2009年10月31日

「サムガ」−自由に話しま〜す(概要)

『サムガ』

10月31日 (レポ) (概要)

<自由に話しま〜す>

中居:
お鍋が美味しい季節。鍋、俺全然やってるよ。水炊きしかやらないけど。1人鍋、全く寂しくないよ! 毎日鍋でもいいくらい。

車買っちゃった。お父さんに、プレゼントで。外車です。もう、最後かな。こういうプレゼント。

「金スマ」メンバーでゴルフやって。親父も来て。ナガタマがその新しい車運転しちゃって。俺より先に。

親父の生まれたところに行ってみたい。

魚焼き器、大活躍です。

片思い…。したことあるけど、思いつめるまではいかなかった。片思いって、いいよね。ワクワクしちゃう。

プラマイゼロの女の子が好き。

野球選手の、どこを見て好きになるか。

次回のサムガールは、マイケル・ジャクソンのプレミア上映会の話しをしたいと思います。

(詳しい内容は、後ほどレポいたします。)
posted by alfa at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「たまッチ!」−16(4)

『たまッチ!』

10月11日(日) 24:55〜25:55 (レポ)

{一部、省略します。}

(つづき)

*(V):VTR (S):スタジオ (N):ナレーション


(N)(V)

一方、巨人を支える、外国人と言えば、この男。読売ジャイアンツ、アレックス・ラミレス。慣れた手つきで切符を買い、その後、売店で新聞を購入。今では、漢字も読めるらしい。推定年俸、5億円のラミレスだが、普通に電車を利用する。

ラミ : タクシーで行くことも出来るが、電車で行くと、新聞を読みながら、のんびり行けるからね。時にはファンの人にサインを頼まれたり、写メールを撮られたりもするけど。それはそれで、非常に楽しいし。丁度良い距離なので、電車で行くようにしてるよ。

阿部 : ま、まず毎試合その、今まで、休んだことないっていうのは、え〜、凄いとこであって。まぁ自分の、まぁ野球の、先生と言ったらあれですけど。はい。

ラミ : チームにはベテラン選手を中心とした役割があると思うんだよね。自分は、チームの雰囲気を明るくして、一つにするというのが役割だと思っているよ。

チームにおける、自分の役割を、誰よりも理解している4番、ラミレス。巨人が、クライマックスシリーズを勝ち抜くには、彼の活躍が、不可欠となる。

そう、一つ目の共通点は、外国人(GAIKOKUJIN)。

では、二つ目のGは…? 

この、両監督。共に、巨人のOB。そこで、元木が、両監督(原監督、落合監督)を知る、2人の人物に接触。

中日ドラゴンズ、川相昌弘コーチと、読売ジャイアンツ、村田真一コーチ。

川相 : 原さんはぁ、動。
元木 : はい。
川相 : で、落合監督は、静。動と静っていう…。(原監督は)ランナー1、2塁から、0−2でエンドランとかね。
元木 : はい。
川相 : まぁ、自分も、そん時バッターでやったことあるけどぉ。
元木 : えぇ。
川相 : あの〜、意外に、1球1球、動いてくる、タイプ、だと思うのね。うん。

村田 : (落合監督は)あん時、強打者でぇ、凄い打線のチームを作ると思ったのが中日に行かれてぇ。もう、ピッチャーのチームだよねぇ。だってもう、1位に、吉見、チェン…。
元木 : でも、いってるじゃないですかぁ。
村田 : いや、いっても3点よ。いっぱいいっぱい3点。で、うちのピッチャー陣が抑えてるっていうところじゃない?
元木 : あ〜、逆に?
村田 : やっぱうちの監督もそれ分かってるうえで、エースをぶつけてるよね。
元木 : あ〜。

かつて、巨人の4番に座った、2人の指揮官は、クライマックスシリーズの大舞台で、どんな采配を見せるのか。Gの血が流れる、2人の監督からも、目が離せない! 

外国人と、巨人出身監督が、クライマックスシリーズを、より熱くする! 

一方、パ・リーグでは、北海道日本ハムが、5度目のリーグ制覇を成し遂げた。そんな日本ハムに続き、2位に入ったのが、野村楽天。

野村 : ばんざ〜い! は〜い、みなさん、ばんざ〜い! 

その楽天を祝福するため、アンタッチャブルが、仙台に乗り込んだ。

この日(10月3日)、プロ野球界に、新たな歴史が刻まれた。野村監督の、有終の美を飾るを合言葉に、球団創設5年目で、初のクライマックスシリーズ進出を決めた、東北楽天、ゴールデンイーグルス。奇しくも、監督の年齢と同じ、74勝での悲願達成となった。

球界再編問題に揺れた、5年前、寄せ集め集団と、揶揄されながらも、産声をあげた、楽天。100敗近くきした1年目から、4年連続、Bクラスの屈辱を味わった。

苦しい冬が長かった分、ファンも、喜びを爆発。森の都に、大歓声がこだました。

野村 : あ〜、まぁ、何と言っても、お客さんが凄い喜んでぇ。終った瞬間の歓声が、一段と凄かったよ。1試合でも多く仙台で野球出来るように。まぁ、それが唯一の恩返しですから。

歓喜から、一夜明けた仙台には、あの男達が…。

柴田 : はい、ドン! イエイ! 
山・柴: 楽天、クライマックスシリーズ、進出、おめでとう〜!! 
柴田 : イエーイ! 
山崎 : (拍手)イエーイ!
柴田 : おめでとう〜!
山崎 : (ノムさんのマネで)ばんざ〜い。ばんざ〜い。
柴田 : いや監督、やりましたねぇ。
山崎 : (ノムさんのマネで)ほらみんな、ばんざ〜い! やらねぇのか? ほら。
柴田 : やらないですね。
山崎 : (笑)
柴田 : 今一、ついてきてないじゃないですか。
山崎 : え〜、いやでも、とうとう来ましたねぇ!
柴田 : いや〜、まぁ、別にね、僕たちはこの、楽天の、応援団でも何でもないんですけれどもぉ。
山崎 : でもねぇ、僕らのぉ、お陰と言っても過言ではございません。

前半戦終了時、借金6の4位と、もがいていた楽天。そこで、オールスター期間中に、ヤクルト時代のノムさんに扮し、1日監督として活を入れると、あ〜ら不思議。ここから、誰も予想出来なかった、後半戦の、快進撃が始まったのだ。

柴田 : 今日はねぇ、選手のみなさんに、そこをちょっと強く聞きたい!
山崎 : だからあの、選手のぉ、みんなにぃ、お礼言ってもらおう!
柴田 : そうだね。特にあの〜、岩隈投手。
山崎 : (笑)そうだね。
柴田 : 相当、言ったでしょう?
山崎 : 俺達がぁ、注入した訳だから。ID野球、っちゅうのをね?
柴田 : そうだね。行っちゃいましょうか?
山崎 : 行きましょう!じゃぁ。行っくぞ〜!!

まずは、幾イニングや、数々の逆転勝利を生んだ、楽天の象徴。繋がるエルニーニョ打線。その中から2人が目をつけたのは…?

ノムさんに、安い天才とも言われた、ヒットメーカーの草野。

山崎 : ちょっと、後半戦がやっぱり、ま、グーンと来たんじゃないですか?
草野 : まぁ、ちょっと頑張ってます。監督を何とかこう、胴上げしたいっていう、一心でねぇ、
山崎 : はいはいはい。
草野 : やってるだけなんでぇ。
山崎 : うんうん。
草野 : まぁ、気持ち的には。ただほんとあの〜、ちょっと、(3位だった西武の)お尻が見えちゃったんでね。
山崎 : うんうんうん。
草野 : もう、追い越さなきゃみたいな。
山崎 : あ〜、そうですよねぇ〜。

続いては、クライマックスシリーズを決めた試合で、勝負を決定づける3ランを放った、4番の山崎。

山崎武: まぁあれで多分、いけるんじゃないかなっていうね、チームの雰囲気がなったんでねぇ。
山崎 : うんうん。
山崎武: まぁ、あの1本はちょっと、自分でも大きかったし、チームにとっても大きかったですね〜。
柴田 : や、絶対あれですね。
山崎 : ほら、ベテランの方やっぱほら、やっぱどうにか、あんまり取り乱さずぅ、チームを纏めていこうっていうの、あるじゃないですか。
山崎武: はい。
山崎 : でも、あそこでほんとにぃ、何か感極まっちゃうっていう、感じの? ある種取り乱したみたいなぁ。
山崎武: じゃぁ昨日、泣けばよかった。
山崎 : いや〜、ほんとそうですよ。
柴田 : ほんとですよ。無邪気に。
山崎 : やらしい話、泣いたらもっと人気上がってると思いますよ。
山崎武: (笑)教えてくださいよ。そういうこと。
山崎 : (笑)
山崎武: どうやって好感度上がるか。
山崎 : (笑)
柴田 : いいじゃないですか。好感度…、全然悪くないですよ。
山崎 : 好感度上がり際で、乱闘でキレちゃうからねぇ〜。 
柴田 : あ〜、そうなんですね〜。
山埼 : あそこでみんな、ビビっちゃうから、やっぱり、「あ〜、ダメだ、ダメだ。」なんですよ。

一方、投手陣では、10勝以上の先発投手を3人揃え、パ・リーグ屈指の3本柱を確立。

その中でも、今シーズンブレイクし、唯一、ローテーションを守った、永井は…。

山崎 : (ノムさんのマネで)永井がお前、投げると、試合が長いよ。
永井 : アハハハハ! 
柴田 : そうもねぇ、言われてる時期もありましたけども。
永井 : 今では、「短い」になりました。
山崎 : ね〜? あれはやっぱちょっと、嬉しいんじゃないですか?
永井 : ひとつの成長ですね。やっぱね。
山崎 : (笑)

その成長は、楽天、1日監督の時の、アドバイスのお陰だと、山崎が、誘導尋問を仕掛ける。

山崎 : 何か、変わったことありました? ちなみに何か、オールスターの期間中っていうか。
永井 : 期間中…?
山崎 : う〜ん。何か、いつもにない、今までにないことって言うか。う〜ん。
永井 : あの〜、おふたかた(アンタッチャブル)、が、いらっしゃった、お陰じゃないですか?
山崎 : あれ…? あ〜! あ、アッハハハ! 来た来た来た! ヤクルトの時の、野村監督の…。
永井 : (習ったのは)あの〜、インコースの、使い方です。
山・柴: アハハハハ! 
永井 : ハハハ! 

そして、忘れてはならないのが、エース岩隈の、後半戦の巻き返し。4連続完投は勿論、「僕らのお陰。」と、お礼を強要する。

山崎 : いや〜、これ来ましたよ〜!
柴田 : 後半はもう、岩隈選手はこれ、ま〜凄いですねぇ!
山崎 : ね〜。もう、本来の力と言うかねぇ?
柴田 : う〜ん。
山崎 : 何かあったんすか? オールスター中に何か、誰かからアドバイスいただいたとか何か…?
岩隈 : (笑)もう、あの、監督からね、素晴らしいアドバイスいただいたんで。
山崎 : あ〜、監督…。

素晴らしいアドバイスを送ったのは、楽天か、それとも、ヤクルト時代のノムさんか!?

山崎 : オールスター、ぐらいの時がちょっとね? 調子悪いなんて…。
岩隈 : そうですねぇ。
山崎 : 何かあったんですか? オールスター中に何か。誰かからアドバイスいただいたとか…?
岩隈 : もうあの〜、監督からね、素晴らしいアドバイスいただいたんで。
山崎 : あ〜、監督…。監督っていうのはあれですか? あの〜、楽天の監督ですか? それとも、ヤクルト時代の…。
岩隈 : ヤクルト時代の監督…。(笑)
山崎 : あ〜! 俺だ! あ〜!
柴田 : や、山崎さんです。あれから変わったんだ。
岩隈 : ウフッ。あれから変わったっすねぇ。
山崎 : あれから相当調子いいですよねぇ? フハハハハ!
岩隈 : (笑)
柴田 : 4連続完投でしたっけ?
岩隈 : はい。
山崎 : いや、僕ね、よく、「あげチン」って言われるんですよ。はい。
岩隈 : アハハハハ!
山崎 : アハハハハ!
柴田 : ちょっとこう、引き離された時期もあったじゃないですか。
岩隈 : はい。
山崎 : うんうんうん。
柴田 : そん時もやっぱ諦めず、まだまだ行けるっていう気持ちは…。
岩隈 : そうですねぇ。ありましたね。もうほんとにだから、後半戦も、その、イニング、球数、関係無く、こう、ねぇ? あの〜、思い切って投げてたのでぇ。
山崎 : あ〜。
岩隈 : まぁその結果もついてきたのかなって思って。凄く嬉しいな〜と思います。
山崎 : 何かちょこちょこその〜、監督とかから何か言われてたこととか、あったりするんですか?
岩隈 : まぁ、ねぇ? いい意味でね、凄くね…(笑)。あのっ…(笑)。
柴田 : 何かいい意味でとか、分かってないですよね。
岩隈 : 凄い言われたんでぇ(笑)。
柴田 : (笑)いい意味でね?
岩隈 : ハハハ!
山崎 : いい意味で、「(ノムさんのマネで)ちゃんとやれ! このバカヤロー!」
岩隈 : (笑)そうそう、そういう感じで…(笑)、まぁ…。
山崎 : 「(ノムさんのマネで)お前がやらないでどうすんだ。このヤロー! 肘が痛ぇじゃねぇよ! このヤロー!」みたいな…。ハハハハハ!
岩隈 : ハハハハハ!
山崎 : ハハハハハ!

そして、間近に迫ったクライマックスシリーズ。その先の日本シリーズを楽しむため、アンタッチャブルが選手達に、いろいろと注文をつける!

(中略)

山崎 : 日本シリーズ、優勝してぇ、もうビールかけとか。もう、野村夫妻にガンガン行かないとね〜。だからこれはもう、ビールかけで会う、会えると信じて…。

クライマックスシリーズを勝ち上がり、日本シリーズ制覇へ。野村監督とビールをかけ合う、その瞬間まで。楽天と、アンタッチャブルの夢は続く…。

(つづく)

posted by alfa at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | たまッチ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

「おはスマ」−好きな香り

『おはスマ』

10月30日(金) (レポ)

るんるん曲:青いイナズマ

香取:
おはようございます。SMAPの香取慎吾です。10月30日。今日、お誕生日のみなさん、おめでとう。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、晴れ時々曇り。

今日は、「香りの記念日」です。香りの記念日、いろんな日があるんだな〜。

え〜、好きな香り。香りねぇ…。あのねぇ、ユーカリ! 何かねぇ、アロマとかで、あんのよ。そういうのが。液があって、それを水に入れてねぇ、香りが出るヤツがあんだけどぉ。そうそう。アロマオイルのユーカリを入れるとぉ、何か機械でウィーンつってぇ。それ、のユーカリの香りが好き。こう、不思議でしょ? 「ユーカリ?」って思うけどぉ。凄いいいんだよ。ユーカリとか。

あとはねぇ、ラベンダーかな〜? これは結構好きだね〜。

ユーカリとかもそうだけどぉ。あの、鼻が悪いのよ! 僕。鼻が、昔から、悪いんでぇ。鼻がねぇ、スーッと、抜ける感じの、香りがぁ、きっと好きなの。だからぁ、ユーカリとかがぁ、好きなんだと思う。何かねぇ、ちょっと、スーッとすんのね。

そんなのが(笑)好きだからねぇ。すっごい地味〜なこう、1人で思ってるようなことを話して、ごめんね、何か。家で(笑)、こう何かだからさ、やりながらさぁ、「あ〜何か、家、結構アロマ見ると、ラベンダーが多いんだ。人からもらったとか。俺、ラベンダー好きなんだ。」ってこう、ぼそっと思ったことをぉ、何か大、大声を上げてぇ、マイクの前でしゃべって、ごめんね、何か。

さぁ、ということで、リサさん。リサさんは、何の香りが好きですか?


s-line1.gif

リサ・ステッグマイヤー:
え〜、私はねぇ、香りフェチなんですよぉ〜。いろんな匂いを嗅ぐのが好きなんですよ。小さい頃、母親によく怒られました。「ご飯の前にその、ご飯の匂いを嗅ぐんじゃない!」とかね。(笑)ちょっと、お行儀悪い子でした。

ね、でもあの〜、実はぁ、香取さんと同じでぇ、鼻があんまりよくないんですよね。鼻が高いのにぃ、鼻が悪い。イヒヒヒヒヒ。不思議ですよねぇ。高いからと言って、鼻が利くとは、限らないんですよね。

でもねぇ、いい香りには敏感なんですよね。ラベンダーとかローズとかぁ。もう、過ぎてしまいましたけど、金木犀の香りが凄い好きでねぇ〜! もう、クンクンクンクンクーン! とかね。街を歩いていて。(笑)こう、嗅いじゃうんですよね。

お花の匂いとか好きですね。でも、甘い香り、チョコレートとか、飴とかねぇ。でもねぇ、臭い、匂いってあんま分かんないんですよねぇ。(笑)ちょっと、得かなぁ? とは思ってしまうんですよねぇ。
posted by alfa at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ストスマ」−石川遼選手と交流

『ストスマ』

10月29日(木) (レポ)

<キャッチボールSMAP>

木村:
みなさん、こんばんは。「STOP THE SMAP」の時間がやって参りました〜。今日もメッセージが届いております。

大阪府の、と・も・み。

(ハガキ)
最近、白やピンク、黄緑色など、カラフルな、鯛焼きが売られてますねぇ。鯛焼き、大好きだった少年だった、ね、大好少年だった拓哉君は、もうチェック済みですか? 

木村:
って。今知りました。何すかぁ? これ。黄緑色の、鯛焼き? 鯛焼きで、黄緑なの? 何故? な、な、何故そういう…。え?(スタッフ:ほうれん草が練りこんであるらしんです。) あ、あのその〜、鯛焼きの生地にぃ、ほうれん草とか、野菜を練りこんでぇ、あ〜、あの〜、楽しんでる訳ですか? …あぁ。

あの〜、ま、ラジオの、ねぇ? え〜今、やってるんですけどぉ。あの〜、逆にちょっと、今、ラジオでよかったな、っていう風に。そんな、顔を、僕今してます。

え〜、今夜は<キャッチボールSMAP>をお送りしま〜す。

え〜、僕宛に、あの、メンバーの誰かから、メッセージが届いてます。今夜は誰からでしょうか? 聴いてみましょう。

稲垣:(テープ)
どうも。あなたのお友達の、稲垣吾郎です。(木村:ンフッ。)木村拓哉さんへ、メッセージです。石川遼君、ハンパじゃないよねぇ?(木村:その話しかぁ…。)ってかもう、もうプロにな、った時点で凄いな〜と思ったんだけど。ハンパじゃないよねぇ!? もう何か、プロゴルファーにあの年でなったっていうのが、凄いっていう風に、言われてて。ねぇ? アイドル的な存在でも、勿論ゴルフが上手いねって感じだったんですけど。

前何か木村君…が何かあの〜、石川君と、仕事も、ねぇ? したみたいで。僕も1回したことあんですけどぉ。何かこう、何だっけ? メールとかで、こう遣り取りしたりとか。(木村:うん。)こう連絡を取り合ってみたいなことを、話しを聞いたことがあって。(木村:うん。)「あ、いいな〜。」とか思ってたんですけど。ねぇ? あの〜、ちゃんとメッセージとか、届いてるんですか? 勝った時とか。ねぇ?

ちょっと、「一ファンの、稲垣吾郎も、応援してる。」って、言っといてください。ンフフフ…。ではでは。

木村:
そうですねぇ〜。あの〜、自分に、とって…、彼の存在。まぁ、石川遼選手、の、え〜、存在、というとぉ、まぁ勿論、その、自分も若干、あの〜、ほんっとに、齧る程度にぃ、ゴルフを、やらしてもらったりとかしてるんでぇ。もうほんとに、やることなすこと「何だ!? コイツ!」っていうぐらい、凄いとは思うんですよ。

だ、ほんとに凄いとは思うんだけどぉ。何かこう、逆にぃ、発展途上だしぃ。凄くね。まぁ、あの〜、ほんとに、プロ、スポーツ選手っていうのは、現役のうちはみんな、あの、発展途上だとは思うんですけどぉ。もうバリバリじゃないですかぁ! 彼なんて。まだねぇ? 二十歳を前にして。

なので、何か、その、発展途上の人、なのでぇ、あの〜、いろんな、変化。それこそぉ、ダメな時もあるしぃ。す〜げぇ〜な、って、また改めて思わしてくれる時もあるしぃ。

何かこう、そのバランスが、ちょうど自分には良くてぇ。う〜ん、あの〜、割と、何だろう? こう、吾郎までは、行かない、温度かな? う〜ん。

で〜、その〜、まぁちょっと、その、電話でもなく、メールでもなくぅ、あの、会って話した時にぃ。まぁ、僕…は、偉そうなこと言えないんですけどぉ。

あの〜、僕、タイガーウッズ選手の、ガッツポーズあるじゃないですか。「イーー!ヤァーー!」ってヤツ。あれが、すっごい何かあの〜、ゴルフ、上手くもないしぃ。経験値も浅いしぃ。っていう自分でもぉ、何かこう、一緒んなって盛り上がれる、瞬間?

だから、こうスイングをする、瞬間だったり、どんだけ、距離が、あのボール、飛んだとかぁ。どういう風に、ボールをね? あの、打ち分けられるとか。そんな、のは、全然自分ら、あの、分かんないしぃ。同じ、世界だったりこう、何だろう? 目線が全然違うじゃないですか。

でもあの、ガッツポーズの瞬間だったりとかっていうのはぁ、何か凄く、あの〜、同じ、割と近いテンションで、「オワーー!」っていう、気持ちに? さしてくれるっていうのをぉ、石川選手、とぉ、あの〜、話しをした時に、さしてもらってぇ。

だからあの、スコアブックってあるじゃないですか。ゴルフって。で〜、そのスコアブックの中にぃ、「何打で上がった。」だけではなくてぇ。「今日1日、18ホール、周った中でぇ、何回ガッツポーズが出せた。っていうぅ…。その、ガッツポーズ、スコアーもぉ、結構大事に、したら、もっと何か、面白くぅ、ならねぇ?」みたいな。話しをこう、さしてもらってぇ。実際に彼がそれを実践してくれたらしくて。

で〜、「それをやったら凄く、もっともっとゴルフ、面白しくなりました〜。」っていう風に、あの〜、返してくれて。う〜ん。

で〜、まぁ結果、今現在ねぇ? いろんな、その〜、インターナショナルな、舞台で、それこそ、試合を、してるじゃないですか。う〜ん。

だからそれを、実際、自分は、あの〜、ま、ライブ、のテレビ、で観ることはなかなか出来ないですけどぉ。いろんなスポーツ新聞だったりとか? う〜ん、スポーツニュースで、まぁその彼の、活躍ぶりを? う〜ん、あの〜、「お〜、相変わらずやってんな〜。」みたいな感じで、えぇ。観さしてもらってますけど。

じゃぁ、曲いきます。SMAPで、「スーパースター★」。

るんるん曲:スーパースター★

(宛先、等)

それじゃぁまた、バイバイ!
posted by alfa at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

「おはスマ」−THE アイドル

『おはスマ』

10月29日(木) (レポ)

るんるん曲:あなたのためにできること

香取:
おはようございます。SMAPの香取慎吾です。10月29日。今日、お誕生日のみなさん、おめでとう。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、曇り時々晴れ。

今日は、語呂合わせで、「とらふぐの日」です。10(とぉ)、らぁ、2(ふぅ)、9(ぐぅ)。ふぐ…、まぁまぁまぁ。10月29日。

ふぐの話しかぁ〜…。あの〜、「こち亀」の、中でぇ、AKB48と、食事するシーンがあったの。

そん時にぃ、刺身あれ、ふ、ふぐだよねぇ? こうやって、バーッて、食べるヤツ。お皿にピタピタピタピターって。あれをぉ、一気にグワーッ!掴んで。セリフ言ってる最中に。あの、ほおばるっていうのが、最近の、ぶぐかなぁ?

そん時、AKBの、選抜メンバーの、子達と、あの撮影で、ちょこっとの時間だけど、一緒にいて。みんな、すっごい可愛かった。何か普通に、すっげぇ可愛いよね。クフフックククッ! 

何て言うの? こう、満ち溢れてんのよ! 分かるかなぁ〜? このねぇ、まぁ、若さ、って言うかこう、あの〜、「THE! アイドル!」のさぁ、こう、チェックのミニスカートから、ちらりと覗かせる、若さ…? こぉ〜れはねぇ〜、やっぱねぇ、「あ! 俺は男なんだな!」っていうのを、実感したよね…。あ〜…。

AKBに会えたでしょ? あと、アイドリング、っていう子達にも会ってみたいな。

はい。ということで、中西さん。中西さん(笑)、アイドリングに会ったとこある?


s-line1.gif

中西:
ありません。や、僕らの頃はやっぱりこう、ねぇ? おニャン子クラブで…。まぁ、アイドリングもねぇ? 結構、1号、2号とか、卒業生とか出てて、卒業メンバーとかねぇ? いますけど。さ〜すがに名前と顔と番号がねぇ、一致しないと言うか。僕はもう、おニャン子クラブの頃はねぇ? 新田恵利さんから始まって。会員番号4番のこう、全体で全部、16番が高井麻巳子さんとか、だいたいこう全部、知って…る訳ですけどぉ。さ〜すがにちょっと、最近こう、モー娘、もちょっと、ねぇ? マッキーはちょっと、微妙に分かんなかったですしぃ。AKBもちょっと、非常にもう、厳しい部分があって。アイドリングまで来るともう、ほぼ不可能みたいな(笑)感じに…。僕も会ってみたいですね。是非。香取さん、ありがとうございました。
posted by alfa at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ストスマ」−釜山映画祭(2)

『ストスマ』

10月28日(水) (レポ)

(つづき)

木村:
いやぁ〜、ほん〜っとにねぇ、凄い夜でしたね。あの夜は。正〜直に話すとぉ、ま、その次の日も凄い早いしぃ。もう、「ちょっと顔を出したら帰るから。」っていう感じで。したらぁ、あの〜、行ったら行ったでぇ。「これは、帰るに帰れねぇな。」っていう何か、状況になりぃ。

ま、今回、14回目だったらしいんですけどぉ。今まで、の、映画祭、釜山で開かれ、た、その釜山映画祭、でぇ、最高潮だったらしいんですよ。その盛り上がり、的に。

で〜、韓国、のぉ、あの〜、役者さんだったり女優さんだったり、もぉ、もうほんとにねぇ、来てない人、いねぇんじゃないか? っていうぐらい、釜山映画祭に集まってたらしくて。う〜ん。

で〜、自分が、その〜、パーティー、に出席さしてもらってぇ。で、まだみんなさぁ、あの〜、ビョンホンもジョシュもぉ、取材を受けたまんまの、格好でぇ。あの、フォーマル、でぇ、ちゃんとこう、参加してたんだけどぉ。

俺だけ、1回ちょっとあの、30分ぐらい、自分の部屋に戻るチャンスがあったんでぇ。もう俺、バリバリ私服でぇ。(笑)他の2人は、す〜ごいフォーマルで、蝶タイ、なんかしちゃってぇ。あの〜、そこにいたんだけどぉ。

自分、だけ、ロックTに、あのフーフフッ!(笑)クフッ! カーゴパンツみたいの履いちゃって、「よぉ〜。」みたいな感じで、入ってったら、「な〜んだよ、1人だけリラックスしちゃって〜。」みたいな感じでぇ。う〜ん。

ほんで〜、最終的にはぁ、離れがたくなっちゃってぇ。3人が。「じゃもう、ビョンホンの部屋行こうよ。」みたいな。

ほんで、ビョンホンの部屋行ってぇ。3人がこう、腕を、全員絡めた、状態でぇ、「オーケー、ユーレディー?」って、「ワンツースリー!」って、バーン!つって、こう、飲み干すみたいな感じの、形をぉ、7〜8回、あの〜、行いましてぇ。

もう〜ねぇ、ほんとに(笑)、な〜んで俺、俺らこんな、ねぇ? それこそ、撮影現場でもぉ、あまり一緒になる機会が、なかった、3人なのにぃ。な〜んか、どこまで、なん…、こいつら、その…。

ま、ほんとに、取材、の受け答えでね、ま、自分以外の、そのジョシュだったりビョンホンがぁ、それぞれ、自分、以外の、他2人の、存在に対してぇ、その、「胸を張ってぇ、え〜、みなさんに紹介出来る、最高の友人だ。」っていう、表記をしてくれた時にぃ、何かとても、何か嬉しくてぇ。う〜ん。

何か、何だろうねぇ? その、撮影現場以外にぃ、親交がどんどんどんどんこう、う〜ん、深まって行った、何か不思議な時間、だったしぃ。う〜ん。

で〜、「じゃぁもう今回は韓国でぇ、え〜、こういう形んなったからぁ。もうニューヨーク来た時は、是非もう、今度、俺に連絡してくれ〜。」つって言ってぇ。ジョシュが言い出してぇ。「OK、OKー。」っていう風に、なったんですけどぉ。

で〜、う〜ん、まぁホテルを出る際には、あの、ビョンホンに、連絡を入れてぇ。「今俺、ホテル出るわ〜。」つって言ってぇ。そしたらぁ、「や〜、ほんっとに今回、あの、来てくれて、ありがとう。」って言ってぇ。あの、言ってくれて。う〜ん。

何か凄い、熱い、時間でしたよ。今回の釜山映画祭。

(曲は無し)

はい。え〜、今日もう、中身がちょっと長くなったんでぇ、早速行きます。

(宛先、等)

それじゃぁまた明日、バイバイ!
posted by alfa at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ストスマ」−釜山映画祭(1)

『ストスマ』

10月28日(水) (レポ)

<パーソナルクローズアップ>

木村:
みなさん、こんばんは〜。「STOP THE SMAP」の時間がやって参りました。

え〜、メッセージが来てますので、早速紹介したいと思います。

練馬区に、住んでる、えり!

(ハガキ)
拓哉! 頭皮の匂いフェチって、いったい、どんなフェチなんですか!? 人様の、頭の匂い、頭皮の匂いを嗅げる、シチュエーションって、なかなか無いですよねぇ!?

木村: 
っていうメッセージ、来てま〜す。え〜、ごもっともですね。はい。でも、だからこそ、僕はあの、フェチっていう、あの〜、言葉を、使えると思うんですけどぉ。

あんまりほら、あの〜、簡単にぃ、簡単にさぁ、そのシチュエーションが存在してしまったらぁ、何かフェチと、いう、ほどでもない、じゃないですか。ね? 特別なぁ、何かこう、距離感だったりぃ、シチュエーションがぁ、こう、自分の中で、存在してるからぁ、その時がぁ、もう、特別でありぃ。もうそこが、凄く自分にとってはこう、ストライクゾーンっていうかぁ。「ここなんですよぉ〜!」っていう、ことにはなると思うんですけどぉ。う〜ん。

だからやっぱりその〜、やっぱ「頭皮、の匂いを嗅げる、シチュエーションって、なかなか無い。」っていう風に、凄い分かるんですがぁ。やっぱそれはやっぱ、距離感ですよね。その、え〜、自分との、その、対象、される、人の、う〜ん、その、距離感。そこがまたあの〜、フェチの、重要な、えぇ、あの、部分になってると思いますよ。は〜い。

もう、「STOP THE SMAP」、今日はオープニングからちょっと、え〜、変態チックな、内容んなってますが。早速、中身、行きましょう。

今夜は、<パーソナルクローズアップ>で〜す! 

そうなの。フェチっていうのはねぇ、だからねぇ、ゴロゴしてたら別にねぇ、意味無いですね。もうそん…、フェチという必要もない、っていう。…ごめんね。つ、先に、進むね。

え〜(笑)、千葉県、に、住んでる、まりこ、から来てますね。

(ハガキ)
え〜、拓哉君、こんばんは。(木村:こんばんは。)釜山映画祭、え〜、行けて、よかったですねぇ。韓国のサイトで、え〜、空港の様子や、映画祭の様子が見れて、凄く楽しそうな拓哉君の笑顔を見て、スケジュール調整出来てよかったと、心から思いました。

空港で、「拓哉! サランヘヨ! 拓哉! サランヘヨ…!」の、え〜、コールに、デレレな、拓哉が、キュートで、胸キュン。

え〜、ジョシュと、ビョンホンとの、3ショットは、日本の時よりも、親しくなった感じがしましたよ〜。あと、え〜、コン…、「韓国の、コンサートも、待っててください。」って言ってましたよねぇ? え〜、その前に、日本での、コンサートも、待ってるので、ヨロシコ。っていう。え〜、韓国弾丸ツアーの、話を聞かせてください! 

木村:
っていうね、メッセージ、来てます。

いや〜、このメッセージ送ってくれて、ありがとうございます。もう、どこかで話せねぇかな〜と思ってたのでぇ。ようやく、えぇ。あの、瓶の蓋が、開いた、感じがするんですけどもぉ。

いや〜、ほんと弾丸でしたねぇ。あの〜、まぁ、その〜、「うそでしょう!?」っていう。ま、韓国語の、通訳を、してくださる、先生なんかもぉ、あの〜、割と、自分が、あの、韓国メディア、に対する? あの〜、仕事をさしていただく時によく、ついてくださる、あの〜、韓国語の、通訳の先生がいるんですけどぉ。

その先生も、「こんなスケジュール、無理だと思います。」っていうぐらいの、割とタイトな、スケジュールだったんですけどぉ。う〜ん。全部、あの〜、無事に、ま、その先生の通訳の協力もあってぇ。やることが出来て。

でぇ、1日目、の、いろいろな取材だったりぃ、催し物に、参加した後にぃ、あの〜、まぁ、ビョンホンが? あの〜、まぁその「ホームによく来てくれた。」っていうことでぇ。あの〜、「じゃぁ、もうここは、俺が、いろいろアレンジ、さしてもらうよ。」っていうことで。何かいろいろ、ほんとに、あの〜、パーティーだったりとかぁ、う〜ん、あの〜、招待してくれてぇ。

(つづく)

posted by alfa at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

「おはスマ」−秋刀魚

『おはスマ』

10月28日(水) (レポ)

るんるん曲:セロリ

香取:
おはようございます。SMAPの香取慎吾です。10月28日。今日、お誕生日のみなさん、おめでとう。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、晴れ。

さぁ、秋も深まってきましたが。秋を感じる時は、どんな時ですか?

あのねぇ、ここ何年かねぇ、秋刀魚、好きんなってねぇ。だから、秋って聞くと、秋秋刀魚、な感じは、するよねぇ。

だけどさぁ、ま、やるけどぉ。やるけどぉ、面倒臭いじゃん。魚焼くのって。家で。焼いたら焼いたでさぁ、脂落ちたりするから。そこかたすの。

だけどさぁ、やりたいな〜って思ってさぁ、スーパーで秋刀魚見るとさぁ、時々、置いてない? 何か、水ん中で。で、「自分で掴んで袋入れてくれ。」みたいな秋刀魚がぁ、スーパーに置いてんだけどぉ。

そういうのもぉ、「買いたいな。」と思うけど。「面倒臭いな。」と思っちゃうけどぉ。

あとはぁ、秋を感じんのは、洋服ね。でももう、長袖のシャツ? Yシャツのシャツにぃ、パーカーの長袖を、2枚重ねで着れる、季節が来たぜ! っていうね。

こぉ〜のもう〜、嬉しいよ。洋服が好きなんだよね〜。

だ、洋服いっぱい着れるっていう、時季が来たのが嬉しいっていうのと、秋秋刀魚かな? 秋刀魚、頑張って食おう。秋刀魚、食べようよ! 秋刀魚。ん…、ん、ご飯が旨い時季だ〜! ほんっと。楽しみだ! 「ビストロスマップ」の収録が。

ということで、中西さん。え〜、秋刀魚、好きですか?


s-line1.gif

中西:
大好きです。って言うか、多分その、「ビストロスマップ」の収録、のものが多分、昨日、一昨日、あ、今週の月曜日ですか? 流れたと思うんですけど。ここで、炊き込み御飯が、出ててぇ。松茸、とぉ、確か、多分松茸、松茸だったと思うんですけどぉ。であと、焼いた秋刀魚をぉ、その炊き込み御飯の上に乗っけてこう、焼いてて。それをほぐして食べて。物凄い! 美味しそうだったの。僕、凄い食べたかったです。香取さん、ありがとうございました。
posted by alfa at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ストスマ」−自分に嘘つかないで

『ストスマ』

10月27日(火) (レポ)

<イケTEL SMAP>

木村:
♪(ラップ調で)アーン、アーン、アーン、アーン、STOP THE SMAP、始まる、今、この、ラジオ、聴いてるヤツ、みな、電源、忘れずに、入れてくれ。なぜなら今日、電話かけるから。♪ わぁ〜、寒…。やてみたものの、寒…。

え〜、今夜は、<イケTEL SMAP>を、お送りします。

早速、電話、行きたいと思うんですがぁ。

電話
あゆみ: もしもしぃ。
木村 : ほんとにワンコールで、出た。
あゆみ: え〜!!? ヤバイヤバイヤバイ!! ちょっと…。
木村 : もしも〜し。
あゆみ: もしもしもしもし。
木村 : あゆみですかぁ?
あゆみ: あゆみです、あゆみです。やっばいんだけど!! え〜!? ちょっとちょっと、ヤバイヤバイヤバイヤバイ! ヤバイ!
木村 : ヤバイヤバイヤバイじゃなくてあの〜、や、今大丈夫? 
あゆみ: 今、大丈夫、全然大丈夫。
木村 : 何やってたの? 今。
あゆみ: え、今学校終ってぇ、
木村 : うん。
あゆみ: 帰ろうとしたとこ。ヤーバイ! うっそぉ〜!
木村 : 今、あゆみは1人?
あゆみ: あ、ちょっと待ってください! ちょっと待ってください。
木村 : え? どう、え? 何が?
あゆみ: ちょっと…。
(声): あ、いいよ!
木村 : フハハハハ!
あゆみ: あ、もしもし。ヤーバイ!ヤバイ!
木村 : 今、今どこにいんの?
あゆみ: 今、学校です。
木村 : 学校、え? まだ…
あゆみ: 学校戻って来た。
木村 : 学校の校内の中?
あゆみ: 校内に戻った。
木村 : 戻った?
あゆみ: 何か、ちょっと街に繰り出す、感じだったからぁ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: ザワザワしてぇ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: 話に集中出来ないと思って。とりあえず学校に戻って、みたいな。はぁ〜!ヤーバイ!
木村 : ンフッ、ンゲッ!
あゆみ: うっそぉ!
木村 : 大学ん中に戻って来た?
あゆみ: 戻りました。誰もいない。
木村 : あ〜ぁ、そんな誰もいない大学の…
あゆみ: フハハハハ。
木村 : 校舎の中で、
あゆみ: 校舎の中で。
木村 : こんな話をしていいのかどうか知らないけど。
あゆみ: ハハハ。何のハガキですかぁ?フフフ。
木村 : 「(ハガキ)悩める、二十歳のエロエロガールにぃ、
あゆみ: あ〜。
木村 : お助けを。」っていう、内容だったんだけどぉ。
あゆみ: あ〜、はいはい。
木村 : な、何を悩んでんの? 
あゆみ: あの〜、服飾学んでいてぇ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: あの、1ヶ月前に、ファッションショー終ったんですけどぉ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: それの打上げでぇ、
木村 : う〜ん。
あゆみ: カラオケ行ったんですよぉ。
木村 : あゆみと、その友達が?
あゆみ: 友達、(?)の友達が。
木村 : う〜ん。
あゆみ: でぇ、うちのクラス、みんな女の子でぇ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: 1人だけ男の子がいるんですよ。
木村 : へぇ〜、凄いじゃん! ハーレムじゃん!
あゆみ: フフフ、ハーレム、ハーレム。
木村 : そいつにとっては。
あゆみ: 超ハーレム。フフフ。そう、で何か…
木村 : そいで?
あゆみ: あの、大学はぁ、短大なんですけどぉ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: あの、女子が凄い多いんですよぉ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: 男の子、少なくてぇ。で、うちのクラス男の子1人、とぉ、別のクラスの男の子が仲良くてぇ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: もう何か、いつのまに、その、しょくの、男の子も、連れて行きたいっていう、話しになってぇ。
木村 : はいはい。
あゆみ: 連れてき、たんですよ。
木村 : あ〜。
あゆみ: でぇ、友達なんかの、そのしょくのぉ、男の子、2人来たんですけどぉ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: その1人、がぁ、うちのぉ、友達が、好きなんですよ。その男の子のことを。
木村 : うん。あ〜。
あゆみ: で、前からぁ、それ知っててぇ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: で、でも、私もその(笑)男の子のことはぁ、ちょっと、タイプだからぁ。あっと、カッコいいな、ちょっと思ってたんですよ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: でぇ、何か、打上げ来てぇ。で、一緒に盛り上がっててぇ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: で、すっごい楽しくなっちゃってぇ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: もうでも、その男の子達、「先に帰るわ。」って言ってぇ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: 出てく、時にぃ、
木村 : う〜ん。
あゆみ: 私が手ぇ振ったらぁ、
木村 : う〜ん。
あゆみ: めちゃにこっと、手振ってくれてぇ。「あ、もうヤベェ!」みたいな。
木村 : ズキューン!ズキューン! となった訳ね?
あゆみ: そう。「うわぁ〜!」ってなってぇ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: や、もうその日、家帰ってぇ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: 「寝よっかな〜。」って思ったんですよ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: だけどぉ、寝れなくてぇ。リアルにもう、その人のことしか考えれなくてぇ。
木村 : あ、もう、家に帰って寝ようと思ってもぉ、ズキューン!ズキューン!ズキューン!ズキューン!と。
あゆみ: そうそうそう。で、今日もぉ、
木村 : う〜ん。
あゆみ: 何か今日、卒業アルバムの、写真撮影だったんですね。
木村 : へぇ〜。
あゆみ: で、撮ってる、順番待ちしてる時に来てぇ。「あ〜、カッコいい…。」みたいな。(笑)けどぉ、
木村 : う〜ん。
あゆみ: ほんとにその、その子のこと好きな、友達も一緒に、その辺にいたからぁ。
木村 : う〜ん。
あゆみ: ちょっと、顔もにやけないように、ちょっと(笑)我慢して…。
木村 : な〜んでそんな、無理してんのよぉ〜? 
あゆみ: う〜ん。だから、だって、友達がさぁ、好きだしさぁ…。その友達はぁ…。
木村 : や、友達、も、好きだけどぉ。だって、自分自身はじゃぁ、どうすんのよ? 
あゆみ: で、だから悩んでるんです。どうしたらいいですか? ウフッ。
木村 : え〜〜…? 
あゆみ: 絶対悩んでますよ、もう。で、男の子はどう思ってるか知らないけどぉ。
木村 : チッ! う〜ん。
あゆみ: とりあえずでも、第、第一歩としては、話しかけることですよねぇ? 
木村 : 話しかけるって言うかぁ、何かこう、停滞してる、あゆみが何かねぇ…
あゆみ: う〜ん。ダメ? ダメだよねぇ?
木村 : や、ダメって言うかぁ、割と、俺に、送ってくれる、ハガキにはぁ、
あゆみ: フハハ!
木村 : 何かこう…
あゆみ: グイグイ行ってますよねぇ?
木村 : グイグイ、行ってるのに。何か実際…、
あゆみ: フハハハハ!
木村 : あのねぇ? こう、学校の、空間、って言うか。実際にその〜、あゆみの、生活の時間の中にいるぅ、こう、男性に対してはぁ、こう、奥手な感じがぁ…
あゆみ: そうなんです…、そうなんですよ。実際…
木村 : 何か、反比例してる感じがしますよねぇ? 
あゆみ: う〜ん。分かった! グイグイ行きます! 
木村 : じゃぁ、とにかくそれ、あの〜、ま、友達…
あゆみ: う〜ん。
木村 : のことを思う、あゆみ、のことは凄い分かるけどぉ。
あゆみ: は〜い。フフ。
木村 : あの〜、とりあえずあれじゃない? 自分に、
あゆみ: そうですね。
木村 : あの〜、う〜ん。うそつかないで。
あゆみ: は〜い。自分に正直に。は〜い。
木村 : う〜ん。その彼に、もう、ちゃんと、いんじゃないの? 伝えても。
あゆみ: う〜ん。フフフ。
木村 : じゃぁまたその、進展があったら、
あゆみ: あ〜、もう、報告します。
木村 : 連絡して。
あゆみ: は〜い。全力で、ハガキ書きます。
木村 : う〜ん。
あゆみ: フフフ。
木村 : う〜ん。じゃぁ、ちょっと曲を、また、
あゆみ: 曲かぁ? 
木村 : あゆみからリクエスト聞きたいんですが。何がいいですか? 
あゆみ: え〜? 何も考えてなかった。え〜? え〜じゃぁ、じゃぁ、宇宙戦艦のテーマソングで。
木村 : あ〜、それで、いいですか?
あゆみ: それで。はい。え〜じゃぁ、一緒に、あの〜、曲紹介、したいです。
木村 : じゃぁ、「宇宙戦艦ヤマト」って、じゃぁ、言うからぁ。
あゆみ: うん。
木村 : 言った後にぃ、誰もいない、大学の校舎の中でぇ、
あゆみ: フフフ。
木村 : 「波動砲発射〜〜〜!!」って、でっかい声で叫んで。
あゆみ: 何て言った? 波動砲発射? 
木村 : 「波動砲発射〜!!」って言ったらぁ、すぐにあの、ダッシュで、校舎から、出て。
あゆみ: ダッシュで学校? うん、分かった。
木村 : うん。行くよ! 
あゆみ: はい。
木村 : 佐々木、功さんで。「宇宙戦艦ヤマト」。
あゆみ: 波動砲発射〜〜〜!(スタスタスタ!)フフフ。
木村 : ちょっと、ボリュームが違うなぁ〜…。じゃぁね〜!
あゆみ: みてる、あ〜、ありがとうございました〜!
木村 : は〜い。
あゆみ: よかった。頑張ってくださ〜い。
木村 : ありがとう。じゃぁね〜。
あゆみ: は〜い。バイバーイ。失礼しま〜す。
木村 : 出た。「失礼します。」…

るんるん曲:宇宙戦艦ヤマト

(宛先、等)

それじゃぁまた、明日。バイバーイ!
posted by alfa at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

「おはスマ」−人形

『おはスマ』

10月27日(火) (レポ)

るんるん曲:オレンジ

香取:
おはようございます。SMAPの香取慎吾です。10月27日。今日、お誕生日のみなさん、おめでとう。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、晴れ時々雨。

今日は、「テディーベアの日」です。アメリカの26代大統領、セオドア・ルーズベルトは、狩りで、小熊にとどめの一発を、撃つのを、拒絶しました。このエピソードにちなんでぇ、大統領の名前、セオドア、の、愛称、から、テディーベア、と、名付けられました。10月27日は、彼の誕生日に当たります。

凄いじゃ〜ん! 僕もねぇ、熊ちゃんの小っこい人形は持ってます。そいつの僕の、家にいる熊のぉ、人形の名前はぁ、あ、それは教えんのやめよう。

名前、があるの、熊がいてぇ。あと〜、え〜と、家には何がいるかなぁ? 大っきいのが3、3匹ぐらいいてぇ。熊じゃないんですけどねぇ。あと小っちゃいのがぁ、1、2、3匹ぐらいいてぇ。ま、そのぐらいかなぁ? 見当たるところでは。

あと、細かいフィギュア達がぁ、フィギュアみたいな、のは、ボコボコその辺に転がってるけどぉ。一番、ペット的な感じで、いて、こう、よく話したりしてるのは、そのぐらいの数かなぁ? …32になります。

ということで、中西さん。中西さん、お人形さん、お家にいる? 


s-line1.gif

中西:
ゼータガンダム、に出て来る、え〜、マーク2が(笑)、いますけど。ガンダム。プラモデルですけどねぇ。

え〜、昨日、え〜、「スマスマ」を観ました。え〜、人形ではないんですが。香取さんが、被り物またして。被り物って言うか(笑)、え〜、していてですねぇ。え〜、Kinki Kidsさんが出てらっしゃったんですが。そのKinki Kidsの、Kinkiにちなんで、きんきの料理を食べていたんですがぁ。その、きんきの、被り物だったんですよね。え〜、ちょっと横に長かったんでぇ、え〜、体を反転さした瞬間にぃ、草なぎさんに、ドーン! ってぶつかったんですけどぉ。それが最高に面白かったです。香取さん、ありがとうございました。
posted by alfa at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ストスマ」−『こち亀』に出演して

『ストスマ』

10月26日(月) (レポ)

<SMAPな夜>

木村:
みなさん、こんばんは。「STOP THE SMAP」の時間がやって参りました。え〜、先週までは、うちの剛が担当させてもらっていた、この「STOP THE SMAP」。え〜、今日から数日間に渡り、え〜、わたくし木村拓哉が、バトンを、受けたいと思います。

早速、え〜、メッセージ来てますので、紹介しましょう。

岡山県の、たかこ。

(ハガキ)
え〜、つよぽんが、24時間戦国時代生活をしていましたが。拓哉君なら、何時代の生活を、体験してみたいですか?

木村:
って書いてありますが。え〜、僕もちらっと、拝見さしてもらいました。はい。

あの〜、ま、自分も、テレビ朝日さんのぉ、番組であの〜、「全力坂」という、コーナーをぉ、撮影して、えぇ、あの、みたんですがぁ。その時のディレクターの、え〜、Mr. トモヨリというですねぇ、え〜、ちょっとクレイジーな、え〜、ディレクターが、きっとあの〜、戦国時代も、え〜、撮影したんじゃないかなぁ? と思うんですけどもぉ。

え〜、そうですねぇ、僕…が、経験してみたい、時代…? う〜ん…、そうですねぇ。もう野生のままに生きていたという、え〜っ(笑)、う〜ん、もう…、縄文、弥生系で、僕は、えぇ、是非、経験してみたいですねぇ。う〜ん。

縄文、弥生、の時代はだって、勿論、ねぇ? 下着なんて無い訳でしょう? 

はい! え〜、今夜は、木村拓哉の、<SMAPな夜>をお送りしま〜す。

ごめんね。さっき言った意味は、裸族じゃないですよ。ちゃんとあの、動物の毛皮は、身に纏ってますよ。裸族だったらちょっと、問題でしょう? 

え〜、愛知県の、あゆみから、メッセージ来てます。

(ハガキ)
拓哉君、こんばんばん! ウィ! え〜、「こち亀」最終回観ました。拓哉、出てましたねぇ。謎の男って感じの怪しさが、最高でした。最後の、え〜、慎吾君(両さん)との絡みもグッド! でした。

現場では、拓哉も、撮影の、アイデアを出したそうですね。是非、撮影の、時の、裏話し、しちゃってください。よろしくお願いしま〜す。

PS:拓坊の少年時代の髪型がロングで、面白かった。

木村:
っていうね、二十歳のあゆみから、メッセージ来てますがぁ。

え〜、はい。あの〜、まぁ、「Mr.BRAIN」っていう作品を、やらしていただいた時にぃ、え〜、最終回、え〜、まぁ、あのハイジャック犯ということでぇ。え〜、まぁ、「Mr.BRAIN」のね、後の作品が、その〜、「こち亀」っていうのがもう、決まってましたしぃ、分かっていたのでぇ。え〜、「『こち亀』にも是非、遊びに来てね。」っていう、メッセージを、あの〜、「こち亀」を、撮影し始めた、慎吾から、僕もメール、とっかでちょっと、いただいててぇ。

んで〜、まぁそんな、ねぇ? あの〜、彼が、全力投球を、している作品にぃ、まぁ、あの〜、自分も何か、の形で、参加できたらな〜、っていうことでぇ、まぁ、その、「何かあったら、言ってきて〜。」って言ったら、あの〜、ああいう形で、最終回、「もしよかったら、んじゃぁ、撮影に参加してくれ。」っていうことんなったのでぇ。「是非是非。」という形で、撮影させてもらったんですけどもぉ。

まぁ、監督がですねぇ、凄く、変わった方で。あの僕、初めてお仕事さしてもらったんですけどぉ。普段はコマーシャルとかを、割と、撮影、してる、方らしいんですけどぉ。

でもねぇ、あの〜、ほんとに、クリエイティブな、人でぇ。あの、いろんな、それこそあの、「アイデアを、出した。」っていう風に、メッセージは、書いてありますけども。

何かいろんな、あの〜、現場に行って、思いつくことって、あるじゃないですか。台本以外の部分でぇ。自分がぁ、その、参加さしてもらってるっていう上でぇ。あの〜、視聴者の人が、何か、ちょっと、クスッと笑ってくれたりとかぁ。こう、「あれ!?」っていう、ちょっと違和感とか? をぉ、持ってもらえたらぁ、面白いかな〜? っていうことでぇ。そいで、いろいろ、あの〜、やらしてもらったんですけどぉ。う〜ん。

そう、あと、あの、「少年時代の、再現VTRみたいな、部分はもう、撮ったんですか?」っていう風に、監督に聞いたらぁ、「や、まだ、これから、撮影します。」って言う風に、なっていたのでぇ。だったらぁ、あの〜、自分が、大人んなった、上で? あの〜、今回、撮影、する、時のぉ、オーバーオールを僕は、ちょっと着さしてもらったんですけどぉ。その、オーバーオールをぉ、「少年時代から、着せてみては、どうだろうか? 何気に。」って言ったら監督が、「あ〜、それ…じゃぁ、そうさしてもらいま〜す。」って言ってぇ。

で〜、何気に、その〜、あの〜、花火屋の、拓坊っていう、少年時代、の時もぉ、まぁロン毛に、してもらってぇ。うん。何かそういう、時系列の遊びだったりとかぁ、繋がり、とかも、「どうでしょうか?」って言ったら、「あ〜、やりましょう、やりましょう。」って言ってぇ。もう、ほんとにねぇ、あの〜、「こち亀」っていう番組、プログラムを作っている人達の、何か、その〜、スタッフが、作品に対する、思い入れだったりとかぁ。「愛情がしっかりと、存在してる、現場だったな〜。」っていう風には、感じましたけどね。は〜い。

はい、え〜じゃぁ、曲、行きたいと思うんですが。我々SMAPで、「Jazz」!

るんるん曲:Jazz

(宛先、等)

ほんじゃぁ、また、明日、バイバイ!
posted by alfa at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ストスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

「おはスマ」−サーカス

『おはスマ』

10月26日(月) (レポ)

るんるん曲:ありがとう

香取:
おはようございます。SMAPの香取慎吾です。10月26日。今日、お誕生日のみなさん、おめでとう。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、雨。

今日は、「サーカスの日」です。明治4年、東京、九段。今の靖国神社で、フランスの、スリエサーカスが、東京で初めて、洋風のサーカスを、興行したと言われています。へぇ〜。

僕、サーカス好きですからね。だから、去年、コンサートで、去年、やったんだっけな? SMAP、のぉ、ソロの時とか、が、サーカス団みたいな感じの、衣装でやったりとかぁ。

だからぁ、今日は「サーカスの日」だって分かって嬉しいしぃ。あの〜、靖国神社で初めて、サーカスが、やられたんだって、いうのを知れてぇ、嬉しいです。

で、こういう情報をちょこっともらえるからいんでしょう? この番組って。僕みたいな、気持ちになる人がぁ、きっと、いるんでしょう? 毎朝。「へぇ〜。」みたいな、ねぇ? 

やっとこの番組のぉ、リスナーの人と気持ちが一緒になれたね。何年やってんの? これ。10年(笑)以上やってんの? やっと今慣れた感じの人。ンフッ。

シルク・ドゥ・ソレイユも、凄い好き。サーカスとはまたちょっと違うけどね。で、観てないのがぁ、「LOVE」。ビートルズのねぇ、曲をいっぱい使って。「カー」と「オー」っていうのは観て。あと〜、他のもいくつかラスベガスで観れたんだけどぉ。「LOVE」、っていうのを観に、それを、観に、ラスベガスに、行きたい。

ということで、中西さん、僕ぐらいサーカスに興味ありますか?


s-line1.gif

中西:
子供の頃に、ボリショイサーカスに、行きましたねぇ。あとまぁ、サーカス…ではないかも知れないですけどねぇ。あの〜、テレビでもよくやってますけど。ブルーマンが、ねぇ? あと1ヶ月ぐらいで、終わりんなっちゃいますけど。ブルーマンもねぇ、観てて凄く楽しいですから。え〜、是非とも、え〜、みなさん、行ってみては、いかがでしょうか? 香取さん、ありがとうございました。
posted by alfa at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

「サムガ」−ブヒブヒがお気に入り(5)

『サムガ』

10月24日 (レポ)

(つづき)

中居:
もう1枚? よし! 行こうか。電話お、練馬区の子だ。

電話
ママ : はい。
中居 : もしもし。
ママ : はい。
中居 : あ。○○さんのお宅でしょうか?
ママ : はい。
中居 : 恐れ入ります。さやこさん、いらっしゃいますでしょうか? 
ママ : あ、あの〜、まだ仕事から戻りませんが。
中居 : あ〜、そうでうか。おか、お母様でいらっしゃいますか? 
ママ : はい。
中居 : え〜とです、今回、ルール変わりましてですねぇ。
ママ : はい?
中居 : ルールが変わりまして。今、今まで、僕が、物真似をしてぇ、
ママ : はい。
中居 : 物真似を当てていた、いただいたんですけどもぉ。
ママ : あ、はい。
中居 : 今回はぁ、え〜、電話に出られた方にぃ、物真似をしていただいてぇ。
ママ : はい。
中居 : え〜、評判がよかったら、(ゴンゴンゴンゴン!)この鐘が鳴るんですね。
ママ : はい。
中居 : で、あまりにも、物真似が酷い場合は、(ゴン!)この鐘なんですね。
ママ : あ…
中居 : え〜と、鐘が沢山鳴ったらですねぇ、番組のですねぇ、
ママ : はい。
中居 : え〜、鉛筆を差し上げます。
ママ : あぁ、そうですか。
中居 : さぁ、お母様、あ、お母様の、ちなみに、下の名前は? 
ママ : えみこです。
中居 : えみこさん? 
ママ : はい。
中居 : じゃぁ、えみこさん、え〜、物真似、何にいたしますか? 
ママ : そうですねぇ、じゃぁ…、板東英二で。
中居 : (カカカ笑)
ママ : いいでしょうか?
中居 : はい。それでは、え〜、えみこさんの、板東英二。
ママ : はい。「(板東さんで)中居君、僕、ゆで卵が好きなんだよ。」フフフ。
中居 : (カカカ笑)
ママ : フフフ、いかがでしょう?フフフ。
中居 : (ゴン!)惜しい!! 
ママ : 分〜かんない…
中居 : えみこちゃん、惜しいよ! 
ママ : フフフ。
中居 : もうちょっとだよ! もうちょっと、もう、ほかに誰かいらっしゃいますかぁ?(笑) 
ママ : あ〜、ちょっと…
中居 : えみこちゃん、もう、もう一息ですねぇ! 
ママ : あ〜…
中居 : あ〜、これでもう、ねぇ? さやこちゃんのためにも、や、頑張って欲しいですねぇ。
ママ : あ〜、そうですねぇ〜。
中居 : 板東英二が出来たんだから、誰でも出来ますよ。
ママ : あ、そうですかぁ?
中居 : 田村正和さん、お願い出来ますか?
ママ : あ、あ、そうですね。
中居 : はい(笑)、「あ、そうですね。」(カカカ笑)はい、それでは、え〜、さやこさんの、お母さんの、えみこちゃんの、え〜、田村正和。
ママ : はい。「(田村正和で)え゚〜〜、あなたが、犯人です。」(笑)
中居 : (カカカ笑)
ママ : ダメです?(笑)
中居 : 惜しい〜!! もう一息ですねぇ!!
ママ : え〜? ちょっともう、もう思い浮かばないんですけど。
中居 : 思い浮かばない? ギブですかぁ!? 
ママ : あ〜…
中居 : ギブアップ!? 
ママ : あ〜、ごめんなさい…。
中居 : あ〜、じゃぁ、最後、じゃぁ、豚、行きましょうか!! 豚!!
ママ : はい。
中居 : 豚、行ってみましょう!!
ママ : 「(豚で)ブヒッ!(笑)ブヒッ!(笑)」
中居 : (カカカ笑)
ママ : フフフフフ! 
中居 : もうちょい!! もうちょい!! 豚!!
ママ : 「(豚で)ブヒヒッ!(笑)」
中居 : (ゴンゴンゴンゴンゴンゴン!!)お、おめでとう!!
ママ : (笑)ありがとうございます。
中居 : あ〜…! おめでとう!
ママ : あ〜、ありがとうございます。
中居 : ぶ〜た! やっぱ豚ですねぇ! 何かあった時はねぇ? 
ママ : あ、そうですね〜。えぇ。
中居 : 今、お1人ですかぁ? 
ママ : あ、そうです。
中居 : 1人で今、豚とかやったんですねぇ? 
ママ : あ、そうですぅ。もう、娘のためですから。
中居 : 実はですねぇ、番組の鉛筆を差し上げます。
ママ : あ、ありがとうございます。
中居 : はい。何本欲しいですか? 
ママ : 1本でももう、記念で。
中居 : 1本で、よろしいですかぁ? 
ママ : えぇ、結構です。
中居 : はぁ、じゃぁ、1本ていうことで、5本差し上げます! 
ママ : あ、ありがとうございます。
中居 : はい。じゃぁ、さやこちゃんによろしくお伝えください。それじゃぁもう…
ママ : あ、ありがとうございます。あのぉ…
中居 : はい? 何ですか? 
ママ : あの〜、何かもう、ほんとに大好きでぇ。中居さんのことが。
中居 : はいはい。
ママ : あの〜、応援しているとの、伝えてってあの〜、言っていましたのでぇ。
中居 : あ、そうですかぁ。
ママ : はい。
中居 : じゃ、最後に、あの、5本差し上げますんでぇ。
ママ : はい。
中居 : もう1回、豚だけお願い出来ますか?
ママ : はい。はい、分かりました。
中居 : はい。
ママ : 「(豚で)ブヒッ! ブヒッ! ブヒッ!」フフフ。
中居 : (カカカ笑)(ゴン!)最後、1発でしたけども。
ママ : はい。
中居 : お見事でございました。
ママ : はい、ありがとうございます。
中居 : じゃぁ、5本(笑)差し上げますので。
ママ : はい。ありがとうございます。
中居 : それじゃぁ、お母さん、また!
ママ : はい。あの、頑張ってください。応援してますので。
中居 : はい。ありがとうございま〜す! 
ママ : ありがとうございます。
中居 : 豚、よかったですよ〜! 
ママ : はい。ありがとうございます。
中居 : はい。どうもで〜す。
ママ : はい。失礼いたしま〜す。

中居: 
はぁ、疲れちゃった、俺。俺、お母さんの豚って俺ねぇ、聞いたことがないね〜。大人の人が物真似を、豚をするっていう、ね。ちゃんと鼻鳴らしてくださいました。え〜…。

え〜、マイケル・ジャクソンで、「Bad」。

るんるん曲:Bad

(CM)

さてこの番組では、あなたからの、お便り、お待ちしております。おハガキの、宛先は、郵便番号、100の8439、ニッポン放送、中居正広の、サムガールSMAPで〜す。

ね、これ聴いてるみなさんね、あの、自分がもしかして、家にいない時ありますんで。家族に、物真似をしと、仕込んどいてください。ね。「出来ませ〜ん。」だと、もうそのまま、あの〜、鉛筆あげれませんので。くれぐれも、家族の方に、ごしょう、あの〜、お伝え願いたいと思います。

それじゃぁまた来週です。ご機嫌よう〜。

今週の、おまけハガキー。

愛知県の、えみちゃん、めぐみちゃん? 

(ハガキ)
笑瓶さんの、メガネ、使ってますか?

中居:
え〜…、すいません、あの…、返しました。必要なかったみたいです。

また来週〜!
posted by alfa at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−ブヒブヒがお気に入り(4)

『サムガ』

10月24日 (レポ)

(つづき)

中居:
はい。それじゃぁ…、これ行こうか。次。電話奈良市。関西ばっかりだねぇ。電話○○、ん? 何ちゃん? よしえちゃん? かなえちゃんか、よしえちゃん? 

電話
ママ : はい。もしもし。
中居 : もしもし〜。
ママ : はい。
中居 : あ、恐れ入ります。○○さんのお宅でしょうか?
ママ : はい。
中居 : え〜、かなえちゃん、いらっしゃいますでしょうか? 
ママ : どちら様ですか? 
中居 : あ、中居と申しますが。
ママ : え!? 
中居 : 中居と申しますが。
ママ : はい。ちょっとお待ちください。
中居 : はい。…女の子のさぁ、家に俺、電話するってことはさぁ、このラジオでしかないんだよね。女の子の家に電話したこともう、ないもんね! だって、女の子の実家に電話するっていうかさぁ、もう、ないもんね!(声:え〜!?)来た? 
かなえ: はい、もしもし。
中居 : もしもし、かなえちゃん? あ〜、
かなえ: え? え? え? え? 
中居 : もしもし。
かなえ: あ、は〜い。もしもし。
中居 : 何やってたの?
かなえ: え? 
中居 : 何やってた? 
かなえ: え、今、ちょっと寝ててぇ。(笑)
中居 : 寝てた? 
かなえ: は〜い。
中居 : あら、変なこと、してたの?
かなえ: あ、えっとぉ、ちょっと、今、テスト期間中でぇ、ちょっと早めに帰っててぇ。
中居 : へ、変なことしてた? 
かなえ: あ、へ…、大丈夫です。普通のことしてました。(笑)
中居 : あ〜、普通に寝てた? 
かなえ: あ、は〜い、フフフ。
中居 : よかった、途中じゃなく…。あのねぇ、
かなえ: は〜い。
中居 : ルールが、変わりましてですねぇ。
かなえ: あ、は〜い。
中居 : 今まで僕が、物真似をやってたんですけどぉ。
かなえ: あ、は〜い。
中居 : 今回はぁ、電話した人にぃ、物真似をやってもらってぇ。
かなえ: え? ウフフッ。
中居 : だ、かなえちゃんにやってもらって、
かなえ: は〜い。
中居 : 物真似がよかったらぁ、(ゴン!)
かなえ: は〜い。
中居 : この音が鳴ります。(ゴンゴンゴンゴン!)物真似がつまんなかったらぁ、(ゴン!)1回です。
かなえ: え〜!? 
中居 : はい。
かなえ: え〜!?
中居 : 物真似が、い、1回、以上でしたら、
かなえ: は〜い。
中居 : 番組の、鉛筆を差し上げます。
かなえ: あ、は〜い。
中居 : かなえちゃん、どうする? 何の物真似する?
かなえ: え〜と、どうしよう? 
中居 : どうする? 
かなえ: え〜? 
中居 : ギブ? 
かなえ: あ〜…、
中居 : ギブ? 
かなえ: あ、はい…。
中居 : ギブー!
かなえ: すいません、すいませ〜ん。(笑)
中居 : (ゴン!)じゃぁね〜! 鉛筆送れないけどぉ。
かなえ: あ、は〜い。すいませ〜ん。
中居 : は〜い。
かなえ: ありがとうございました〜。
中居 : は〜い。
かなえ: 応援してま〜す。
中居 : は〜い。(カカカ笑)
かなえ: は〜い。

中居: 
え〜、潔がよいという…。(カカカ笑)何だよ! もうちょっと、粘ってよ〜! あれだよねぇ? もっと何だろな〜? 普通、粘るよなぁ〜! 

新潟県の、○○、あいちゃん。電話

電話
ママ : はい。
中居 : もしもしぃ。
ママ : はい。
中居 : 恐れ入ります。○○さんのお宅でしょうか? 
ママ : はい、そうです。
中居 : え〜、あいさん、いらっしゃいますでしょうか?
ママ : え〜と、出かけておりますが。
中居 : あ、そう、え〜、どちらの方に、おでかけんなりました? 
ママ : どちら様ですかぁ? 
中居 : あ、あの、中居と申しますけどぉ。
ママ : はい。
中居 : どちらの方に、お出かけしたか…、分かんない…
ママ : 今日は学校…なんですね。
中居 : あ、学校ですかぁ? 
ママ : はい。
中居 : お母様で、いらっしゃいますか? 
ママ : はい。
中居 : 今回ですねぇ、あの、ルールがちょっと変わりましてぇ。
ママ : はい。
中居 : 僕が物真似をしてぇ、当てていただいてたんですけどもぉ。
ママ : あ〜〜〜! 何か聞いてました。
中居 : はいはい。
ママ : 「電話が来るかも。」って。
中居 : で、今回からですね、ルールが変わりましてぇ。
ママ : はい。
中居 : え〜、ラジオ聴いてるこの電話僕が、電話をしたぁ、方にぃ、電、あの、物真似をしていただくんですね。
ママ : え〜!? ヘヘッ!
中居 : で、お母さん電話、あの〜、物真似していただいてぇ、鐘がですねぇ、(ゴン!)これですと、鉛筆、番組の鉛筆を、差し上げることが出来ないんですけどもぉ。
ママ : はい。
中居 : え〜、面白い物真似したら、(ゴンゴンゴンゴン!)
ママ : ウフフ。
中居 : この音が鳴ります。それではお母さん、お母さんの名前、下の名前、何て言うんですか? 
ママ : (可愛く)ひとみちゃんです。
中居 : …ぅえ゚〜!? 
ママ : は? ひとみです。
中居 : あ、ひとみさん。はい、すいません。(カカカ笑)すいません。今何か、ビックリしちゃって。
ママ : 「ぅえ〜?」って言われちゃったけど。
中居 : (カカカ笑)
ママ : フフフフ。
中居 : じゃぁ、ひとみちゃん、にですねぇ、物真似をして、いただきたいと思います。
ママ : はい。何の物真似しよう? 
中居 : さぁ、時間がございません。
ママ : え〜?
中居 : あいちゃんのためにも。
ママ : はい。じゃぁ、蛙の物真似で。
中居 : げへっ!(笑)
ママ : ダメ? へっ!
中居 : いいですよ。さぁ、それでは参りましょう。え〜、あいちゃんのお母さん、ひとみちゃんで、蛙。
ママ : はい。「(蛙で)ガッ! グーグーグー! ゲロゲロ!」
中居 : (カカカ笑)
ママ : あれ〜!?(笑)  
中居 : (ゴン!)ひとみちゃん、いい、非常にいいです。あの〜、(カカカ笑)
ママ : う〜ん、若い頃、そういうことやったんだけどなぁ。
中居 : 非常にいいです! 非常に。もう、もうちょっとですから! もう1歩ですから! 蛙、じゃなかったら、どんな動物、出来ますか? 
ママ : (笑)出来ない…
中居 : 動物シリーズで行きましょう! 犬、犬!? 犬、猫! 
ママ : う〜ん、じゃぁ、猫で。
中居 : 猫で行きましょう! 
ママ : はい。
中居 : さぁ、それでは行きましょう。あいちゃんのお母さん、ひとみちゃんで、猫。
ママ : 「(猫で)ニャーオ、ニャーオ。」何か出ない…
中居 : (カカカ笑)(ゴン!)あ〜、もう一息でしたねぇ。ひとみちゃん、もう一息ですよ! 
ママ : あ〜…
中居 : もう一息でねぇ、鐘がもう、す〜ごい鳴りますんで! 
ママ : あ〜、でも今日は、無理!(笑) 
中居 : ギブですかぁ!? 
ママ : ギブですよ! 
中居 : もう1回!! あいちゃんのために!! 鉛筆差し上げますんで! もう1回、三段落ちですから! 犬がいいすか? 
ママ : え〜?
中居 : 鼠とか、行きますか? ブ、豚? 豚?
ママ : 豚? 
中居 : 豚行きますか? 
ママ : はい。
中居 : さぁ、それでは参りましょう。あいちゃんのお母さん、ひとみちゃんで、豚。
ママ : 「(鼻をつまんで)(豚で)ぶぅ〜! ぶぅ〜ぶぅ〜! ぶぅ〜ぶぅ〜!」
中居 : (ゴンゴンゴンゴン!)
ママ : フフフフフ! や〜ったぁ〜〜〜!! ハハハ!
中居 : おめでとう〜!!
ママ : やったぁ〜〜〜!!
中居 : 豚、一番よかったですねぇ〜〜!!
ママ : え〜? ねぇ、ほんとに中居さんなんですかぁ? 
中居 : 僕、中居じゃなかったら、今まで誰としゃべってたんですかぁ? 
ママ : 今まで、今まで、あの、ちょっと、突っ込めなかったんですけど。怖くて。
中居 : (カカカ笑)
ママ : う〜わ! どうしよう〜! でも、毎〜日、ビテオ撮ってるんですよぉ! 
中居 : や、どうしよう! 豚がねぇ、豚が凄く、ひとみちゃん、よかったですよぉ。
ママ : ウキッ! どうしよう! 
中居 : 豚じゃなかったら今ねぇ、あの、鉛筆もらえませんでしたねぇ。
ママ : ウフフフ。嬉しい〜!
中居 : やったよ!もう。今、じゃ、今、お1人ですかぁ? 
ママ : 今ねぇ、1人です。
中居 : 1人で豚やったんですね〜! 
ママ : は〜い。あの〜、誰もいない所で。ウフフ。
中居 : いない中で。よかったですね〜! じゃ、鉛筆、何本欲しいですかぁ? 
ママ : じゃぁ、3本!
中居 : 3本?
ママ : はい。
中居 : 謙虚でございますね。じゃぁ、5本差し上げま〜す! 
ママ : あ、ありがとうございます。
中居 : そいじゃぁ、あいちゃんによろしくお伝えください!
ママ : あ、ありがとうございま〜す!
中居 : はい、どうも〜! 
ママ : ありがとうございま〜す!
中居 : は〜い。テッパンでしたよ〜! は〜い。

中居:
いいですねぇ〜。お母さんの、動物シリーズ。

(つづく)

posted by alfa at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−ブヒブヒがお気に入り(3)

『サムガ』

10月24日 (レポ)

(つづき)

中居:
続いて参りましょう。続いては、こちら! 誰でもいいからやればいいのにねぇ。めぐちゃん。ひろこちゃん。

電話
ひろこ: はい。
中居 : もしもしぃ。
ひろこ: …はい。
中居 : ○○さんのお宅でしょうか?
ひろこ: …はい。…え? へっ(笑)。
中居 : ゾクゾクしておりましたねぇ。今回から、ルールが変わりました。よく聞いてください。僕が、電話しました、え〜、今、ひろこちゃん?
ひろこ: はい。
中居 : ひろこちゃんに、物真似をしていただきます。
ひろこ: …はぁ〜!?
中居 : 僕の独断と偏見で、
ひろこ: はい。
中居 : 鐘、い…、この鐘1回(ゴン!)この1回ですと、鉛筆はもらえません。
ひろこ: はい。
中居 : (ゴンゴンゴンゴンゴン!)これが、鉛筆をもらえま〜すっていう、合図です。
ひろこ: はい。(笑)
中居 : さぁ、それでは、ひろこちゃん、物真似をしてください。どうぞ。
ひろこ: …え〜?
中居 : ギブ? ギブ? 
ひろこ: …
中居 : ギブ? 残念? 
ひろこ: じゃないです。
中居 : やめる?
ひろこ: やめません、やめません、やめません、やめません。え〜?
中居 : どうする!?
ひろこ: やります、やります、やります。
中居 : お〜、何? 誰?
ひろこ: ウフッ。
中居 : 誰行く? 誰行く?
ひろこ: ミッキー。
中居 : (カカカ笑)ミッキーって何? 
ひろこ: ミッキーマウス、の…
中居 : あ、あ、東幹久?
ひろこ: (笑)違います、違います。
中居 : 東幹久やってみな。(カカカ笑)
ひろこ: え〜!?
中居 : ミッキーマウス?
ひろこ: ミッキーマウス。
中居 : またディズニーか。よ〜し、いいよぉ〜!
ひろこ: ウフッ! 「(ミッキーで)は〜い、僕、ミッキー!」ウフッ。
中居 : (カカカ笑)(ゴン!)
ひろこ: え〜!?
中居 : 他にある? 
ひろこ: 他に?
中居 : う〜ん。ギブ?
ひろこ: じゃないです。ウフッ。
中居 : ギブ?
ひろこ: ギブしません!
中居 : 時間がございません。5秒前。
ひろこ: え〜?
中居 : 3、1…
ひろこ: …え〜? え〜、ちょっと待って待って待って!
中居 : 残念でした〜! 
ひろこ: え〜!?
中居 : じゃ、またね〜。
ひろこ: ヤダヤダヤダヤダヤ…、欲しい…。鉛筆…。
中居 : ホシ? ホシ? ホシさんやる? 
ひろこ: えへっ(笑)、誰?
中居 : ホシさん、やってみて。は、それでは参りましょう。ひろこちゃんの、ホシさんです。どうぞ!
ひろこ: 「(ホシで)ホシですぅ〜。」
中居 : (ゴンゴンゴンゴンゴン!)
ひろこ: フフフ!
中居 : おめでとう〜!(カカカ笑)
ひろこ: フフフ。え〜?
中居 : ホシってだ、だ、誰? ホシって。
ひろこ: フッフフ。
中居 : (カカカ笑)ホシって誰かいる?(笑)友達に、ホシって。(カカカ笑)
ひろこ: え〜?(笑)
中居 : おめでとう! ホシさん、似てたよ! 
ひろこ: グフッ! フッフフ。
中居 : 誰がホシだか、知らないけど。(笑)
ひろこ: (笑)え〜?
中居 : じゃぁ、ひろこちゃんに、鉛筆、何本欲しい?
ひろこ: え〜? 3本。
中居 : 3本。謙虚でございます。じゃぁ、5本差し上げま〜す! 
ひろこ: ウフッ。
中居 : ほんじゃぁね〜!
ひろこ: え〜? もっと話したいです。
中居 : ひろこちゃんと話し、俺別に話したくないもん、ひろこちゃんと。
ひろこ: え〜? 何でですか? 
中居 : だって別に、分かんないもん! だってひろこちゃんが、どういう子なのかって僕、分かんないしぃ。
ひろこ: え〜? 
中居 : う〜ん。じゃぁね! 送るね! 
ひろこ: は〜い。ありがとうございます。
中居 : じゃぁね!
ひろこ: 電話してくれて、ありがとうございます。
中居 : はいはい。バイバーイ!
ひろこ: は〜い。
中居 : はいよ〜! 
ひろこ: は〜い。失礼しま〜す。
中居 : はいは〜い。

中居:
何だよ、誰? ホシって。

(つづく)

posted by alfa at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−ブヒブヒがお気に入り(2)

『サムガ』

10月24日 (レポ)

(つづき)

中居:
鉛筆の当選者決めま〜す。今回は何と、ルールが変わりました。今までは僕が突然物真似電話をしていましたが。今回はリスナーさんに物真似を、してもらいたいと思います。その物真似に、の、出来によって、あげる鉛筆の本数を決めたいと思います。

え〜、物真似が、え〜、よかったっていう人はですね、この鐘が鳴ります。(ガランガランガランガラン!)ニッポン放送が、え〜、一生懸命選んだ、鐘ということでございまして。

普通に電話します! 今回はルールが変わったことの説明をします。そして物真似を披露していただきます。え〜、「出来ない。」と言ったら、鉛筆は0本。物真似の、出来によっては、中居君が、あげる鉛筆の、本数を決めると。

電話しま〜す。よし、小林君、行ったれ〜! ♪デケデンデン、デケデンデン、デケデンデン、Annie, are you okay♪

(ハガキ)
絶対電話が、私が電話に出ま〜す。電話三重県…。

電話
ママ : もしもし。
中居 : もしもし。
ママ : はい。
中居 : あ、恐れ入ります。○○さんのお宅でしょうか?
ママ : はい、そうです。
中居 : なつみさん、いらっしゃいますでしょうか? 
ママ : はい。ちょっとお待ちください。あの、失礼ですが、どちら様でしょうか?
中居 : あ、中居と申しま〜す。
ママ : 中居様ですか?
中居 : はい。
ママ : ちょっとお待ちくださ〜い。
中居 : 「絶対に私が出ます。」って、二十歳の子、「絶対私が出る。」って、何やってんだろう…? 何本までいいの? 鉛筆は…。いっぱいあんの? いっぱい、っつうの…。
なつみ: もしもし。
中居 : もしもし。
なつみ: えっ!? うそ、えっ!? えっ!? ちょっと待って!!
中居 : なつみちゃん? 
なつみ: ちょっと待って! なになに!?
中居 : よろしいですか?
なつみ: はい。
中居 : え〜、ルールを説明します。今回ルールがちょっと、変わりましてですねぇ。
なつみ: はい。
中居 : はい。え〜、なつみちゃんにぃ、
なつみ: はい。
中居 : これから物真似をしてもらいます。
なつみ: 私がするんですかぁ?
中居 : はい。物真似の出来がよかったらぁ、
なつみ: はい。
中居 : 鉛筆を差し上げます。
なつみ: え…?
中居 : 物真似、が出来ないっていうことになりますと、
なつみ: はい。
中居 : 鉛筆は0本です。
なつみ: え〜!
中居 : 物真似の、出来によって、僕が、
なつみ: はい。
中居 : あげる、鉛筆の本数を決めたいと思います。
なつみ: あ、はい。え? 物真似?
中居 : 無理ですかぁ? 
なつみ: え〜!? したことな〜い。
中居 : 残念〜! 
なつみ: え〜!? ちょっと待ってちょっと待ってちょっと待って! 出来る出来る出来る! 1個。
中居 : はい。何?
なつみ: グーフィーの物真似出来ます。
中居 : グーフィー? いいですよ〜!
なつみ: はい。(笑)行きま〜す。
中居 : は〜い。
なつみ: 「(グーフィーで)みんな、今日は来てくれて、ありがとう。」フフフ。
中居 : (ゴン!)(笑)
なつみ: え〜? あかんのぉ〜!?
中居 : 残念でございました!
なつみ: ひど〜い!(笑)
中居 : まだチャンスあるよ。もう1人いいよ。
なつみ: え〜? もう1人?
中居 : うん。あの、鐘1個ってことはねぇ、
なつみ: はい。
中居 : あの〜、1本ももらえないから。
なつみ: え〜? いやや、1本欲しい!
中居 : 1本欲しいでしょ? 
なつみ: 1本欲しい。
中居 : うん。鐘2回以上でぇ、1本以上だから。
なつみ: 2回以上でぇ、
中居 : うん。
なつみ: 1本欲しい。
中居 : 今のは、1回しか鳴んなかったね。チーンって鳴ったね。
なつみ: え〜? 
中居 : ギブ? ギブ? ギブ?
なつみ: え〜? ちょっと待ってちょっと待って。
中居 : ギブ? 
なつみ: ちょっと時間、ください。ウフフ。
中居 : 時間が無いよ!俺。 俺、忙しいんだよ!
なつみ: うんそう、それは知ってるけどぉ…。
中居 : 俺今日、「うたばん」生放送なんだよ。(笑)
なつみ: あ、そうですよね、頑張ってください。
中居 : そうだよ。(ゴン!)はい。
なつみ: え〜?で…、え〜?
中居 : きったねぇな、これ。ギブ!?
なつみ: ギブ…。
中居 : ギブ!?
なつみ: ギブ…。
中居 : (ゴン!)はい。残念。ほんじゃぁね! 
なつみ: え〜? もう〜ヤバーイ! どうしよう〜!
中居 : 勿体無いな…。じゃ、0本ね。じゃぁね〜。
なつみ: あ…、でも、ありがとうございました! 電話。
中居 : う〜ん。じゃぁね、バイバーイ!
なつみ: 応援してます。頑張ってください。
中居 : はいはい。
なつみ: 好きで〜す。ありがとうございます。
中居 : は〜い。

中居:
(ゴン!)っていうことでございまして。え〜、グーフィー。何、似てたの? 俺、よく分かんないんだけど。グーフィー、っつうの。分〜かんないっていうことでございますけども。

(つづく)

posted by alfa at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サムガ」−ブヒブヒがお気に入り(1)

『サムガ』

10月24日 (レポ)

<ブヒブヒがお気に入り>

中居:
中居正広の、サムガールSMAP。鉛筆、あげま〜す、スペシャル。

中居です。

日野市、ゆかりちゃん。

(ハガキ)
今、「めざニュー」を観てて、ビックリしました。日本人で唯一、マイケル・ジャクソンの、「THIS IS IT」のワールドプレミアムに、中居君が招待されたんですね。凄いです。嬉しいです。

あの映画は、突然亡くなってしまって、実現出来なかった、久々のライブへ向けての、リハーサルなどの、記録映像なんですよねぇ。凄いなぁ。

ロサンゼルスまで行くんですねぇ。スクリーンを食い入るように見つめる中居君が、目に浮かびます。ライブをやる側の目線で観ちゃうんじゃないかなぁ? とにかく楽しんでくださいね。お土産話し、待ってま〜す。

中居:
っていうことですねぇ。他にもございます。

長野市、長野県、ようこちゃん。

(ハガキ)
中居君、マイケルの、映画の、プレム、プレミ、プレミア、上映に、え〜(笑)、日本人でただ1人、御招待。ほんとに凄いです。おめでとうございます。昨日は自分が受かったみたいに、近所中嬉しくて、興奮しておりました。

余談ですが、マイケルの、「ジャム」というPVを観たら(笑)、「中居君のダンスだ。」と思うところがありました。曲もカッコよくて、好きです。

中居:
まぁ、マイケル、の、でも去年のライブとかはもう、全然勿論マイケル亡くなる前ですけどもぉ。まぁ、だ〜いたいそうだね。自分のソロの踊りとかはぁ、まぁ、自分のオリジナルっていうか、自分で考えたりすんですけどもぉ。

もうマイケルのPV観ながらぁ、う〜ん。音もマイケルの音をぉ、「あ〜、この音、引っ込めて〜。」みたいな。すんごい去年意識して、やりましたからぁ。

んでぇ〜、今年、だからその〜、ライブ? コンサートをやるって言ってた、マイケルの、ロンドンかな? ロンドンか。チケットも手配してましたからねぇ〜。

ま、残念ですよ。まぁ、とは言え、あの〜、プレミア、試写会に…。レッドカーペットとか歩くんだよ。

俺多分ねぇ、この時間、いると思うんだよね。この時間もうねぇ、終ってねぇ、多分俺ねぇ…、違うなぁ。ニューヨークにいるかな?(カカカ笑)

僕はマイケル(笑)、行った後にぃ、ヤンキースの、ワールドシリーズを観に行ってるんですよ。あ〜の(笑)、申し訳ないですね。1週間ぐらい僕は、ちょっとアメリカの方に、行って来ますね。

ヤーバイよねぇ? で、あっち行ってねぇ、「スマスマ」でもやります。「スマスマ」で、あの、テレビで。とくべ、特別編で、放送しますけどもぉ。いろんな人、のアーティストの人とか。あと何か、対談とかすんですよ。

ど〜しよう? 俺。分〜かんないんだよ。外国人、誰が誰だか。みん〜な一緒に見えちゃって。俺。だ〜れが…、「有名だ。」っつっても、誰が誰だか、分かんないじゃん! 俺。

8月中に募集しました! サムガールSMAP、特製、鉛筆の、当選者を決めたいと思います。

「そっと きゅっと」。

るんるん曲:そっと きゅっと

(CM)

(つづく)

posted by alfa at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

「サムガ」−ブヒブヒがお気に入り(概要)

『サムガ』

10月24日 (レポ) (概要)

<ブヒブヒがお気に入り>

中居:
マイケル・ジャクソンの映画のプレミアム上映に、日本人で唯一、招待された。多分、この時間にはもう、アメリカに行ってるかも…。1週間ぐらい、行って来ます。レッドカーペットも歩くし、招待者のインタビューもやります。

鉛筆の当選者を決めます。今回は、リスナーさんの物真似の出来によって、鉛筆をあげます。

電話(リスナー宅に電話をかけて)
・グーフィーの真似をした子。→残念。
・ミッキー、ホシの真似をした子。→何故かホシでOK
・物真似が出来なかった子→残念。
・蛙、猫、豚の真似をしたお母さん。→豚でOK。
・板東英二、田村正和、豚の真似をしたお母さん。→豚でOK。

(お母さんがブヒブヒと、鼻を鳴らすのがお気に入りのようだ。)

(詳しい内容は、後ほどレポいたします。)
posted by alfa at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サムガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「たまッチ!」−16(3)

『たまッチ!』

10月11日(日) 24:55〜25:55 (レポ)

{一部、省略します。}

(つづき)

*(V):VTR (S):スタジオ (N):ナレーション


(N)(V)

続いて、お話しが聞けたのは、先発の内海投手と、東野投手。

元木 : あれ? もう1人(高橋尚)は? 
内海 : あ、もう1人あの、あ、用事で帰りました。
元木 : 用事で帰ったの? 高橋尚成投手。
Man: はい。
元木 : 用事で帰ったの?
内海 : 用事であの、帰りました。「今日は出れない。」と。
元木 : 今日、用事ある? 珍しい人ですね。はい。
全員 : (笑)
内海 : (笑)
元木 : ほんとに。いや、3人がね、あの部屋(ホテルの)に向かってぇ、
Nan: はい。
元木 : 万歳三唱してくれたの。
Nan: お〜。

そ〜なんです。ホテルの元木に気付いた内海・東野・高橋尚成の3投手は、「たまッチ!」カメラに向って、万歳三唱をしてくれたんです。

元木 : この1年間、どうでした? この2人、原監督にはよ〜、怒られてる記事が出てましたねぇ。
内海 : はい。ニセ侍です。
元木 : あ、WBCが終わって、
内海 : はい。
元木 : ニセ侍から始まりましたもんねぇ? 
内海 : 始まりました。
元木 : あの時の心境はどうでした?
内海 : いや、もう〜、悔しかったですね。一言で言うと。もう〜、開幕から3連敗して。更に追い討ちをかけるような、「ニセ侍」は、心にズシンと、
元木 : はい。
内海 : 響きました。
元木 : あ〜。ま、東野投手は、
東野 : はい。
元木 : どうでした? 1年間、もう、何て言ってもぉ、今、優勝決まったじゃないですか。
Nan: はい。
元木 : 優勝まで、東野だけですよ。ローテーション守ったの。
東野 : や、楽しかったですね。1年間。
元木 : 楽しかった?
東野 : はい。あっという間でした。ほんとに。

更に、最強セットアッパーの、越智投手と、山口投手にもインタビュー。

元木 : この2人、毎日投げてるけどぉ。俺はもう、MVP、2人にあげたい。う〜ん。越智投手もストッパーやったりして。どうでした?
越智 : 全然違いますねぇ。
元木 : それはでも、どういう面で? もう、出て行く時から?
越智 : 出て行く時からもう何か、「ちゃんとやれよ。」みたいな。こう…(山口投手を指して)。
元木 ; 2人で? あ、ぐっさんが?
越智 : そうです。何か、「お前、ちゃんと抑えろ、お前。打たれたら負けるぞ。」みたいな、感じで。
元木 : え? 2人は仲悪いんですか? 2人。
全員 : (笑)
山口 : (笑)や、そんなことはないですけど。(越智が)打たれたらぁ、僕が、出されるんでぇ。で、ブルペンにいたら。(笑)
全員 : (笑)
元木 : 投げたくないんですか? 2人は。
山口 : そうす。まぁ、緊張するんで。でき、出来れば。はい。
全員 : (笑)

そして最後に、若手3人衆が、登場。

元木 : な、何であの〜、ビールかけの時、あんな格好してたの?
松本 : え? (木村)拓さんがぁ、「お前、これだよ。」って(笑)誘惑されてぇ。
元木 : そんなテンション高くないと思うよ。
全員 : (笑)
元木 : どうでっした? この1年間。
亀井 : や、ほんとに充実して。ほんと5番、任されてぇ。ほんで、監督に感謝したいです。
元木 : 坂本選手。今、一番人気ですよ。
坂本 : (笑)や、そんなことないです。
元木 : オールスター、インタビューしたの、覚えてます?
坂本 : 覚えてます。覚えてます。
元木 : あ、ほんと? どうでした? インタビューの、あれは。
Nan: すいません。下手でしたけど。(笑)
坂本 : けど、まぁまぁ。
全員 : (笑)
元木 : 言うよね〜!? まぁ〜、レギュラーんなっちゃうと、いるよね〜! 

圧倒的な強さで、リーグ3連戦を成し遂げた、原巨人。7年ぶり日本一奪回へ向け、新たな戦いに挑む。

その巨人を含め、上位3チームで争われる、クライマックスシリーズ。実は、その、クライマックス出場を、早々と決めていた、巨人と中日には、ある共通点があると、元木が指摘。

そのキーワードは、2つのG。

阿部 : まぁ、野球の、先生と言ったらあれですけど。

一つ目のGは、外国人。

中日ドラゴンズ、トニ・ブランコ。

谷繁 : もう、何にするにも、一生懸命。だから、表に出てる、だけじゃなく、裏で、「まだ振ってんの?」っていう、ぐらい、バット振るし。試合終って、出なかったら、俺らが、まぁ、トレーニングして、帰る時までまだ振ってる時もあるしぃ。

タイロン・ウッズの抜けた穴を、しっかりと埋め、1年目から、日本に適応する、高い能力を見せた。

荒木 : 遠征ん時に1度、一緒にご飯食べてたらぁ、大分遅れて、ジャージで来たんですよ。で練習、凄いする人だからぁ。「素振り、か何かしてたんですか?」って、通訳に聞いたらぁ、「神様と交信してました。」つって。
元木 : (笑)
荒木 : それから打つようになりましたから。
元木 : あ〜、そう?
荒木 : はい。

中日4番、トニ・ブランコ。彼の活躍なくして、中日の、クライマックスシリーズ突破はない! 

(つづく)

posted by alfa at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | たまッチ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

「おはスマ」−ワールドカップ

『おはスマ』

10月23日(金) (レポ)

るんるん曲:Peace!

香取:
おはようございます。SMAPの香取慎吾です。10月23日。今日、お誕生日のみなさん、おめでとう。僕たちSMAPが、東京地方の天気をお知らせする、「おはようSMAP」。今日の天気は、曇りのち晴れ。

今日は、サッカーの王様、ペレの誕生日です。1940年の、今日、10月23日生まれ。

そうですね〜、ペレ。そう〜〜だ、サッカーかぁ〜。来年、南アフリカ、ワールドカップ。楽しみですよ。行きたいな〜。南アフリカまで、応援に行きたいんですけど。

何だか、あの〜、南アフリカの、ワールドカップのニュースを、見る限り、どこでも、治安が悪いことばかりですねぇ。そこはちょっと〜、不安になるけど。でもぉ、日本代表を、応援に、行きたいですよねぇ〜。ねぇ〜。

ベスト4、に、ベスト3。日本代表、優勝! ほげぇ〜〜〜!(笑)って、応援してます。期待してます。ね。

来年、ワールドカップ、みなさんで、日本代表、応援しましょう。

ということで、リサさん。リサさん、日本代表、選手、誰、好きですか? イケメン。 



s-line1.gif

リサ・ステッグマイヤー:
え〜〜〜!? それは〜、ねぇ? いっぱいいますから! イケメンが。サッカー界、多いですねぇ。鹿島アントラーズの、内田篤人選手なんか、凄いカッコいいと思いますよねぇ〜。凄い、今風ですよねぇ? ね〜? カッコいいです。う〜ん、今も、凄い好きなんですけど。ジュビロ磐田の、川口能活、選手。ゴールキーパーねぇ〜。私とそんなに年齢が、遠くないから。だって内田選手、1988年生まれですよ。私もう、高校2年生でした。フッフフフフ。お母さんでもおかしくないよね? あの時、間違いを起こしていれば。フフフフ。は〜い。いいですね〜。うん。
posted by alfa at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | おはスマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする