例えばこれがさぁ、100戸、さぁ、100世帯あったらさぁ、ねぇ、それを割ればいんだもんねぇ? だから10世帯だったら、割るのやっぱ、負担かかるよねぇ。う〜ん。

でもいいよね。低層階のぉ、人が少ないのとか、好きなんだけどねぇ。

高層マンションに住んだこと…。何階から高層…? 10階から高層ってことなんの…? そんなこともない? 8階でももう高層…? でも今のだったらもう、30階ぐらいとかあるんだもんねぇ。

無いかなぁ〜…? 高層マンション。だいたい6階建てとか7階建てぐらいかなぁ…? もう充分。う〜ん。

前話したっけなぁ? あのさぁ、ある、何か、何か雑誌みたいなのにぃ、載ってたんだけどぉ。随分前なんだけどぉ。アメリカのぉ、話しなんだけどぉ。いろんな殺人事件とかさぁ、凶悪犯罪、とかあるでしょう? 

それがぁ、あの〜、小さい頃ぉ、あの〜、8階以上にぃ、住んでいた子供がぁ、大っきくなってぇ、その犯罪率が高いんだって。だ全員が全員ってことじゃないんだろうけどぉ。う〜ん。だから犯罪者のそのさぁ、今までのさぁ、小さい頃からの生い立ちみたいのやっぱり、調べるんじゃない? 

そうするとぉ、やっぱり高層マンションの上の方でぇ、小さい頃を、ずっと過ごしてるぅ、人のぉ、割合っていうのが、高い、可能性が高いみたいな。

必ずしもそういうわけじゃないんだろうけどもぉ。だけどもぉ、アメリカとかも、昔からもう高層マンションていうのは、日本より全然早かったらしくてぇ。

だから俺が「これ何なんだろう?」つって。俺もぉ、それを読んだ後、うろ覚えなんだけどぉ。まぁ、自分なりにぃ、解説、あの〜、見解をぉ、するとぉ。俺最初ねぇ、「酸素が薄いんじゃないか?」と思ってたんだけどもぉ。「そんなこともねぇな。」と。そん〜な何百メートルの、話しだから。

例えばほら、地に足も着いてない生活っていうのかな。ず〜っとねぇ、こうやってねぇ、フワフワフワフワしちゃうんじゃないのかなぁって。たま〜に、旅行に行く時だったらまだしも。それが生活の基盤になるっていうのはぁ、やっぱ地に足の着いてない生活しているとぉ、何かそういうのあんじゃないのかなぁ?って。

結構前だけどなぁ〜。う〜ん。まぁ必ずしもそうじゃないけども。何調べかもちょっと全然覚えてないんだけど。

将来、一戸建てで我慢しよっか? ねぇ? いやぁ〜、一戸建ては住んでみたい。一戸建て、住んだことが無いのでぇ。まぁ一戸建てっつうのかなぁ? 俺小っちゃい頃に。平屋は一戸建てじゃないよねぇ?(笑)

あ〜でも、あれ一戸建てっつうのかなぁ? 何かマッチ棒みたいな、家に住んだことあるな。2階建て。1回だけあるのよ。その、俺が出て行くぅ、後半。マッチ棒みたいなねぇ、何だろう? もうほんと崩れそうな、家なんだけどぉ。

4畳半、3畳。1階が。(笑)あとトイレと風呂があってぇ。上がぁ、6畳、6畳みたいな。すんげぇ急なの。梯子みたいな、階段でやんの。う〜ん。「何だ? この。」

でも2階…、その、俺がく…、鵠沼、でぇ、最初、平屋みたいのに住んでてぇ。やっぱ水洗便所、の…、感激(カカカ笑)、和式だったけどぉ。水洗便所への感激とぉ。あと風呂、のその、お湯…、お湯シャワーの感激みたいのがすげぇ覚えてるなぁ。「お湯シャワーだよ!」つって。

その前なんてだって、お湯さぁ、「ボー!」つって。もう「ボボボボッ!」って。湯加減が分かんねぇからさぁ。熱ちぃんだよ、毎回。で、す、す、ほんで、桶で、こうやって。桶持ってぇ、その、湯船に入ってるお湯で頭洗ったり身体洗ったりすんの。どんどん少なくなっていくわけでしょう? 

ほんじゃぁ、で水道水は出るわけよ。で結局、そっからさぁ、ブルブル何かホースか何かやってさぁ。こう水浴びんのよ。これがま、寒くてぇ。「夏だったらいいじゃん。」って言うけどぉ。夏でも水、すっげぇ冷たいよ! 「フハッ! ハハッ! ハハッ! ワハハッ! ウハァー!」って言いながら。ウヒョウヒョ言いながらねぇ何か、入んのさ。

それが終わったらだから、次のところ、お湯が出たんだよなぁ。すっげぇチョロチョロなの。「何だ? これ。」って。「でも出ないよりかましだよな〜。」なんつったの覚えてるわ。

今、一戸建て住ん…、ね? じゃぁ住んだとしても。俺が一番言うのはやっぱその、セキュリティーとぉ、うん、ゴミね。う〜ん。

やっぱ、ゴーミはさぁ、見られたくないよねぇ!? 見られちゃうもん。芸能人のゴミの、芸能人のゴミって。や、(笑)分かんないけど。見られちゃうのかなぁ? 置きっぱにしてたら。見られてんのかなぁ…? 

僕の、とこマンションがぁ、あの〜、ゴミ、いつでもその、ゴミ置き場が、みたいのがあってぇ。まぁいつ出してもいいのよ。26時間、365日。(スタッフ:26時間?)24時間、365日。いつ出してもいいのよ。だから溜まったら夜中でも何でも出しに行っちゃうみたいな。

だから結局その、それすらも面倒臭くなってぇ、玄関に固まってるみたいな。

そうなったら俺、絶対無理な気が…。そういうの奥さんがやんのかなぁ? そういうのってね。う〜ん。

(つづく)

posted by alfa at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする